口いっぱいに甘さとコクが広がって、爽やかな酸味を感じる「カルピス」の味わいにはファンも多いですよね。

子どもの頃に大好きだった方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

じつはこのカルピス、大人もたのしめる飲み方があるのはご存知でしょうか?そうです、アルコールで割って味わうのが大人流。

焼酎とカルピスのコンビは最強

焼酎との相性はとてもよく、カルピスとお水でシンプルに割るだけでほんのり甘いカクテルになります。

お水を炭酸水に変えたり、あるいは市販のカルピスソーダで割るとシュワッとスッキリとした飲み口に。

また、他のアルコールでもOK。辛口のスパークリングワインで割ると女性向けのキュートなカクテルになります。

ビールとの相性も

意外に思われるかもしれませんが、なんとビールとも好相性。

カルピス「1」に対してビールが「5」の割合でグラスに注ぐと、きめ細かな泡が立ち、見た目は薄く濁っている白ビールのよう。

味はカルピスの甘味がやわらかく広がり、ほんのりとビールの苦味が後を追うような印象。

お互いがそれぞれの味をマイルドにし合っています。

先にカルピスを入れ、後からビールを注ぐのがポイント。

日本酒でもいける

日本酒でも同じく「1:5」の割合でおいしく楽しめます。

氷を入れたロックで飲むのもおすすめ。

また、色鮮やかなリキュールと割って、絶妙な色合いのカクテルで、という楽しみ方もありますよ。

どんなお酒とも好相性のカルピス、一家に一本あると家族みんなで楽しめそうですね。

 

ネットの声

「カルピスは冷やしても温めてもおいしい日本の味。ただし配分を間違えるとおいしくなくなるシビアさもありますね。」

「何で割ってもカルピスをしっかり主張してくる押しの強さが魅力です。」

「ビールは想定外だった…とういよりも炭酸系と割る発想がなかった」

焼酎もまた不思議な存在でどれと割ってもおいしいのでおすすめです。カルピスとの相性はとてもいいですよ。

ビールですが、不思議な味でしたがビールでもありカルピスでもありで一粒で二度おいしい感じです。

おすすめの記事