ビールと水…同じ水分なのにビールのほうがたくさん飲めるのはどうして??

ビールが水に比べてたくさん飲めるのはなぜ? トイレが近くなる理由も

ビールがたくさん飲める理由はなぜ?

 A. 美味しいから
B. 食欲促進の作用があるから
C. 酔っているから
D. 胃に溜まりにくいから

答えは記事内で解説しています。

ビールが水に比べてたくさん飲めるのには理由がある

ビールが水と比べてたくさん飲めるのはそれなりの理由があるのです。

お酒の力

皆さんは普段からビールをよく飲みますか?

仕事終わりにお店などで飲むビールや週末に家でゆっくり飲むビール、夏にはビアガーデンで飲むビール…いつもとても美味しいですよね。

なかにはビールなら何杯飲んでも酔わないと語る人や、ジョッキで何杯も飲むという人もいるでしょう。

しかし、水やジュースであればそれほどたくさん飲むことができないのに、ビールだけたくさん飲める印象があるのは何とも不思議ですよね。

ビールは炭酸飲料のため、水や他のお酒に比べてもお腹に溜まりやすい気がします。

ですが、実はビールが水などに比べてもたくさん飲めるのにはちゃんとした理由が存在するそうです。

ビールがたくさん飲める理由

それではさっそくビールが水やジュースなどに比べてたくさん飲める理由について解説していきましょう。

水は、胃に入ってもほとんど胃の中では吸収されないため、腸の方へと流れていくまでは胃の中にたまってしまいます。

一方、ビールにはアルコールが含まれていることから、胃でアルコールを吸収する際に水分も一緒に吸収します。

そのため、水に比べてビールは胃に溜まりづらく、たくさんの量を飲むことができるそうです。

さらに、ビールに含まれているケルシトリンという成分には利尿作用があり、アルコールの利尿作用と併せて、

トイレに行きたくなる頻度が高くなります。

トイレに行って排泄する頻度も水に比べると高いことと、胃に溜まりにくいという状況も合わさって、ビールはたくさん飲めてしまうのです。

ビールがきっかけで作られたアレ

さて、様々な事柄の「世界一」が記載されたギネスブックは、ビール会社が作っていたのはご存じでしたか?

お酒の席では、大事な話からちょっとしたくだらない話まで様々な会話で盛り上がりますが、

ギネスブックはそんな会話の中から生まれたそうです。

ギネスビールの代表取締役であったビーバー氏が仲間と狩りに行った際、「世界一速い鳥はヨーロッパムナグロとライチョウ、どちらだろう」という議論になりました。

狩りが終わって酒場へ行ってからも、ビールを片手にこの話題で盛り上がったそうです。

その時、ビーバー氏は様々な世界一を集めた本があれば話題になるのではないかと考え、ギネスブックの発刊に至りました。

お酒を飲んで気分が上がっている時こそ、おもしろいアイデアが生まれるのかもしれませんね。

以上がビールが水に比べてたくさん飲める理由についてでし。いかがでしたか?

それでは雑学クイズの正解発表です。

答えはもうお分かりですよね?

雑学クイズ問題の答えは「D. 胃に溜まりにくいから」でした!

利尿作用も大きい

ビールが水などに比べてたくさん飲める理由は、アルコールと一緒に水分が胃に吸収され、胃に溜まりにくいからです。

また、ビールとアルコールに含まれている成分には利尿作用があり、排泄を促されることにより、たくさん水分をとれるのも理由の一つです。

おすすめの記事