車とバイクの免許を同時に取得します。この場合教習所の合宿免許が最短・格安!
バイクだけでなく車も運転したいと思っている人でしたら、最短最速で卒業できる教習所の合宿免許でのバイク・車の免許の同時取得が絶対にお勧めです。

同時取得できるの?

そもそも。車とバイクの免許の同時取得ができるの?と考えている人もいるかもしれません。

逆にこれを縛るような法律もありませんし、少子化の影響から教習生が少なくなっている教習所としても大歓迎であることは間違いないのです。

合宿免許の最大のメリットは通いによる通学時間を考える必要がないところです。学科教習などにも時間がかかりますし、時間短縮を重要視している人であれば、合宿免許のメリットは計り知れないと考えてもいいでしょう。

合宿のメリット

合宿では、通学に時間を割く必要もありません。合宿ということで外の世界と隔絶して免許取得に向けて集中することができます。

バイクと車の免許の同時取得ということで、そんなことが本当にできるのかという不安を持っている人も多いと思います。

しかし、調べてみるとバイクと車の免許の同時取得を推奨しているところ教習所のほうが多いのです。


しかもこれが合宿となると、免許取得のみを考えたらいい環境に置かれていますから、バイクと車の免許同時取得というのもそれほど難しいものではないのです。

同時取得の条件は?

車とバイクの免許の同時取得についての条件な何があるのでしょうか。

免許を取るのが初めてという人で、普通免許と同時に教習所の合宿免許で取得できるバイクの免許は「普通自動二輪」が一般的となります。

普通自動二輪は、昔の中型バイクの免許で総排気量が50ccを超えて400cc以下のバイクです。この免許は同時に小型特殊自動車や原動機付き自転車が運転可能となっています。

合宿免許では普通自動二輪を飛び越えていきなり大型二輪の免許の取得も可能なのですが、免許取得の際の負担が大きいことです。そして教習所の多くがいきなり大型二輪の免許を取得するコースと普通二輪から大型二輪の取得をするコースに料金の差を設けていないことが多いのです。

まずは普通二輪の免許取得を勧めている理由がここにもあるのです。

同時取得の期間は?

免許同時取得までの期間はどれくらいになるのでしょうか
合宿免許の最大のメリットは、教習カリキュラムを事前にきめて効率よく教習を受けられるという点です。そのため、車とバイクの免許を同時に取得するセットプランということであれば、最短22日間で卒業できるのです。


車とバイクを別々に取得する場合と比較しても、2、3日の日数短縮が可能となります。ここに申込手続きや合宿免許に行く準備、往復のアクセス時間などを考えてみても、手間も時間もかなり省けることになるのです。

ネットの声

「合宿でバイクとクルマの同時取得をしました。学科はほぼ一緒だし、トータルの時間を考えたら絶対にお得です。まあしんどいのはしんどいけどね。」

「不安のある人は同時取得はやっぱり大変かも。じっくり腰を据えてできる人にはいいかもしれませんよ」

「あんまり楽しめずに淡々と終わった感じ。でも免許が同時にもらえるのは感動!」

同時取得を合宿で行うのもありですね。

おすすめの記事