バイクはどのように選んだらいい?バイクは趣味の乗り物だ。だからこそ、思い入れのあるバイクを選びたい

バイクを選ぶ

バイクの選択は、機能と合理的な理由だけで語れるものではない。そこが冷蔵庫や洗濯機といった実用的な家電との大きな違いだ。

バイクを選ぶときには思い入れが必要なのだ。というよりも、思い入れだけで選ぶケースが圧倒的に多いだろう。

ひょっとしたら反論があるかもしれない。

「選ぶときは、カタログデータを冷静に検討したので、決して思い入れだけではない…。」

それでも、この反論はあたらない。カタログデータは思い入れを強化する材料に他ならないからだ。


どんなバイクにもそれぞれ特有の個性がある。定義するとすれば、おそらくそれはバイクに対する乗り手の知識と思い入れを反映した直感的イメージと言えるだろう。

100人のバイク乗りがいれば100通りの思いと好みがある。それに基づく選択とバイクライフがあるのだ。

世の中には一人として同じ人間はいないのだから当然だ。人間の外観がしばしば、その人の人柄を現す以上に、バイクの外観はその内面を雄弁に語るのだ。もちろん人間の世界と同様で、期待外れや見かけ倒しもある。

バイクの値段とバイクライフに相関関係はない

高価なバイクが豊かなバイクライフを約束するように思われがちだ。しかし、それは錯覚といっていい。

しばしば、この錯覚が宣伝活動やバイク雑誌の記事などに利用される。バイクの価格とバイクライフの間に相関関係は全く成立しないのだ。

30万円の腕時計が刻む1時間と3千円の腕時計が刻む1時間は等価だ。その1時間という時間の価値は、その腕時計をつけている人によって決まる

腕時計が単に時を刻む機械にすぎないのと同様に、バイクも機械にすぎない。だから、バイクを過信してはならないのだ。

バイクライフは、バイクではなく、バイクに乗る乗り手がその価値と意味を決定する。

たとえば、3ナンバーサルーンにふんぞりかえって乗っているドライバーは自分が偉くなったと思っている人が多い。傍から見ると滑稽な場合が多いのだ(もちろんクルマに罪はない)。

ハイパワーのバイクを手に入れたとする。それはその人にとって夢だったかもしれない。しかし、その人の夢がすべての人の夢と重なりはしない。

あるいは、バイクの王様と称するバイクに乗って、自分を王様と思うのを責める人はいない。しかし、裸の王様をわざわざ持ち出すまでもなく、これもまたずいぶんと滑稽なものなのだ。

バイクもそうだが、何事にも幻想はつきものだ。バイクばかりではなく、楽器もある種の幻想を生んでしまう。バイオリンやトランペットのように音を出すまでに鍛錬を必要とするものは別として、ギターなどは誰でも弾けばとりあえずは音が出る。

そこが落とし穴なのだ。高価な楽器を手に入れると、誰でも音楽家のような音楽ができると思ってしまう。もちろん、これが誤解と錯覚であることは言うまでもない。

高価な楽器に高度なテクニックや豊かな音楽性が付いてくるわけではない。テクニックや音楽性というものは自分で磨くしかないのだ。

同じように高性能なバイクを買ったからといって、ロッシにはしてくれないのだ。

頼りになるのは自分自身

バイクに乗るうえで最後に頼りになるのは自分自身だ。ハイパワーのバイクを手に入れるよりも先に技術の向上に努めなくてはならないし、バイクのカタログデータを熱心に頭に入れるよりも自分の力量のレベルを心得ておいたほうがいい。

バイクを選ぶにあたっては、いったん思い込みや幻想から離れることが大切だ。そして、冷静な判断をしなくてはならない。

たとえば、予算との兼ね合いなども現実的な問題となる。カタログやバイク雑誌を手にあれこれ比較検討し、悩んでいるときは片思いの恋愛と同じで、冷静になれというほうが無理かもしれない。

それに、何にしようかあれやこれや考えているときが一番充実しているものだ。これは、初心者も熟練者も変わらない。

使い方を明確に

バイク選びの基本は、使い方を明確にしてそれに合ったバイクを選べばいい。あたりまえのことだが、実際は的外れな選択をしている場合が少なくないのだ。

ツーリングがメインなのにレーサーレプリカを選ぶ人もいる

レーサーレプリカは荷物があまり積めないし、前傾姿勢のライポジとなるので長距離・長時間のツーリングでは疲労が早い。そんなことは買う前にわかりそうなものだが、スタイルと憧れだけで選んでしまうのだ。

20代のうちはそれでもいい。というか、そうあってほしいとも思う

我慢して乗り続けても、体力と気力がそれをカバーしてくれるからだ。

それが30代も半ばを過ぎるとそうはいかない。レーサーレプリカでのツーリングはかなり辛くなる。

それでも、それらを踏まえたうえで、敢えてレーサーレプリカをツーリングに用いるなら話は別だ。そういう旅のスタイルがあっていいし、レーサーレプリカしか体験できない世界がある。

なによりも、バイクは趣味の乗り物なので、自分の所有欲を満たすのが一番だ

それがバイクテクニックの向上に繋がる。「好きこそものの上手なれ」ということだ。それでも、ツーリングをメインに使うのであれば、回転をあまり上げなくても、力を出してくれるバイクが向いている。

高回転型のバイクを買っていながら、回転を上げずに乗っているバイク乗りも少なくない。ちぐはぐな選択と言わざるをえないのだが、本人がそれで満足していたらそれでもいい。

しかし、せっかくの性能を無駄に使っている(使っていないとも言えるが…)のもなんとももったいない。

音で選ぶ

合理的ではない、バイクの選び方がある。それは音だ。

音が気に入らないといくらスタイルが良くても乗りたいとは思わない人もいる。

音で選ぶとなると2気筒か単気筒のモデルになるだろう。なんといってもエンジンの鼓動がたまらない


しかし、こういう基準では選択肢が極端に限られてくるし、やはり合理的とはいえない。4気筒エンジンのほうが、鼓動が静かでなめらかに吹き上がる。

シングルやツインのバイクに慣れている人がたまに4発のバイクに乗ると、その扱いやすさに驚くだろう。

それでも、モーターを思わせる排気音に徐々に馴染めなくなっていく…。

もちろん、これも自分の趣味の範疇なので音に関しては、マフラーを替えることでも対応が可能だ。

マフラー交換をする際の注意点として交換した純正のマフラーもしっかりと保管しておこう。それは、バイクを手放すときの査定に影響するからだ。

純正のマフラーを搭載しているバイクのほうが高値となる。逆にいうと純正外のマフラー搭載のバイクの査定は下がるということだ。

これは頭にいれておいたほうがいい。純正品をネットオークションなどで売りに出さない方がいいだろう。

もっとも差額などを考えると、とんとんになるかもしれないが…。

しっくりくるバイクが必ず見つかる

目的を考えず自分の気に入ったバイクを買うのが一番正解かもしれない。それが、後悔しないのかというと後悔するだろう。

それでも、バイク乗りは結局あらゆるバイクに乗って、結果的に自分に一番しっくりとくるバイクに落ち着くものなのだ。

おすすめの記事