バイク合宿免許にはさまざまなメリットがあって人気です。しかし、デメリットもあるようですよ。

バイク合宿免許のメリット

まずメリットについてですが、やはり教習料金の安さにつきるでしょう。教習所の閑散期では宿泊料、食費込みでも通いの料金よりも安くなる教習コースはとても魅力です。

そして、バイク合宿免許の最大のメリットは最短期間で卒業できることです。

免許センターの学科試験を入れても教習所に入所してから2週間後には十分バイクの免許を取得することができます。

普通二輪の免許ではバイク合宿では最短で9日での卒業となります。翌日学科試験に合格すれば、免許も即日交付となりますから、入所から10日めでのバイク免許取得となるのです。実際には余裕があったほうがいいでしょうから、2週間を目処にスケジュールを立てるといいでしょう。

まだまだバイク合宿免許にはメリットがあります。
教習料金や最短での免許取得も大きなメリットなのですが、他にもメリットがあります。

友人がたくさんできる

クルマと違ってバイク免許を取得する人は少ないです。少ないが故に連帯感や仲間意識が生まれてすぐに打ち解けることができます。


最短の日数で免許取得ができるメリットがあるのですが、そのような短期間でも十分に仲良くできるのもバイク合宿免許の大きなメリット、魅力と考えてもいいでしょう。

また、場所によっては周辺を観光することもできますし、豪華なホテルに宿泊できるコースもあります。バイクの免許の取得を目指しながら観光もできるという一挙両得の生活ができるのも嬉しいところです。

バイク合宿免許にデメリットはあるの?

楽しいバイク合宿免許ですが、デメリットも当然あります。

それはまとまった時間の確保でしょう。最短の10日を考えても社会人では確保はほぼ無理だと思います。

学生でも期間によっては予約の確保が難しくなります。春休みや夏休みは予約が難しいので、授業がある期間に合宿に入ると成績に響くことも十分に考えられるのです。

また、教習所には閑散期と繁忙期があります。学生の夏休みは教習生が殺到するのでこの時期は繁忙期となり、教習料金も上がりますから注意が必要です。

また、バイクの合宿免許には年齢制限を設けている教習所もあります。たとえば50歳以上の人の合宿はできないということです。


このあたりも教習所によって違いが有りますので事前のチェックが必要であることは間違いありません。
宿泊施設によっては他人との相部屋になることもあります。

仲良くなるに越したことはないのですが、性格が合わなければ衝突することもあるかもしれません。
生活習慣の違いなど目をつぶる場面も多少なりともあるでしょう。

環境に慣れる姿勢も求められるところですね。

ネットの声

「友達と最初の頃はるんるんだったんだけど、だんだんとスケジュールが合わなくなってきで、卒業は別々…最後の頃は関係もギクシャクしてきたっていうか会話なくなってたな…」

「グループで来ても結局は一人ひとりなんだから、グループでわきあいあいっていうのは結局はデメリットだと思う。合宿免許のメリットに友達がたくさんできるってあるけど、あれはウソっぽい」

「そのときは楽しいんだけどつらいこともあったな…バイクへたっぴすぎてへこんだ…」

やっぱり最後は1人なのでグループだとつらいのかも…

おすすめの記事