バイク用ドライブレコーダーは転ばぬ先の杖!

楽しいツーリングのはずが事故で一転して悲しいツーリングに…

いざというときにスムーズに対応できるドライブレコーダーはバイクにこそ必要です。

もしもに備える

あおり運転から「あおり殴打」事件が発生する昨今です。

社会問題化しつつある状況について、ドライブレコーダーの存在意義が大きくクローズアップされています。

バイクはクルマと比較すると交通弱者になります。

幅寄せや急ブレーキなどは、クルマ対クルマなら大事に至ることはなくても、バイクに対しては殺人未遂にすら思えるようなとんでもない事態になることも…。

接触しなかったために証拠不十分で謙虚に至らなかったという腹立たしい例もあります。

そのため、バイク用ドライブレコーダーは「いつでもどこからでもなにかあったときに鮮明に記録できる」ことをモットーにしているのです。

バイク用ドライブレコーダーの選び方のポイント

「備えあれば憂い無し」、また、ツーリングの思い出を残すためにドライブレコーダーの購入を検討している人も少なくないようです。

しかし、バイク用ドライブレコーダーも種類が多く何を選べばいのかわからないのが現状です。


そこでバイク用ドライブレコーダーの選ぶ方を紹介します。

○バッテリータイプで選ぶ

バッテリーには給電式、電池式、充電式といったみっつの方式があります。

この中でもおすすめは給電式です。

わざわざ充電する必要がなく、途中でバッテリー切れになることもありません。

充電に必要な電気代や電池代とった負担もないので金銭的にもお得です。

いっぽうで、値段が高かったり取り付け方が難しかったりするデメリットもあります。

気軽に利用したい人は、電池式や充電式のドライブレコーダーがおすすめです。

○耐久性で選ぶ

バイク用ドライブレコーダーにとって耐久性能はとても大切です。

走行中はいつ雨が降るかわかりません。

常に外気にさらされているので防水性能も必須です。

砂ホコリなどが機器に入り込んで不調を来たすことがないような密閉性も重要です。

そのため、防水・防塵性能のあるドライブレコーダーがおすすめです。

○機能性で選ぶ

カメラの性能や録画スタイルなど機能の高いものを選ぶと、さまざまな状況で使い分けることができます。

明るさ調節ができるものでしたら、トンネルや夜間での走行中の撮影にも支障を来たすことがありません。

また、駐車監視モード付きのトライブレコーダーもおすすめです。

バイクを降りて目を離している間に事故が起こることもあります。

そういった状況を逃してしまうと泣き寝入りということにもなりかねません。

そうならないためにも駐車監視モード付きのドライブレコーダーだと安心です。

ドライブレコーダーは千差万別

さまざまなバイク用ドライブレコーダーが販売されています。

そのため、値段で選ぶのも重要な選択肢です。

いろいろな機能が付いている高性能タイプのものを追求するとかなりの出費になります。


そのため、自分に必要な機能が付いているものを優先的に選ぶといった方法もあります。

また、できるだけ安いドライブレコーダーを選ぶといったことも選択のポイントになるでしょう。

安価なものでもしっかりとドライブレコーダーの機能を果たしてくれます。

おすすめのドライブレコーダー

まさかのときは誰にでも起こりえます。

そのときに証拠がなければどうしようもありません。

証拠がなければ事故処理が難航することもあります。

バイクの車両保険に入っていれば安心ですがそれも少数派でしょう。

事故が起きたときでも自分の過失が少しでも少なくなるようにドライブレコーダーの設置は大いに役立ってくれます。

○アサヒリサーチ Driveman

簡単に取り付けができるドライブレコーダーです。

取り付けも両面テープでヘルメットにペタッと貼るだけでOKです。

本体には強力な磁石が埋め込まれているので、金属面にも簡単に取り付けが可能です。

落下防止のストライプも取り付けることができるので、万一の落下や紛失にも対応しています。

手軽さだけではなく、連続8時間の録画が可能であり、防水・防刃機能も備えています。

画質もフルハイビジョンなので鮮明な映像を残してくれるのも嬉しいところです。

取り付けが簡単で、機能も十分なものとなるとアサヒリサーチ Drivemanがおすすめです。

○パナソニック HX-A1H-D

コンパクトさ重視なら「パナソニック HX-A1H-D」です。

45gという小型軽量なのでツーリング中にも邪魔になりません。

もちろん、防水・防刃機能も備えています。

小さいながらも機能は十分で、暗闇撮影ができる赤外線撮影機能も搭載しています。

充電式であり、動画撮影は最大で4時間以上が可能です。

○ユピテルBDR-2 WiFi

高性能なドライブレコーダーなら「ユピテルBDR-2 WiFi」です。

ドライブレコーダーの基本性能である録画は、録画モードとして「常時録画」「イベント記録」「その両方」の3種類から選択できます。

ツーリングの記録として録画したい場合、事故があったときの記録用など状況に合った使い分けが可能です。

Wi-Fi接続が可能なので、専用アプリと連携させることで、無線LANでツーリングの様子をスマホから確認することもできます。

防水・防塵性能は基本として備えているので、ツーリング中の雨や悪路走行でも安心です。

ツーリングの思い出に、事故処理をスムーズにといった使い分けのできる高性能なドライブレコーダーならこれがおすすめです。

○Biker Pro Plus

どこでも取り付け可能な柔軟性が売りのドライブレコーダーです。

バイク特化で作られているので走行中の振動に強く、取り付ける場所を選びません

電源は給電式であり、充電の心配がなくバッテリー切れで事故の瞬間を撮れなかったということがありません。

高機能であり、逆光に強い、吾質が高い、広角レンズといった機能も魅力のドライブレコーダーです。

○NikoMaku バイク用 ドライブレコーダー

前後の状況をカバーしたいのなら、おすすめなのが「NikoMaku バイク用 ドライブレコーダー」です。

2つのカメラを使うことで後ろの様子もしっかりカバーしてくれます。

画質も前が1080万画素、後ろが720万画素という高画質で、画質が荒くて証拠に使えないということもありません。

防水性やコンパクト性もあるので前後に撮影を重視したい場合におすすめです。

バイク用ドライブレコーダーの必要性

かつてないほどドライブレコーダーの必要性が問われています。

年々事故件数は減少傾向にありますが、バイクの事故の場合は大事に至る場合が多く、ドライブレコーダーはもしものときに大きな力となってくれます。

もしものときだけではなく、ツーリングの思い出に映像を残すことができるドライブレコーダーはバイクライフをより豊かにすることができるでしょう。

おすすめの記事