バイクもクルーズコントロールの時代…高速走行が楽々

手足の操作はバイク任せで高速走行が楽チンに! 

新世代クルーズコントロールは新感覚の体験でした。

ドゥカティの2021年新型ムルティストラーダV4Sが日本でも発売されました。

先だってテストコースでの試乗会が実施。

そのインプレッションをご紹介します。

これまでにない新感覚

新型ムルティV4Sは全てが刷新されているので、語る上での切り口があまりにも多いのです。

ここでは、まずバイクで世界初採用のアダプティブクルーズコントロールを中心に取り上げます。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)は、従来のクルーズコントロール(CC)と何が違うのかというと、速度が自動で調整されることで前車との車間距離を一定に保ってくれること。

文字にするとこれだけなのですが、そのインプレッションはまさに「新感覚!」。

思わすヘルメットの中で「おー!」と叫んでしまうくらいなのです。

もう一人のライダーがバイクの中にいる!

テストコースの約2kmの高速周回路がACC体験の場となり、前の車やバイクと連なって走る機会が用意されました。

ACCのスイッチをオンにし、バイクが前車を捉えるとそこから追尾がスタート。

前のクルマが減速や加速をわざと繰り返してくれたのですが、ムルティV4Sはきっちりと追尾してくれました。

ライダーはバイクに跨がって前方に注意を払い、カーブが来たら体重移動するだけ。

バイクが自動で電子制御スロットルを操作して加減速、さらに減速度が高い時はブレーキもかけてくれているフィーリングも伝わってきます。

こんな感覚は全くの初体験で、バイクに乗り始めて30年の自分にとって「時代が変わった」と思わされた瞬間だったのです。

この体験を分かりやすく伝えるなら、もう一人のライダーがバイクの中にいる感覚。

40代後半より上の世代であれば「ナイト2000」と言えば分かるでしょう。

将来のモデルチェンジでAIを搭載して話しかけてくれるようになることに期待しつつ、こちらから「浜松までよろしく!」と話しかけてしまいそう。

ACCはカーブでも追尾を続けてくれるのですが、その際は慣性計測センサー(IMU)がバイクの傾きを検知し、50度を超えると機能が解除されます。

他にもブレーキ操作やアクセルを強く戻すなどした際もACCは解除。

クラッチが一定時間以上握られた場合も解除になるがギアチェンジ程度の短時間なら継続。

またクイックシフターも併用できるので幅広い速度域でACCを使用可能です。

注意したいのは、30km/h以下(正確には5km/hのマージン分も入れて25km/h)でACCが解除されること。

緊急ブレーキ機能は搭載されていないのでライダーがバイクを停止させる必要があるのです。

実際にACCテスト時にバイクを停止させたのですが、30km/h程度までバイクが減速しているので、ブレーキの引き継ぎはスムーズに移行できました。

ただし、実際には急ブレーキを要する交通状況も考えられるので油断は禁物でしょう。

レーダーを搭載することによってACCが実現、価格はおよそ12万円

ACCの実現にはこれまでにないメカを導入する必要があります。

それがバイクでは世界初採用となるレーダーセンサーで、バイクの「目」の役割を果たしてくれます。

前方レーダーの検知範囲は160mで、カメラのように直接見る代わりに、ミリ波という電波を発信し反射を受信することで周囲の物体をセンシングするのです。

ミリ波は、対象物に電波が当たった時に透過しずらく反射しやすくなっています。

また反射した対象物の状況(大きさ、形、距離や角度といった位置情報、相対速度など)を高精度で検知しやすい。

さらに天候等の環境変化に強いというメリットがあります。

レーダーセンサーは車で使用されているものと同じですが、バイクでの実用化にあたっては製造メーカーのボッシュが国内でもテスト走行を実施しています。

ムルティV4Sでは、30~160km/hの速度域でACCが設定できるので、高速道路に乗ってしまえば状況次第でアクセルもブレーキも操作せずに出口まで到着することもできるでしょう。

感覚的には自動運転に近く、実際にACCは国土交通省が定めた車の自動運転区分のレベル1にも盛り込まれているのです。

もちろんバイクでは自動運転を目指す訳ではありませんが、ライダーの負担を軽減することで事故抑止に繋がるでしょう。

これが、オプション設定上の差額で算出すると12万円(ACCには使用されないリアのレーダー込み)で追加できるのです。

おすすめの記事