バイクは車と違って趣味の乗り物です。さらに運転するときなどはまさに人馬一体となってコーナーを攻めることができます。

愛着もひとしお

少々事故をしてもこけても10年以上同じバイクに乗るという人はとてもたくさんいます。

しかし、バイクで事故を起こしてしまって、それがフレームまでゆがんでいたとしたらどうでしょうか。

バイクは二輪ですから自立できない乗り物です。立ちこけくらいでしたら、フレームがゆがむことはありません。

人間でいうところの骨格と一緒ですから、かなり大きな事故をしない限り大丈夫です。

大きな事故をした場合

バイクのフレームのゆがみは走行性能に致命的な欠陥を与えます。

骨格と一緒ですからまっすぐに見えていてもちょっとした重心のずれで直進性能は失われてしまうのです。


バイクは放っておいたらまっすぐに進む乗り物です。人間が余計な力を加えるので右や左に傾いてしまうのです。

それが手を離してバイクに乗っていると重心がまっすぐになっていると仮定してどちらかに傾いてしまえばそれはフレームのゆがみが考えられるのです。

フレームを完全に元に戻すことはできないとされているのですが、現在の技術ではフレーム修正で元通りに近くなるまで修正は可能です。

言い方を変えればほぼ元通り、ということです。

さらに言い方を変えると限りなく・・という表現になってしまうのですが、いずれの言い回しでもフレームの修理あるいはさらに踏み込んだフレーム修正でも完全に元に戻すことはできません。

フレームがゆがんでいるということはゆがんでいるほうにすでに力がかかっています。

そのゆがみを修正したところで今度は逆方向に力がかかっているので、見た目がまっすぐでも内部的にはすでに2方向に力がかかっているということになるのです。ゆがみがたとえ取れたとしても内部的な損傷まで綺麗にすることはできません。

ヘルメットを例にとると

極端な話になってしまいますが、一度負荷のかかったヘルメットは買い替えなくてはいけません。

これは下に落下させただけでも原則は買い替えとなるのです。

そのくらい外部から負荷がかかった場合に強度は保証されないということなのです。

フレームのゆがみを修理

この場合、バイク屋では「元通りに近くなる」という言い方しかできません。

あるいは新車並という言い方をするかもしれませんが、並であってそのものではないのです。

おそらくフレーム修正ということになるとバイクはばらばらにしなくてはいけません。

フレーム修正をしてそこから組み立てるのですから、新車を購入するくらいの費用になるのは想像に難くありません。

バイク屋としては新車購入よりも新車価格並みになる修理のほうが利益になるのでこちらを勧めるのは必定です。

本人の決断しだい

バイクは愛着のある乗り物ですが、同じバイクにずっと乗り続けるわけにはいきません。

フレームのゆがみを修整したとしても、常に事故車としての不安を背中に背負って走らなければなりません。


何もないかもしれませんが、何かが起こるかもしれません。その恐怖と隣り合わせで走るよりは、修理費用で新車購入ができるのですからこちらを強くお勧めします。

バイク屋も商売です。

全損扱いで修理費用が全額出るのでしたら修理した方が当然利益になります。

というよりも工賃表通りに請求ができますので、大きな利益になると考えていいでしょう。

バイク屋の意見よりも自分でどうするかを真剣に考えなくてはいけません。

バイクは走ってこその乗り物です。不安を背負って走るものではありません。走りを楽しむためにもフレーム修正よりも新車購入なのです。

ネットの声

「修理預けたバイク屋から連絡あってボルトがコケた衝撃で折れてフレームの中に入ってる状態らしく、フレーム屋に頼まないと修理できないとのことで+1万円程かかると言われてぐえ~~ってなってる」

「フレームポッキリなんで修理は不可。車両保険で下ろせるのは5割まで(ローン返済中は返済済みの価格まで)バイク買ったの・・・先週」

「フレーム持ち込めば1万円掛からない。バイクと装備品一式だけど、ECU・バッテリー・センサーの類いの全ての配線を抜き、且つアースターミナルも抜いとけば1万円。これはやるしか無いな。」

みなさん、フレームが逝くまで走り込んで(コケて)るんですね。

おすすめの記事