バイクの合宿免許、安いか高いかどっち?

人気のバイク合宿免許ですが、安いのか高いのか判断に迷う人も少なくありません。

一般的な合宿免許の教習料金はどうなっている?

バイクの合宿免許教習を行っている、ある教習所の6月の教習料金は15万円となっています。

これは通学用の一般の教習料金ではありません。合宿免許の教習料金です。

一般の教習料金と考えても安いと思える金額なのですが、合宿免許の料金ですから、これに宿泊代と3食付きとなっているのです。

もっとも、これは教習所が4月から7月の上旬までの期間限定で、この期間は1年の中ではいわゆる閑散期と呼ばれ、教習生が少ない時期にあたっています。

この時期でしたら、教習生は宿泊費と教習代として15万円払えば、後は必要なお金は小遣いだけということになるのです。

教習所では個室を勧めています。この15万円の教習料金もホテルの個室を指定しているのですが、相部屋でよければさらに合宿教習料金は安くなっていて10万円ということですから破格の安さと言えるでしょう。

何故こんなに安い?

誰でも疑問に思うのがバイク合宿教習料金の安さです。通いの教習料金よりも安いのですから誰もが都合をつけてバイク合宿免許の教習を受けたいと思うでしょう。


教習所のほうは、こんなに安ければ赤字になるのではないかと思うのですが、そのあたりはどうなっているのでしょうか。
近年、少子化の影響で教習所に入所する人も年々少なくなっているそうです。

その中で教習生を呼ぶ目玉となっているのが合宿免許なのです。

実は合宿免許は教習所にもメリットがあるのです。

教習所のメリットは?

バイク合宿免許はすべて、教習所のほうでスケジュールが決められます

通いの教習では教習生の都合で技能教習の予約などを行い、それに合わせて教習所のほうで指導員をあてがわなければいけません。

必然的に時間を持て余してしまう指導員も出てしまうのです。特に閑散期となるとこの傾向が顕著になります。

一方で合宿免許となるとスケジュールはすべて教習所が決めることができるので、空いている指導員を失くすこと通いの教習の場合でしたら、いつ教習生の都合でキャンセルが入るかわかりません。

場合によっては指導員が丸々その時間は仕事が無い状況になってしまいます。


もちろん他の応援に行くこともあるでしょう。バイク教習の場合は二人の指導員が一人の教習生を見ることもあります。
それでも無駄があることには変わりはないのです。

合宿免許では教習所が全てのスケジュールを組むことができますし、当然キャンセルはありません。

その点で効率がすごくよくなり、そのため誰もが驚くほどの低料金が実現できているのです。

ネットの声

「宿泊もできてこんなに安いのは魅力。あとはどうやって時間とお金を確保するか…。現実問題、社会人になったらほぼ不可能だし、学生時代はそれほどお金があるわけじゃないしね。ここが難しい」

「すごく安いと思う。昔の合宿免許できるところは田舎がおおかったんだけど、最近は都市部でもあるからね。通所できても合宿のほうが安いって不思議」

「合宿免許のスケジュールは教習所に合わせなくちゃいけないから、どちらかというと教習生が弱い立場になりがちなんだよね。」

いろいろな声がありますがお得なのは間違いないですよ。

おすすめの記事