バイクの合宿免許で用意していくものなのですが、平均で滞在が10日ということになります。早い人は9日ということですから、滞在する日数分の着替えは必要となります。

合宿免許で必要なもの

着替えは何日分かは必要です。もっとも、今はどこでも近くにコインランドリーがありますし、合宿となれば宿泊施設に備え付けになっているところがほとんどでしょう。

今はホテルにもコインランドリーが常設されている時代ですから、着替えに気を使う必要はないかもしれません。

荷物はコンパクトに

また、いろいろな日用品を用意しなくてはいけないと考える人もいるでしょう。合宿先が教習所の宿泊施設でしたら恐らく必要なものは自分で用意していかなくてはいけません


一方、多くの合宿ではホテルへの滞在も選択肢に含まれるか、ホテルの滞在がメインとなる教習所も増えてきました。

そうなると、歯磨きにしろ、シャンプーやリンスにしても備えつけのものがありますから、考えようでは着替えだけで十分となります。

女性の場合はお化粧セットなどが必要となるので荷物は増えると思いますが大雑把に考えても身の回りの荷物はそれほど多く必要はないと言ってもいいと思います。

コインランドリーをフル活用したら、着替えも2,3日分で十分でしょうから、普通の旅行バッグ一つあればそれだけで十分でしょう。

筆記用具などはどう?

筆記用具は基本で持っていったほうがいいでしょう。

服装についてはバイクの運転をしやすい格好ということになりますが、特に普段着で大丈夫です。

雨の時でもバイクに乗りますからカッパは必要です。バイク用でなくても自転車用でもかまいません

ヘルメットは判断のわかれるところです。教習所で借りることができますし、手持ちのヘルメットがあれば持って行ったほうがいいかもしれません。

相部屋か個室か

相部屋希望の人は、コーポなどの集合住宅などに寝泊まりすることになるので、基本的に歯磨きやシャンプーリンスは自前となります。ホテルの個室と相部屋の違いはそれだけです。


近くに銀行やコンビニがなければ現金が必須となりますがそれほど大金を持っていかなくても大丈夫です。

もっとも、相部屋の場合は、毎晩酒盛りになる可能性もありますので、そういった面で出費がかさむかもしれません。

●お金は?

合宿教習の場合は毎日3度の食事がついています。

ですから、合宿中の期間はお金を最小限に抑えることができます。必要なのはコインランドリー代だけでも大丈夫です。

ネットの声

「けっこう友達ができるので教習の合間は遊んでる人が多いです。だから、カフェ代とかボーリング代、カラオケ代なんかも必要です。まあ、コンビニがあったらいつでもお金を引き出せるのでそれほどお金は気にしなくてもいいかも。遊びすぎて卒業が遅れたなんて人もいるからほどほどに」

「ストイックに教習に専念するなら手持ちのお金は必要ないかも。10日ってあっという間ですよ」

「洗えるから着替えは4日分もっていって洗濯は2回で乗り切ったよ。お金も必要ないです。」

お金はそれほど必要ないってことですね。洗濯もそれほど気にしなくてもいいみたいです。

おすすめの記事