バイクの合宿免許での余暇の過ごし方

バイクの合宿教習のスケジュールはどうなっているの?バイク合宿免許のスケジュールですが、普通免許ありとなしではかなり違ってきます

スケジュールの違い

普通免許がない場合は学科教習を30時間近く受講しなくてはいけません。効率よく取得して一日に3時間から4時間の受講となります。

そして技能教習も30時間近い教習となります。もっとも一日に技能を受ける時間は第一段階で2時間、第二段階で3時間と決められています。

ですから、一日に多くて6・7時間の教習となります。これは学校の授業よりも若干多いかもしれませんが、それ以外の時間はフリーとなります。

勉強の時間

多くの人は運転教本や標識などを覚えるための勉強をすることでしょう。そうなるとバイク合宿免許はやはり一日中教習漬けと思っている人も多いと思います。


バイクの合宿免許では、丸一日教習漬けの日々と覚悟している人も多いことだと思います。実際にそのように思っている人も多いですが、肝心なのは過ごし方ということになります。

まずは入所日にそれぞれのスケジュールが渡されます。そのスケジュール通りに進めば最終日になると卒業検定にパスして卒業という形になります。

ただし合宿ということで、一日を朝から夜までフルに使えることになります。

スケジュール管理

一日ごとのスケジュールを見ると、午前中が丸々空いていたり、午後が逆にすかすかだったりするのです。また夜がぎっしりという場合もあるかもしれません。

実際に合宿教習のスケジュールを見て拍子抜けする人が多いのも事実です。合宿に入ってみたら、想像以上に暇なので多くの人はびっくりすることでしょう。

もちろん空いた時間にしっかりと学科試験の勉強をすることが大事です。教習所の中にはリゾート施設を揃えているところもあります。プール付きのホテルなどもありますから、余暇を楽しむことは十分可能なのですが、目的は免許の取得だということを忘れてはいけません


教習所のパンフレットに余暇はプールにボーリングに謝恩会などたくさんの魅力的なレクリエーションが書かれています。実際に楽しいレクリエーションが行われているようですが、何が一番の目的であるのかを考えて行動するようにしましょう。

教習所は免許を取らせることが目的ですが、それ以上に多くの教習生を入所させたいのです。そのことも理解しながら自分にもっとも合った教習所を選択するようにしたいものです。

ネットの声

「学科がなかったので余暇は遊びまくった!でも他の人とスケジュールが合わなくて一人の時間がけっこう多い。まあ、スマホがあれば暇つぶしはいくらでもできるけどね」

「学科があるなしでは合宿免許のエンジョイ度が全然違う。学科があるとけっこう大変だけど、覚えるだけだからたいしたことはない。みんなでわいわい話ながら勉強しても楽しい」

「暇な時間ばかりあるから遊びまくりできるよ」

みなさん楽しくやってるようですね。

おすすめの記事