クルマに比べてバイクの事故率は高くなっています。

これは見るまでもなくもっともな話で四輪と二輪の違いと言ってもいいでしょう。放っておいても自立できるクルマと違ってそのままでは自立できないバイクでは安定感が違ってくるからです。

事故に限らず立ちこけなどもあり、バイクは年式が新しくてもキズが絶えないような車体もあるのです。

事故率の高さが高額査定に影響する?

事故をしたバイクであれば高額査定は望めない・・というとそれももっともな話なのですが、これも考え方によって大きく変わってくるのです。

というのも金額の大きさということを考えたら事故をしていないバイクのほうが高額査定ということになります。
しかし、事故をしたバイクはどうでしょうか。キズや損傷具合にもよるのですが、当然事故をしていないバイクと比べると買取査定額は低くなるでしょう。


しかし、高額査定を狙うために自分で修理をすることをしてはいけません。修理にかけたお金ほど買取査定額は大きくならないからです。

事故車として考える

ものは考えようで、事故車として高額査定かどうかということです。事故をしていなければ50万円で買取をしてもらえたのにという考え方は不毛です。

事故をした現実を踏まえて、ここからいくらで買取をしてもらうかを考えるのです。
ベースとなる買取り価格が15万円ということでしたら、それ以上になれば十分高額査定ということになるのです。

修理をしてしまったら

キズの修復くらいでしたら、事故車とは呼べません

フレームなどバイクの走行に対して重大な事柄に対して修理をした場合に事故車と呼びます。

ですから、そのような場合の修理は査定士にも申告しておいたほうがいいです。
しなくても修理をしたことはわかりますが、黙っているよりもあらかじめ申告しておいたほうが査定士の心証もよくなるからです。

また、小さなキズの補修などは自分でしたくなりますが、できればしないほうがいいです。


逆に後々の手間がかかるので査定額が低くなることがあります。できるだけ高額査定を狙うのであれば、何もしないという選択肢が一番効果があります

バイクを乗り続けていると、修理などいろいろしたくなります。これは当然のことですが、高額査定を少しでも狙いたいのであれば、素人がバイクをいじるという行為を買取側は嫌ってくるので、何もしないほうがいいということになるのです。

ネットの声

「そして事故車についてはこちらで下取りできるかもしれない…!とのことでとりあえず今日呼んだバイク王での査定次第でそっちに頼もう…」

「家の前に停めていたバイクに配達業者の車がバックで追突しました。新車で購入してから半年。いつか下取りに出すときのために綺麗に乗っていたのですが、今回の件で「事故車扱い」となり、査定評価が下がるようです…」

「バイクワン。事故車高価買取と言いながら、査定金額無し。広告に偽りあり。しかも、電話は、いつでもいいと丸をしたが、朝8時前に電話かけてくるなよ。てか、非常識すぎるぞ。」

事故車の査定はどこも厳しいようですよ…

おすすめの記事