バイクの高値買取りを勝ち取るために傷は修理するべき?

バイクを高値買取りしてもらうために傷は修理するべきなのでしょうか。

バイクは傷が付きやすい

自立できないバイクですから、傷はつきものです。

どのようにバイクに大事に乗っていたとしても、バイクに傷一つないということはないでしょう。

大きなバイクになれば立ちコケなどもありますし、バランスを崩してコケるなんてこともあるでしょう。

バイクの傷は修理するべき?

バイクを売却したいと考える時に、少しでも高値買取りをしてもらいたいと考えるものです。


日頃のメンテナンスを欠かさないという人は、特に高値買取りにこだわる傾向があるようです。

そこで考えたいのが傷の修理です。

傷があるよりはないほうがいいに決まっているのですが、それでも傷の修理をするべきかどうか悩ましいところです。

結論を先に言うと、多少の傷は経年的なものもありますから、買取り査定では不問とされます。

立ちコケ程度の傷、それでも気になるような擦り傷もたくさんあると思いますが、そのような傷も無いに越したことはないのですが、あってもそれなりというのが実情のようです。

それでも傷はないほうがいい?

中には少しでも高値買取りを狙って、傷を査定前に修理しようと考える人がいます

これはその人の考え方ですから、一概に良い悪いは言えないのですが、多くの場合で修理にかけたお金は回収できません。

これはどういうことかというと、タンクの傷のへこみ、あるいはマフラーの傷などを修理したとします。

見た目が綺麗になると、高値で買取りをしれもらえるものと思えるのですが、仮に業者に出して修理をしてその修理代が10万円だったとします。

しかし、修理をしなかった場合と、修理をした場合での買取り査定額はそれほど変わりません。

ということは、修理をした分だけ損をしたことになるのです。

これは買取り業者も自前の修理工場を持っていますから、安価で修理ができるのです。


業者に出して修理代が10万円でしたら、それよりも遥かにやすく、人件費だけで修理ができてしまいますから、10万円に見合う買取り査定額のアップは見込めないということですね。

自分で修理するとどうなの?

中には簡単に自分で修理をするという人もいますが、これは逆に査定額のダウンにつながるのでやめましょう。

所詮素人のすることですから、逆に買取り業者の手を煩わせてしまうことになるからです。

恐らく見た目も修復前に比べてそれほど変わらないということがほとんどですから、自分での修復は控えるようにしましょう。

ネットの声

「当初、電話で聞いた査定額よりかなり低い金額を提示されました。 ただ、こちらの要望もある程度受け入れ金額を上げてくれたので良しと思っています。 電話応対ですが、査定までの進め方が少々強引に感じ、その点はマイナスです。」

「最初の電話応対で各社に「まだハッキリ売ると決めていない」と伝えました。その時の反応で査定に来てもらうかどうかを決めました。もちろん応対等はしっかりして頂けましたが声のトーンに買いたい感を感じませんでした。」

「オンラインでの登録後すぐに電話を頂き、その後20分ぐらいに、訪問査定にきてもらえた。 価格も始めは納得出来なかったが、こちらの希望価格を相談したら、会社に掛け合って頂き、納得できる価格まで提示頂けました。対応もスムーズで凄く満足できました。」

ネットの査定と本査定は違って当然です。その差が少ない業者がねらい目ですよ。

おすすめの記事