バイクの高速料金が普通車の半額になるよ!

オートバイ高速料金、普通車の半額へ 期間限定で土日祝・ETC割

国土交通省は二輪自動車(オートバイ)の高速道路料金を普通車の半額にする割引を2022年4月から実施する方針を固めました。

同年11月までの土日・祝日に、自動料金収受システム(ETC)搭載車で100キロ以上の距離を走行した場合を対象とします。

国交省が表明

3月24日にあった自民党二輪車問題対策プロジェクトチーム(PT、逢沢一郎座長)の会合で、国交省が表明しました。

高速道路会社(NEXCO)各社が季節限定で実施してきたETC割引「ツーリングプラン」の一環として、事前にインターネットで利用日や氏名などを申告して申し込む形式を想定しています。

対象区間はNEXCO管内で、現行の二輪車料金の37・5%引きとなります。

利用環境整備の狙いも

高速道路の料金体系は、車体の大きさや重量などに応じて5区分に分かれます。

普通車1に対して軽自動車・二輪自動車は最も安い0・8の料金設定です。

しかし、二輪自動車は軽自動車より軽い車種が多く、道路の摩耗も少ないことから利用者から割高だとの指摘が出ていました。

新型コロナウイルス禍で「密」を避ける移動手段として自動二輪車の利用者が増える中、利用環境を整備する狙いもあります。

前倒しの可能性も

PT内には更なる二輪車利用促進策を求める声もあり、今後の調整次第で開始時期などが前倒しされる可能性もあります。

ネットの声

「なんでこんな謎な条件つけまくって、それも事前申請? 運用側も余計に面倒でコストがかかるだけだろう?どうしてこの国はどこもかしも無意味な手間仕事をわざわざ作ろうとするのだ。」

「恐らくシステム改修が間に合わないため申請があった分だけ返金対応するということなんだと思うが、事前申請では使いづらいことこの上ない。せめて使用実績に応じて事後申告にするべきだし、時間がかかってでもETCのシステム改修をしてほしい。」

「こんな不便で中途半端な施策がバイクのユーザーの立場、視点かい?何様のつもりだろうか。「お前らは事前申請し100キロ以上走れば値引きしてやる、土日祝日だけだ」あり得ない。世界も広いが、流石に江戸時代から2021年の現在までこれだけの不自由を国民に強制していることが実に恥ずかしい国家の体をなしている。300年前からお上の頭の中は進化していない。」

面倒という声も聞こえてきますが、しっかりと享受して事故を起こさないようにして次につなげましょう。

おすすめの記事