バイクのローンが残っていると買取りしてもらえないのでしょうか。

バイクのローンが残っていると買取りしてもらえない?

バイクをローンで購入している人も多いと思います。

それで残債が残っているのにバイクの売却ができるのかということですが、結論としてはできます

ローンが残っているということは年式も新しい場合が多いでしょう。

1年落ち、あるいは2年落ちということでしたら、高値買取りが期待できます。

残債があるかどうかというのは、本人の問題ですから買取りについては特に問題はありません。

もっとも、所有者がクレジット会社あるいはローン会社になっている場合が多いですから、そのような場合、まずは残債を精算することが必要になります。

まだ残債が50万円残っていた場合に、買取りが60万円だった場合、精算しても残りの10万円が手元に残ることになります。

逆に買取りが40万円だった場合は、足りない10万円を支払って精算することになります。

残債の精算が条件

いずれにしても、バイクを売却したい場合は、残債を精算しなくてはいけません。

このときの一連の手続きは、買取り業者に相談して買取り額を入金してもらって、それと手持ちの資金で精算、ということになります。

クレジット会社としては、ローンの精算が終われば何も問題がありませんから、そのような場合でも受容してくれるのです。

もっとも、バイクを買取り査定に出すときは、ローンを完済していることが望ましいです。

このときでもローンが本当に終わっているのかどうかの調査が入ります。

いずれにしてもバイクを売却するときは名義変更などが必要な場合もあります。

これにも当然ローンが完済していることが条件となります。

バイクは現金で一括購入が望ましいのかもしれませんが、趣味性の高い乗り物ですからローンで購入ということも多く見受けられます。

ローンがある場合は手続きが必要

ローンが終わらないと、売却できないと多くの人が考えているのですが、決してそんなことはありません。

ただし、ローンが残っていると、やらなければいけない手続きが多くなってしまいます。


それと、明らかに損をするほうが大きい場合もあるので、残債がある場合は慎重な行動が望まれます。

もっとも、今しか無いというタイミングがあるのも事実ですから、ローンが残っている場合は悔いのないように行動をしたほうがいいでしょう。

バイクの場合はタイミング一つで高値になったり安値になったりすることがあります。タイミング重視の場合はローンの有無は関係なく行動に移りたいものですね。

ネットの声

「車両の入れ替えを前提に、購入予定車両の見積もりをを依頼し、下取り車両の画像等を送り概算額も提示して貰った、結果、追加額が多くなりそうだったので、店頭、訪問での査定はお願いしなかった、担当店舗のかたの対応は丁寧にしてもらった。」

「わざわざ大阪から訪問査定して頂いた。 親身になって対応して頂きSSを主に扱ってると、聞いてまた次のライダーもほぼ決まってると聞いたので納得して売りました。」

「合同査定の日程に合わないとの事で別の日時の打診があった。もし先行2社とも不調の時は電話下さいとのことで、同席しての査定を嫌ったのかなと思われた。」

遠方から査定に来てもらうのは断りづらいところがありますよね。

おすすめの記事