バイク用ナビがあれば地図を確認する必要もなく、目的地まで快適にツーリングを行うことができる。ツーリングマップルはもはや必要ないかも。

ルートの確認が大変

クルマではナビを使い、徒歩ではスマホの地図アプリなどを使っている…そういった人は多いだろう。

ナビやアプリに慣れているとバイクに乗るとどうしても手持ちぶさたや不安に苛まれるバイク乗りも少なくないらしい。

普段からナビやスマホに依存していると、知らない土地にツーリングで出かけると途端に不安になるのだ。

ツーリングマップルがあるから大丈夫という人もいるが、いちいちバイクを停めて確認しなくてはいけない。

それもまた楽しいのだが、それを面倒と感じる人もいる。

ルートの確認が大変と思えば思うほどバイク用ナビの必要性を感じるのだ。

バイク用ナビ

バイク用ナビは文字通り、バイクでの使用に適したバイク専用のナビゲーションシステムだ。

バイクに設置して、目的地を登録するだけで、最適なルートを選んでナビゲートしてくれる。

もちろん、指定したルートを外れると、そこからさらに最適なルートに導いてくれる。

逆走を検知してサポートしてくれる機能が付いているのも嬉しい。

音声でガイドしてくれるのでイヤフォンは必須だ。

ポータブルナビとカーナビ

バイクに付けるナビだったら、「ポータブルタイプのナビゲータでもいいのでは?」と思いがちだ。

一般的なカーナビとの違いは、据え置きか持ち運びができるかの違いとなる。

ポータブルナビであれば取り付け工事の必要もなく、クルマのダッシュボードなどに簡単に設置できる。

そのため、電源が確保できたらホルダーを使ってバイクにも簡単に取り付けることが可能だ。

目的地に着いたら取り外して、そこからさらに地図代わりに活用することができる。

モデルによっては1万円を切るような廉価タイプのポータブルナビも出ている。

デメリットとしては、カーナビに比べて画面が小さいことだ。

さらに精度も多少劣る。

バイク用ナビのメリット

スマホの普及によって、スマホのナビアプリや「バイク用ナビアプリ」をバイク用ナビとして使っている人も多い。

そこで、バイク用ナビ(アプリではない)のメリットを見ていく。

○振動に強い

バイク専用ナビなので当然だが振動に強い。

バイクに取り付けることを前提に作られているので取り付けも簡単だ。

しっかりと取り付けることができるので、振動などでナビが落ちる心配はない。

スマホナビの場合、専用ホルダーをバイクに固定、さらに専用ホルダーにスマホを固定するといった二重の手間が発生する。

○防水機能が付いている

これも基本機能となるのだが、バイク用ナビは雨天でも使用できるようになっている。

当然だが防水加工が施されている。

スマホの場合は、すべてに防水機能が搭載されていることは無いので、雨のときの使用は気を遣う。

○操作がしやすい

バイク用ナビはグローブを付けていても操作ができるようになっている。

これも当然の機能と言える。

対してスマホでは、「導電糸」という、特別な糸を使った手袋でないと操作ができない。

この点は大いなるストレスとなるだろう。

○画面が大きい

バイク用ナビの画面は、運転しながらでの視認性に優れている。これがバイク用ナビの文字通りの命綱的な機能といっていいだろう。

スマホのナビよりも明らかに快適にツーリングを楽しむことができる。

○故障しても困らない

バイク用ナビなので故障しても日常生活に支障を来すことはない。

ツーリング中の故障でも、ツーリングマップルに切り替えたらいい。

これまでもそうしてきたから特に問題にならない。

スマホが壊れてしまうと、途端に日常生活全てに支障を来たすのとは大きな違いだ。

バイク用ナビのポイント

バイク用ナビの選択ポイントは使いやすさだ。

以下に選択ポイントを挙げてみた。

○グローブを付けた状態で操作できるか

ナビを操作するのにグローブを外さなくてはいけないのはかなりの手間だ。

ストレスを感じることもあるだろう。

そのため、グローブを付けていても大まかな操作に支障がないものを選びたい。

○防水性能で選ぶ

バイク用ナビは防水が基本だ。

そのためどれを選んでも防水機能はしっかりしている。

ただし、簡易防水で防水カバーと併用するといったものもあるので注意したい。

○バッテリー容量

電源をバイクのバッテリーからとっているものでも、取り外してポータブルで使いたい場合もある。

そのため、バッテリー容量にも気を遣いたい。

たいてい乃バイク用ナビはバッテリー搭載だが、1時間しかもたないようなものは選択から外すようにしたい。

○Bluetooth機能の有無

これはあったほうがいい。

コードレスだとヘルメット内のイヤフォンも快適に利用できる。

音声ガイドがあれば、画面の確認も最小限で済むので安全面からもオススメしたい。

○最新マップの更新

内蔵されている地図は常に正確ではない。

ある意味常に古くなっていくと考えたほうがいい。

そのため、地図更新サービスはついているのか、そのための料金などもチェックしたほうがいい。

機種によっては地図のデータ更新が3年間無料といったものもある

○サンバイザーの有無

細かなことだが、サンバイザーが付いていると直射日光などを避けることができるので、画面が見やすくなる。

光の反射が気になるときなどサンバイザー付きのバイク用ナビが重宝する。

おすすめバイク用ナビ

多くのメーカーからバイク用ナビが出ているがオススメのものをいくつか紹介する。

○5.0型 ポータブルナビゲーションYUPITERU drive navi YPL514SI

ユピテルのポータルナビゲーション。

サイズは5.0で、観光スポットやお店の情報もたくさんデータに収録されている

ナビの地図がわかりやすく見やすく使いのが特徴。

観光地のナビゲーションや安全運転のためのサポートがうれしい。

○(型番5117MT)2018年版最新地図 バイク用

防水に力を入れているバイク用ナビ。

地図データの3年間無料更新サービスあり。

○ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G510D

パナソニック製ポータブルカーナビ。

16GBの大容量SSDメモリ搭載。

バッテリー内蔵、GPS搭載でナビ精度が高い。

バイクツーリングがより快適に

ツーリングマップルでのツーリングも捨てがたいが、一度バイク用ナビを手にすると捨てがたくなる。

これは、バイクで高速の料金所をETCで通過したときの爽快感に通じるものがある。

そのため、操作がしやすく視認性の高いバッテリー搭載のバイク用ナビを選ぶようにしたい。

Bluetoothも必須だ。

おすすめの記事