高値買取りをしてもらうことを考えるとバイクは新しいほうがいい

バイクもクルマと同じで年式が新しいほうが高値買取りが期待できます。

リターンライダーの存在

バイクが売れなくなって久しいのですが、ここ数年はバイク全盛のときに青春時代を過ごした若者がリターンライダーとして復活してバイク市況を賑わしているようです。

バイク業界にとっては久しぶりの明るい話題となりました。

バイクは多いほどいいのか

バイク業界にとって、というよりはバイクを買取りしてもらいたいときにバイク市場にバイクがたくさんあるほうがよりよい買取りをしてもらえます。

というのもバイクは趣味性が強く利用者の思うようにバイクも変わっていきます。


そのため同じようなバイクでも乗っている人によってかなり個性が変わってくるのです。

ですから似たようなバイクでも一つとして同じようなバイクは存在しません。

ですから、バイクは多いほどいいですし、それだけバイク市場が活性化してもらったほうが買取り金額も良くなるのは市場原理からしても当然のことなのです。

バイクは新しいほうがいい?

バイクは後の買取り査定のことを考えると、現在人気のあるバイクを購入したほうがいいです。

バイクに乗る頻度が日常的に高い人は特に新クルマにこだわったほうがよりお得となります。

当然ですが、バイクの買取り金額も年式がおおいに影響してくるのです。

バイクを高値買取りしてもらうには

誰でも高値で買取りをしてもらいたいと思っていますが、自分のバイクの価値というものを客観的に把握しておく必要があります。

新車で購入して、1年落ちと5年落ちのバイクでは同じバイクでも年式が違いますから、古いほうが当然ですが買取り査定の金額は下がります。

ですから、高値買取りということになれば年式にこだわりたい理由がそこにあるのです。

しかし、趣味性の高い乗り物であるバイクは、愛着もひとしおでどうしても長年乗り続けてしまいます。

そうなると、日頃どのようにメンテナンスをしているかで買取り査定の金額は大きく変わってきます。

このあたりを重要視している人が、買取り査定のときにおおいに有利となるのです。

買取り査定をする業者もバイクの状況がよければ、「このバイクなら売れる」という確信を持つでしょう。


程度の悪いバイクであれば、「買取りをしても売れずに不良在庫になるかも・・」と思います。この意識の差はとても大きいと言えます。

買取り業者は売れるバイクなのかどうかを再優先で考えます。売れないバイク=不良在庫を極端に恐れるのです。

もっとも、30万円で買取りをしてそのバイクがずっと売れないのであればその買取り金額が丸々損になるのですから、当然ですね。

ネットの声

「電話でのやり取りも、まるで友達と電話をしているかのようなフランクな感じで話をしてくれますし、実際の査定の時も雑談がほとんどだったように思えます。」

「いい感じの営業マンでした。よくよく考えてみれば、買取額なんてどこの会社もそんなに変わるはずがない(?)のであれば、営業の人が個性的な必要があるのかもしれませんね。」

「カスタムしているバイクは、会社によって好き嫌いがはっきり分かれるということです。バイク査定ドットコムさんはカスタムバイクや改造車も得意にしているとのことだったので、査定額が他社様より高かったのでしょう。自分のバイクにマッチした買取業者を見つけることが、バイク買取の鍵ですね!」

カスタムバイクを高価買取りしてくれる業者はなかなかいないですからね。

おすすめの記事