バイク合宿免許で最短で免許取得!

バイク免許の取得にかかる時間ですが、合宿か合宿でないかに関わらず車の免許の有無が大きく関係してきます。

バイク免許の場合

バイク免許の場合でしたら、普通免許無しで技能教習が19時間で学科教習が26時間となります。
これが普通免許有りになってくると、技能教習が17時間で学科教習が1時間となるのです。

車の免許を持っている人は学科教習が免除

車の普通免許を取得するには免許センターで「学科試験」をパスしなくてはいけません。


そして、普通免許を取得した人はバイク合宿免許で学科教習を受ける必要がなくなるのです。これは同じ学科教習を受けることはないということです。

最短でバイクの免許を取得する

バイクの技能教習は、第一段階と第二段階の二つの段階に分かれています。普通免許が無い場合の技能教習は第一段階が9時間、第二段階が10時間となります。

普通免許が有る場合の技能教習は第一段階が9時間、第二段階が8時間となります。

第一段階の技能教習では一日に最高で2時間までバイク教習を受けることが可能です。そして、第二段階になると一日に最高で3時間までバイク教習を受けることができるようになるのです。

それでも、3時間連続してバイクを運転することは禁止されています。これは教習所ごとで決まっているのではなく、全国の教習所で決められていることです。

学科については一日に何時間でも受講してもOKとなります。もちろん同じ教習を受ける必要はありませんが、学科教習は時間が決まっているので、一つを受けなかったために卒業検定が受けられずに先に延びてしまうということもあるので気をつけたいところです。

最短でバイクの免許取得を狙う

普通免許が無い場合では、1~4日目で第一段階のバイク教習を2時間、5日目で第一段階のバイク教習を1時間受け、続けて第二段階のバイク教習を1時間受けます。

6~8日目では第二段階でのバイク教習を3時間受け手9日が卒業検定というわけで、このパターンでは最短9日で教習所を卒業することができます。

合宿免許の場合でもこのペースは変わりません。


普通免許がない場合となると、学科教習がプラスされるのでさらにバイクの免許の取得までが長くなると考えがちですが、技能教習の合間に学科を受講することができます。

さらには夜間の学科教習もありますので最短期間は普通免許のあるなしでそれほど変わらないといえます。

合宿免許の場合はうまく学科が受講できるようにカリキュラムが組まれているので最短の9日でも十分バイク免許の取得が可能です。

ネットの声

「最短9日での免許取得が合宿免許の最大のメリット けっこうきついけどね」

「バイク合宿免許なら最短9日だし金額もオレの一カ月の給料で取れるみたい」

「夏休みは人が多くてめっちゃ田舎の合宿免許で取ったよ」

もっとも技能の場合は検定がありますし、検定を受けてもいいという見極めにも合格しなくてはいけませんから、その点は注意が必要となります。
さらに1段階から2段階に進むにも見極めがありますから、学科は受講するだけですが、技能についてはマスターするという意識がとても大切となるのです。

おすすめの記事