安く仕入れて高く売る…商売の基本です。となると買取り業者(仕入れ業者)も本音は安く買取りたい?

仕入れと考えたら安く買取りたいのが本音かも

商売の基本は安く仕入れて高く売ることです。その差額が利益になるのですから、利潤を追求する資本主義としては当然の経済活動なのです。

それでもここに需要と供給の関係が入ってくると話は少しややこしくなるのです。

当然ですが仕入れるということは、売却する側がいて、こちらは少しでも高く売りたいと考えています。

物は流れ流れていきますから、常に購入して売却をするという繰り返しとなるのです。

バイクのオーナーは高く売却したい

バイクもいつかは手放すときがきます。

趣味性の高いバイクですから、手放すときは少しでも高く売却したいと思うものです。一方で買取をする側は少しでも購入価格を抑えたいと考えています。


ここで両者の思惑は正反対となるのですから、交渉もついついヒートアップしてしまうのです。

買取をする側としては在庫にならないように考えます。安くしたら売れるのか、高くても人気があれば売れるのか、そのあたりを頭で計算しながら買取り価格を設定していくのです。

売却する側の準備

「メンテナンスも欠かさずに綺麗にしているから高く売れるはず」そう思うバイクオーナーは多いと思います。

しかし、買取り業者側の思惑は、買取をしてこのバイクが売れるのか、と言うことをまず一番に考えます。

ですから、ある程度人気のあるバイクで売値をこの程度にしたら売れるという金額での交渉となります。

買取り業者としては売る切ることを前提に考えています。不良在庫となってしまったら買取金額が丸々損になってしまいかすから、これは当然のことなのです。

バイクの高額査定を勝ち取るために

何事も需要と供給のバランスが大切です。どんなに大事に扱ったバイクでも需要がなければ買取り業者も買取をしてくれないかもしれません。

現在は海外輸出あるいはバイクオークションなどもあり、不良在庫になるバイクというのは少なくなったといいます。

適材適所ではありませんが、必要としている人に必要なバイクが届くシステムを作れば不良在庫となるバイクも激減するでしょう。

そうなると、自ずとバイクも高額査定を勝ち取ることができるようになるのです。


そのときの需要の高いバイクということですが、バイクの購入時に人気の高いバイクであれば何年経過してもその人気は落ちないものです。

先々でバイクの高額査定を狙っているのでしたら、そのときに人気の高いバイクを購入しておくといいでしょう。

ネットの声

「安く買取りたいのはわかるから、1円でも高く買取ります…という声は嘘っぽく聞こえる…」

「安いとか高いとか結局査定表みたいなのがあるからね。ネットオークションの市場に出すほうが年式と人気度の両方に関係するから人気のあるバイクだったら、オークションに出してくれるバイクショップに買取りしてもらうのが正解かもね。」

「複数のバイクショップに査定してもらいたいと思っても結局根負けするんだよ。」

買取り業者の本音はともかく、売る方の本音のほうが大事ですよ。

おすすめの記事