バイクの売却方法というのはクルマとそれほど大差はありません。

それでもバイクというのはオーナーによって程度の差が激しく、同一クルマ種の同じ年式、走行距離も大差がないような場合でも査定によって買取り金額にかなりの差が生じてくるのです。

バイクの査定は変動する

クルマの場合でしたら、車種、グレード、年式などである程度決まってきます。最終的な買取り金額も最初の仮査定の金額とそれほど変わらないのが一般的です。


しかしバイクの場合は年式、距離などで仮査定の買取り金額を出したにしても、最終的な買取り金額にかなりの開きがある場合が多いのです。

そのため、ネット最大手の買取り業者は「買取りが理不尽だ」などとネットの口コミなどで攻撃されるのです。

ネットの一括査定サイトを利用

ネットの買取り専門の業者がいます。利用するには一括査定のサイトを開き、入力シートに買取りをしてもらいたいバイクのメーカー名とバイクのクルマ種の名前、年式と走行距離などを入力します。

備考欄などがあればバイクの状況について詳しく記述するといいでしょう。

登録が終わるとバイクの情報が公開されます。

その情報を見て、バイクの買取り業者がこぞって買取り金額を通知してくれるのです。

このときの買取り金額の提示はあくまでも机上のものですから、仮査定の金額となります。この仮査定の金額から利用者が交渉する買取り業者を選定するのです。

原則としては査定交渉をするのは一対一になります。利用者が複数の買取り業者を選択することはできない仕組みとなっているのです。

査定交渉が決裂すると次の業者に

基本的にバイクの査定は減点方式になります。

仮査定の買取り金額はそのときの最高金額となりますから、本査定ではそれ以上になることはありません。後は悪いところを見つけてはどんどん査定額を下げて行くことになるのです。


ですから、最初に提示された査定金額が50万円だったとしても、本査定で最終的には20万円まで下がったということもよくあるのです。

机上の情報では傷の具合もわかりません。ましてや事故クルマということがわかったら途端に査定額も下がってしまいます。

利用する側としては常日頃のメンテナンスも当然ですが、立ちコケなどの些細なことによる傷にも十分に注意したほうがいいでしょう。

本査定は買取り業者が自宅まで出張査定をしてくれる場合が多いです。

近隣にある買取り業者でバイクにクルマ検などが残っていたら持っていくのもいいでしょう。

ネットの声

「最初の業者は話にならないということでお引き取り願いました。しかし、バイク査定ドットコムさんだけは違いました!「うちは整備力が他社より圧倒的に強いから、事故車や不動車と言った状態の悪いバイクでも通常より高く買い取れますよ!」と。」

「いい感じの業者さんでした。一括査定じゃないとこのような会社に巡り合うことはなかったでしょう。今回の縁には心から感謝したいです。」

「バイク比較ドットコムでいくつかのバイク会社さんに査定をお願いして、勉強になる点がいくつかありました。いい意味でも悪い意味でも、バイク会社さんの営業は「自由」ですね。」

信頼のおける業者さんに出会うといいですね。

おすすめの記事