バイクで高値買取りを勝ち取るには、下取りと買取りはどちらがいいのでしょうか。

下取りと買取り

クルマの世界では下取りと買取りというのが明確に二つに分かれています

これと同じようにバイクの世界も同様なのです。

基本的に一つのバイク屋で、それまでのバイクを処分して新しいバイクを購入することを下取りと呼んでいて、バイクの処分だけをするのを買取りと呼んでいます。

処分というと意味深ですが、愛着のあるバイクは乗り潰すことも多いので、転売は無理で廃車になるケースが多いのです。

高値買取りをしてもらうには

バイクを高値で買取りをしてもらいたいと思う気持ちはオーナーなら誰でも同じ思いです。

しかし、10年以上バイクに乗って高値買取りを願うのは難しいでしょう。


もっとも、考え方一つで10年落ちのバイクの価値を自分で5万円と想定して、7万円で買取りをしてもらえたらそれは十分高値買取りとなるのです。

ですから、大事なのは自分のバイクを客観的に評価する柔軟な考え方といえます。

10年落ちのバイクが100万円で買取りをしてもらうはずはありません。

それは誰でも同じだと思います。しかし買取り金額が5万円ではいかにも安いと憤慨するかもしれません。

しかし、10年も経てばそのくらいが相場、あるいはすでにゼロ査定と言われてもおかしくない年式です。

そのように年が経るたびに、バイクの価値は下がっていくということをしっかりと認識しておかなければいけないのです。

バイクの買取り相場を知る方法

事前にバイクの買取り相場を知っておくと、査定交渉を有利に運ぶこともできます。

買取り相場を知る方法で、もっとも簡単なのはバイクの一括査定サイトを利用する方法です。

ここでバイクの簡単な情報をセットするだけで、複数の買取り業者が買取り査定額を通知してくれるのです。

その平均を自分のバイクの買取り査定額の相場と考えて、目当ての買取り業者と買取り交渉に臨みましょう。


もっとも、このときの相場価格もそのバイクの価値の最高値と考えていいと思います。

本交渉ではそれよりも下がった額の提示があるので、そのあたりの下げ幅をいかに最小限に抑えるのかが買取り査定交渉の醍醐味となるのです。

一括査定サイトでの買取り価格の提示は机上で判断したものです。

本交渉では実車を見ての査定となりますから、机上の査定にはなかった傷の存在やチェーンのサビ、メンテナンス状況などを加味しての査定となります。

そのため、マイナス評価が多ければ愛車のバイクの買取り査定額はどんどん下がっていくのです。

ネットの声

「メールにての査定価格はなく、現車確認での査定のようでした。(文章には価格を入れる欄があるが値段は書いていなかった)。しかしメールでの内容と現車確認では下がる可能性の方が高いのは承知していましたので特に問題はありません。」

「非常にフラットな目で見ていただけた.他社と合わせての査定も快諾してくれた. また,査定に来てくださった方も,とても感じが良かった. 不動であったが,変に貶めるような発言など全くなく,フラットに接していただいたと感じる. こちらの質問にも真摯に答えていただいた. 」

「他者と時間を合わせて、いらっしゃいました。 目の前でセリの様に、バイクの値段を他者と競うパフォーマンス。 平均買取価格よりは少し高めでしたが、主人のバイクはだいぶ平均より低かったので、ご遠慮いただきました。」

交渉が決裂することもあります。ぶれない気持ちを持つことも大切です。

おすすめの記事