バイクを高く売る方法は寸暇を惜しまず自分の足でいろいろ回ることでうよ。ネット査定とからめるといいかも!?

日頃のメンテナンスも大事です。

馴染みのバイク屋

新車購入でも中古車の購入でもいいのですが、懇意にしているバイクショップにメンテナンスを任せておくのもいいでしょう。
基本的にバイクは趣味の乗り物です。

年間の走行距離も1万キロもいかないようでしたら、年に2回バイク屋に定期点検に出していたら最低限のメンテナンスはできているということになります。

もちろん消耗品関係、ブレーキパッドやタイヤなどはバイク屋の指示に従って交換する必要があります。

一番いいのはいつも懇意にしているバイク屋でバイクを高く売ることです。

常にバイクを見てもらっているところですから、バイクの状態を熟知しているのでそれに見合った買取価格を提示してくれるはずです。

しかしここで問題になるのは懇意にしているという部分です。

普段から見てもらっているので、バイク屋が提示した買取金額に不満があっても渋々承諾しなくてはならないでしょう。


実際にそのようなケースは多々あります。

次のバイクも同じところで見てもらいたいというのであれば、そこは泣き寝入りというわけではありませんがベストな選択と言えるのは間違いありません。

しかし、もっと高く売れるはずというのであれば、ほかのバイク屋をあたってみるのもいいでしょう。

少しでもお金が欲しい、あるいは長年乗ってきたバイクなので安売りはしたくない、思いはそれぞれです。

ネットの一括査定も

ほかのバイク屋をあたるにしても、バイクを持ち込んではその場で査定をしてもらうというのもけっこうな労力になります。

そこで、ネットの一括査定サイトなどを利用してみましょう。あるいはネットの買取業者などに問い合わせてみるのです。

いずれにしても、ネットで簡単に査定が行えるようになっているので、まずはそこで自分のバイクの買取相場というものを把握しておくことが大事です。

客観的にバイクの価値というものを知っていれば査定交渉などでも余裕を持って進めることができるのです。

まずは一括査定サイトで自分のバイクの状況を登録することで、複数のバイクの買取業者が仮の査定額を提示してくれますから、その査定額を見比べてみて本査定をするバイクの買取業者を指名するという段取りがおすすめです。

少しでも高く売りたいというのでしたら、ベストな選択となるのです。

バイクを高く売る最善の方法とは

バイクを高く売りたい!誰でもそう思っていることでしょう。

街中のバイクショップで、自分と同じバイクが高い値段で販売されていたらこのくらいの値段でバイクを買い取ってもらえるかも・・と思うのは早計です。

仮にそのバイクが60万円で売られていたとしたら、そのバイクの買取の値段は恐らく半値くらいでしょう。

ということは、30万円がそのバイクショップが売ろうとしている人に支払う値段なのです。

バイクショップとしたら30万円で仕入れて、様々なメンテナンスを行い、結果として60万円で売り出す。

傍目から見たら良い商売に見えるかもしれません。


しかし、手離れよくすぐに売れたら万々歳なのですが、バイクは思ったほどすぐには売れないものなのです。

バイク屋としたら時間が経つごとに値崩れしていくバイクはまさに不良在庫となります。

ですでの、人気のバイクで手離れよく売れていくバイクでしたら、買取価格も高くなるのです。

バイクを売る側としたら、人気のあるバイクに乗っていて良かったと思う瞬間でしょう。

同じような車種で年式も同年ということでしたら、人気のあるバイクと人気のないバイクではかなり買取価格に差が出てくるようです。

このようなことを踏まえてもバイクを新車で購入するときはそのときに人気のあるバイクを選んでおけばいいということになります。

とはいってもバイクは趣味性の高いものですから、そのときに自分の好きなバイクを購入したほうがいいです。

中古バイクの買取場はまちまちで、市場価格によって常に流動しています。

そこが車とは違うところなのです。

車の場合はメーカーと車種と年式で大方の相場が決まります。

これはバイクも同様なのですが、車の場合はよほどでもないかぎり最初の相場価格に近い値段が査定価格となります。

しかし、バイクの場合は乗り手によって同一年式の同一車種でも程度の差がかなり出てしまいます。

よく、ネット専業のバイクの買取業者の買取値段がしぶいという情報は、このような程度の差から出る買取値の情報が独り歩きしているものだと思います。

実際に中古バイク市場で60万円でバイクが販売されていたら、30万円での買取というのは相場かそれ以上の高値と言えますから、売る側としてはかなりお得といえるかもしれません。

それでも、バイクは趣味性の高い乗り物ですから車のような相場価格があってもそれに縛られずに現在進行形で市場で売れている価格を信頼したほうがいいです。

個人売買も

バイクを高く売ろうと考えるのでしたら、個人売買が一番お得です。

これは中間マージンが一切なく、まさに双方の売買のみだからです。


中古バイク市場で60万円で売られているバイクの買取値が30万円でしたら、個人間で45万円で売買したほうがそれぞれ15万円もお得になるのです。

もっとも個人売買の場合はすべてを当事者同士で手続きを行わなければなりません。名義変更などは税金と直結しますのでしばしばトラブルの的となります。

手続きのために平日に会社を休まなければならない場面もありますから、個人売買が金銭的には一番儲かるのすが手間暇を考えたら必ずしもそうとも言えない面もあるのです。

ネットの声

「あのニダボの元持ち主はおそらく30万とか40万でバイク屋に売っているハズなんですよね。だから売り手としてはバイク屋に売っても個人売買で売ってもそんなに変わらない訳です。でも買い手はバイク屋で買うか個人売買で買うかで大きく変わります。ただ、安く買える代わりに整備費は多少なり掛かりますよ。」

「1番は個人売買やけど、名義変更とか面倒ならバイク王とかかな?ネットで何社か相見積もり取った方が査定額の交渉はしやすいよ!」

「「個人売買とかオークションで車とかバイク買うと店で面倒みてくれない」ってたまに聞くけどある程度店選んで交渉すればいい」

リスクはありながらも個人売買を推す人は少なくないですよ。

おすすめの記事