ある程度まとまったお金でしたら、自分で調達するよりも銀行や消費者金融会社を頼ったほうがいいでしょう。
銀行か消費者金融会社で借りるとなると金利の低い銀行から借りたほうが金利手数料も安くなるので便利です。
それと、消費者金融会社で借りるとなるとどうしても昔のサラ金のイメージを思い出してしまう人も少なくないでしょう。

銀行と消費者金融会社で借りる

サラ金と呼ばれていた当時から知っている現在の中高年世代はもちろんですが、サラ金の実態をリアルタイムで見ていない若者世代でもサラ金というイメージがしっかりと根付いているのですから、消費者金融会社としては、サラ金のイメージをいまさらながら払拭することはできていないということです。
当時、サラ金と呼ばれていたのは、バブル期を前後していた時代ですが、その当時が消費者金融会社としては最盛期だったと言えるでしょう。

今では信じられないかもしれませんが、消費者金融会社の数は3万社を超えていたのです。
これがどのくらいすごい数字なのかは、現在の消費者金融会社の数が2,000社に満たないことを考えてもすごいことだと言えます。
それでは、消費者金融会社がこれほどまでに激減したのはどうしてかということになるのですが、それはサラ金の厳しい取り立てが問題視されたからです。

もともと貸金業者の取り立てはきちんと返済していれば何事もおきないのですが、返済が滞ってしまうと、つまりは延滞すると手のひらを返したかのように厳しい取り立てがサラ金から始まるのです。
その厳しさから、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中ということが問題視されたのです。
借りるほうが悪く返済できない人が悪いという風潮が昔からあったのですが、バブル期前後は返済できない人が急増した時期でもあったのです。

今でもよく言われる自己責任論ですが、それを語るには、金利の高さやいろいろな問題が吹き出したのです。
一家心中が多発したことから、さらには厳しい取り立てが高じて「内蔵を売ってでも金を作れ」といった厳しい取り立ての実態がテレビでも放映されたのです。
それが引き金というわけではないのですが、当局も重い腰を上げたかたちになって、まずは金利の高さの根源とも言える、グレーゾーン金利を撤廃したのです。

これは二つの法律で上限金利が違っていて、その金利差を利用して高金利での貸し付けを行っていたのを、上限金利を法律で一律にしたのです。
それからの貸し付けから新しい上限金利が有効ということにはせずに、それまでの高金利で貸し付けをしていた、金利の差額分を債務者に変換する法律も併せて施行されました。
これが過払い金請求というもので、債務者が請求しなければいけないのですが、簡単に請求できるうえに弁護士の格好の収益源ともなり、弁護士が率先して過払い金請求を喧伝したので多くの人が過払い金請求を実施しました。

それによって貸金業者の経営状態が悪化して、経営破綻や廃業する貸金業者が続発したのです。
それは大手消費者金融会社も同じで現在の大手消費者金融会社のほとんどが経営破綻してそこから、銀行グループの傘下に入って再生したところばかりなのです。
すさまじいくらいの淘汰が繰り返されて、3万社を超える消費者金融会社が現在の2千社に満たない数になったということですね。

そういった悪いイメージもあり消費者金融会社よりもできるなら銀行でお金を借りたほうがいいということになるのです。

銀行カードローンですが、金利が低くて金利手数料が安くて済むので誰でも銀行からお金を借りたいと思うものです。
しかし、銀行カードローンは誰でも気軽にお金を借りることができるわけではないのです。
銀行カードローンに融資の申し込みをすると審査を受けることになるのですが、この審査基準が厳しくて誰でも審査に通って銀行カードローンを借りることができるわけではないのです。

審査に通るにはある程度の属性が必要になります。
この属性というのはその人の信用度や返済能力の高さなどを測る指標となるものです。
属性を決めるのは一つではなくさまざまな項目なら成り立っているのですが、その中でも大きなウエイトを占めているのが雇用形態なのです。

雇用形態は正規雇用と非正規雇用の二つに分けられます。
正規雇用はいわゆる正社員の人のことで、非正規雇用はパートアルバイト、派遣社員、契約社員の人を指します。
正規雇用の人のほうが属性が高いことはわかるのですが、それは収入が高いあるいは低いということだけではないのです。

会社が雇用を保障しているかどうかが大きな判断基準となります。
正規雇用の人は会社が雇用を定年まで保証しています。
これは、入社時に会社と交わす雇用契約が定年まで生きることになるからです。

すなわち懲戒以外で会社が雇用を解消してクビにすることはないということです。
いっぽうの非正規雇用の人はどうでしょうか。
こちらにも雇用契約はありますが、有期契約となります。

期間は3ヶ月、6ヶ月そして1年というものになります。
この契約期間については雇用が保障されるのですが、更新時は会社が承諾しなければ退職ということになります。
この点を銀行が見ると収入が安定していない、先の収入はわからないということになり、どうしても属性が低くなってしまうのです。

そのため、審査にも通りにくいということになります。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、銀行カードローンの原資が口座開設者から預かった大切な預かり金が理由です。
いつでも引き出せるように用意しておかなければ行けないお金ですから、貸し倒れが頻発してしまえば、経営が傾きかねません。

それはバブルが崩壊した時代に銀行の経営危機が叫ばれ現にいくつかの銀行が経営破綻し、都市銀行は統合を繰り返してメガバンクとなった経緯からもわかります。
銀行は貸し倒れのリスク回避をするために、保証会社と提携してそこからも審査を受けるようにしているのです。
つまり、銀行カードローンに融資の申し込みをすると申込者は銀行と保証会社の2者から審査を受けなければいけません。

当然ですが、どちらか一方でも審査に通らなければ銀行カードローンを借りることはできません。
保証会社の役割ですが、銀行カードローン利用者が返済不能になったときに、カードローン利用者に代わって残りの債務を全額、銀行に返済するのです。
そして、立て替えた債務はカードローン利用者(債務者)に請求することになります。

そこから任意整理が始まるということですね。
こう考えると銀行はノーリスクにも見えるのですが、返済不能になった以降の返済利息による収益がなくなるのですから、まったくのノーリスクというわけではないのです。

銀行カードローンのデメリットとしては、即日融資ができないことがあげられます。
一頃はメガバンクを中心として即日融資やスピード融資を大々的にネットやテレビなどで宣伝していました。

しかしそういった宣伝広告などは今は見ることができません。
というのも、警察庁のデータベースへのアクセスが義務づけられたためです。
銀行カードローンの申込者を、警察庁のデータベースにアクセスして信用情報を照会するのですが、その照会情報を得るのが早くても翌日以降になるのです。

そのため実質的に即日融資ができなくなりました。
不正融資を防止するための施策なのですが、これが銀行カードローンのデメリットといえるでしょう。
即日融資を受けるには消費者金融会社のカードローンに頼るしか方法はありません。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンの審査に通らなかった場合、消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしましょう。
消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンの受け皿的な存在でもあるのです。
しかし、銀行カードローンの審査に落ちたばかりのときは、消費者金融会社のカードローンの審査にも落ちる可能性が高いです。

というのも、信用情報機関に銀行カードローンの審査に落ちたという情報が記録されているので、消費者金融会社のカードローンの審査で、信用情報機関に信用情報を照会するときに、審査に落ちたという金融事故情報を照会するとその場で審査NGとなってしまうのです。
これを申し込みブラックと呼んでいます。

申し込みブラックとなると、審査に落ちたという情報が消えるのが6ヶ月後ということですから、その間は消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをしても落ちる可能性が高いので、6ヶ月は待ったほうがいいでしょう。
お金がすぐにでも必要なときに、大変ですがそのためにも審査に落ちないようにするための施策が必要なのです。
消費者金融会社のカードローンの特徴としてあげられるのは多彩な申し込み方法です。

WEB完結や店頭での申し込みはもちろんですが、電話での申し込みも可能となっています。
申し込む手段が電話しかない人にはなくてはならない申し込み方法となっています。
意外と電話のみでの申し込みというのは受け付けていないところが多いので、これは大手消費者金融会社ならではのきめ細かいサービスと言えるでしょう。

他にはメガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、メガバンク行内に設置されている自動契約機での申し込みも可能です。
消費者金融会社のカードローンの申し込みとはわからないですから、けっこう使い出があるといえる申し込み方法です。
また、消費者金融会社のカードローンの大きな特徴となっているのが、無人契約機です。

これは全国各地に設置されていて、24時間365日稼働しているものです。
そのためいつでもカードローンの申し込みができるのですが、即日融資にも対応していて、当日の22時までに申し込みの手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されます。

それをもってコンビニATMでキャッシングができるのです。
これはすぐにでもお金が必要な人には大きなメリットと言えるでしょう。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社は大手消費者金融会社だけではありません。
というよりも大手消費者金融会社は少数派といってもいいでしょう。
消費者金融会社は2,000社近くあるのですが、大手と呼ばれる消費者金融会社は10社もないのです。

他のほとんどの消費者金融会社は中小消費者金融会社と街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社なのです。
中小消費者金融会社は業容が大手並の消費者金融会社があるかと思えば、街金に毛が生えたような中小消費者金融会社もあるくらい、業容がさまざまです。
その中で特色のある消費者金融会社があるのが特徴で、WEBでのみ申し込み受付をしていない消費者金融会社もありますし、おまとめローンに特化している消費者金融会社もあります。

特色を持った消費者金融会社が多いのが、中小消費者金融会社の特徴ですから、自分にあった消費者金融会社がきっと見つかることでしょう。
街金は文字通り街の消費者金融会社という風情であり、地元の特化した貸金業者ですから、外に宣伝する必要もなく、ホームページを開設していない街金がほとんどです。
ですから、ネットでも電話番号や住所を頼りに地図で探すかスマホの地図アプリなどで街金を探すしか到達する方法がありません。

審査基準は中小消費者金融会社は大手消費者金融会社のカードローンよりも低くなっていますし、街金はさらに審査基準が低いのが特徴です。

ブラックでも借りることができる?

一部の中小消費者金融会社や街金では、審査方法も信用情報機関を通さない独自審査を行っています。
これは現在の属性のみで審査をする方法です。
内容は電話による在籍確認と収入証明書の提出ができればOKというものです。

これはほぼ審査なしと思ってもいいでしょう。
もっとも街金の場合は高額融資をしないところがほとんどです。
多くのというよりも街金のほとんどが10万円程度の貸し出しとしているのです。

ですから、総量規制などの問題もそれほど気にしなくてもいいのがメリットといえますし、ブラックでも借りることができたというネットの口コミサイトの投稿もあるくらいです。
もっとも、これでブラックでも必ず街金からお金を借りることができるというわけではないので注意しましょう。

審査なしの街金でも審査に通らないこともある?

街金の場合は審査なしというよりも、働いていることが前提になります。
ですから収入証明書の提出や電話による在籍確認を行っているのです。
ですから、無職の人は収入がないということですから、街金といえども借りることはできませんし、当然審査に通ることもないのです。

審査が緩いといわれている街金でも、無職の人にお金を貸すことはありません。
ですから、少なくとも仕事について、さらに収入証明書の提出ができるくらい働かないと街金からの融資を受けることもできないということですね。

ネットの声

「3時間あれば欲しい金額が借り入れられるかと。案内も丁寧で何を聞いても詳しく教えてくれました。」

「数社契約してますが、プロミスは提携ATMの借入返済手数料やコンビニでの返済手数料が無料なのも魅力です。他社は借入や返済時にATMを利用すると200円以上手数料が取られるとこも少なくないです。少しでも節約したいならオススメです。」

「初めて使ったのですが、振り込まれるまでは結構丁寧に対応してもらったので、いいと思います。」

おすすめの記事