ブラックでもあきらめない。

探せば貸してくれるところがきっと見つかります。

銀行と消費者金融会社でお金を借りる

銀行と消費者金融会社がお金に困ったときに頼りになります。
金利は銀行のほうが消費者金融会社よりも低いので、銀行から借りたほうが返済利息も少なくて済みます
それに、消費者金融会社は昔のサラ金をイメージする人も多いので、イメージがいまだに悪いのです。

バブル期の頃から、消費者金融会社はサラ金と呼ばれていました。
いつの頃からかはわかりませんが、それ以前は高利貸しなどと呼ぶのが一般的だったのです。
そのようなサラ金の悪名は、強引な借金の取り立てにあります。

普通に返済していたら何も言われないのですが、ひとたび返済が遅れてしまうと、強引な取り立てが始まるのです。
電話による催促だけではなく、自宅にも取り立てに来るので、周りの家にもバレてしまうでしょう。
それが嫌で夜逃げや一家離散することも少なくないのです。

また、度重なる取り立てに一家心中してしまうこともあるのです。
そういったことから、サラ金を取り締まる法律も少しずつはできていったのですが、電話による取り立てや自宅を訪問する取り立てを規制するくらいのものに限られていたのです。
昔から借金をするほうが悪いとか、返済できなくなるのも自業自得という自己責任論が根強かったのです。

しかし、取り立て側にも問題があるのは、「内蔵を売ってでも金を作れ」ということが大々的に報道されてからでしょう。
あまりにもひどい取り立てが話題となって、さらなる消費者金融会社に対するバッシングが始まったのです。
それを契機にするようにして、次に起こったのがグレーゾーン金利の撤廃です。

これは、出資法と利息制限法の上限金利の差を利用してより高利でお金を貸していたのです。
この2つの違う上限金利が、より低い上限金利を採用していた利息制限法の上限金利に統一されたのです。
これによって、消費者金融会社もダメージを受けたのですが、それだけではなく、過去に遡って上限金利を引き直し、払いすぎた返済利息を債務者がサラ金に対して請求できるようにしたのです。

それが過払い請求です。
法律ですから、従うしかありません。
それによって取り立てる側から取り立てられる側になった消費者金融会社は、過払い請求の金額の多さに経営破綻を繰り返すところが続出しました。

廃業する消費者金融会社も多く、往時は3万社を超える消費者金融会社があったのですが、現在では2千社に満たないくらいまでに激減したのです
すさまじい淘汰が起こったということですね。

銀行カードローンに話を戻します。

銀行カードローンのほうが世間の聞こえがいいのですが、それでも誰でも銀行カードローンを借りることができるわけではないのです。
銀行カードローンを借りるにも審査が必要です。

ある程度の属性の高さがないと、銀行カードローンの審査に通ることはできないのです。
この属性ですが、様々な項目で成り立っています。
その中でも、属性の高さを決める大きなウエイトを占めている項目が雇用形態です。

雇用形態は、正規雇用と非正規雇用の2つがあります。
正規雇用は、いわゆる正社員のことです。
いっぽうの非正規雇用は、パートアルバイトや派遣社員、契約社員のことです。

これだけを見ても正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかります。
しかし、雇用形態は収入の多さだけではないのです。
大きいのは、雇用が会社から保証されているかどうかということです。

正規雇用の人の場合は、入社したら雇用契約を会社と結ぶのですが、それは定年まで有効です。
つまりは会社から長ければ40年以上も雇用が保証されることになるのです。
いっぽうの非正規雇用ではどうかというと、雇用契約は有期契約になります。

その期間は3ヵ月や6ヵ月、あるいは1年というものです。
短期間ですが、その期間は雇用が会社から保証されます。
しかし、期間がくると会社と雇用契約の更新をしなくてはいけないのですが、会社が更新しなければ退職しなければならないのです。

その点を銀行から見ると収入が安定していない、すなわち属性が低いとみられるのです。
ですから、誰もが正規雇用を目指して就職戦線を戦っているということですね。
銀行カードローンの審査が厳しいのは、カードローンの原資が口座を開設している人から預かった預かり金だからです。

大切な預金ですし、いつでも引き出せるようにしておかなければいけません。
ですから、貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。
そのために審査基準を厳しくしているのですが、さらにリスク回避として、保証会社と銀行は提携しているのです。

そのため、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、銀行の他に保証会社の審査も受けなくてはいけません
当然ですが、保証会社の審査にも通らなければ、銀行カードローンを借りることはできないのです。
保証会社の役割は、銀行カードローン利用者が銀行に対して返済不能になったときに、保証会社が残りの債務の全額をカードローン利用者に代わって銀行に支払うのです。

その後で改めて、保証会社は立て替えたお金をカードローン利用者(債務者)に請求するのです。
すでに債務整理が始まっているので、そこからは、保証会社は債権回収会社となって、債務者と任意整理の交渉に入るのです。

消費者金融会社からお金を借りる

銀行カードローンのデメリットとして、即日融資に対応していない点です。
一頃は、銀行カードローンも即日融資に対応していたのですが、警察庁のデータベースにアクセスすることが義務づけられてしまい、その照会情報は早くても翌日以降に得ることができます。
そうなると、必然的に銀行カードローンの即日融資は物理的に不可能となったのです。

ですから、すぐにお金が必要なときは銀行カードローンに頼ることはできません。
そうなると、消費者金融会社のカードローンに頼るしかないのです。
大手消費者金融会社の特徴は、多彩な申し込み方法にあります。


WEBや店頭での申し込みはもちろんなのですが、電話での申し込みができるのが特徴なのです。
電話で申し込みの予約をするというのではなく、ある程度の審査まで終わって、融資ができるかどうかの判定まで終わることができるのです。
オペレータの対応力も必要となるので、そういったところに人材を割くことのできる大手消費者金融会社ならではといえるでしょう。

そして、大手消費者金融会社は、メガバンクと提携しているところもあるので、メガバンク行内に設置されてある自動契約機を使って、カードローンの申し込みをすることができます。
これは何気に便利ですし、消費者金融会社のカードローンというのがバレにくいので重宝することでしょう。
そして、大手消費者金融会社最大の特徴となるのが、全国各地に設置されている、無人契約機です。

24時間365日稼働しているもので、いつでも融資の申し込みができるのが大きなメリットなのです。
即日融資にも対応していて、その日の22時までに申し込み手続きを終えて審査に通れば、すぐにローンカードが発行されます。
それを持ってコンビニATMに行ってキャッシングすることができるのです。

最近では、カードレスのカードローンサービスも始まっています。
スマホが必須ですが、さらに便利になった消費者金融会社のカードローンですね。
銀行カードローンにないサービスがたくさんあるので、使い勝手を重視するなら、大手消費者金融会社のカードローンのほうが銀行カードローンよりもいいでしょう。

中小消費者金融会社と街金で借りる

大手消費者金融会社からお金を借りることができないときは、中小消費者金融会社あるいは街金から借りるしかないでしょう。
中小消費者金融会社は、業容が広くその業務内容は多彩です。
大手並の業容を誇る中小消費者金融会社があるかと思えば、街金に毛が生えたくらいの中小消費者金融会社もあります。

特色を持った中小消費者金融会社も多く、おまとめローンに特化した中小消費者金融会社もありますし、法人向け専門に貸し出しを行っている中小消費者金融会社もあります。
街金は、街の貸金業といった感じで、特にホームページも開設してないところが多く地域に特化した貸金業を営んでします。
総じて審査基準は緩いのですが、それもまたまちまちといったところです。

ブラックでも借りることができる?

ブラックでも借りることができるとしたら、中小消費者金融会社か街金です。
その中でも信用情報機関に照会しない審査方法をとっている中小消費者金融会社と街金です。
この審査方法は独自審査と呼んでいるものです。

審査方法もシンプルで電話による在籍確認や収入証明書の提出のみで審査に通るといったものです。
言うなれば、安定した仕事に就いていれば貸し出しをするというものです。
ネットの口コミサイトなどでも、ブラックでもお金を借りることができたというのは、こういったところから借りている人なのです。


それでも、ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので注意が必要です。
ブラックになってこれまでよりも返済が楽になった人、あるいは自己破産をして債務がなくなった人でしたら、独自審査をしている貸金業者から、お金を借りることができるかもしれません。
もっとも、独自審査をしているかどうかというのは、貸金業者もオープンにしていないので、そういった情報はネットの口コミサイトなどで確認するようにします。

個人間融資掲示板を利用する

ブラックだと通常でしたらお金を借りることはできません。
それでも独自審査などの抜け道があるのですが、消費者金融会社だけではなく、ネットでは個人間融資掲示板でお金を借りることができるのです。
個人での貸し借りになるので審査は必要ありません。

つまりは属性は関係ないということになります。
そのため交渉が成立したらすぐにでもお金が振り込まれます。
リスクがあるといえばあるのですが、実績のある人がすでにたくさんいるので、そういった人から借りることでリスク回避できるでしょう。

ブラックでも問題なく借りることができるのでおすすめです。
ただし、少額融資なのでその点には気をつけましょう。

ネットの声

「契約はスムーズに終わって、当日中にお金を借りることができました。最初に希望していた融資金額よりアップしてくれて嬉しかったです。消費者金融会社には迅速に対応してもらい助かったので大満足です。」

「他社からの借入状況についてオペレーターさんから質問を受け、正直に答えましたがそのせいで審査に通過しないかもと不安な気持ちになりました。でもすぐに連絡が来て審査に通りました。」

「希望していた上限金額から大幅に下がってしまいましたが、審査には通らないかもしれないと不安だったくらいなので通っただけで大満足です。アプリも便利で借入可能金額や借入残高を確認できるし、アプリ経由で振込依頼をしたり返済したりすることもできるので返済日当日、外に出たくないときも安心です。」

大手の良いところはアプリがあったり、コンビニが利用できたりするところなんですよね。

おすすめの記事