母乳の力? 生後3か月間、母乳だけで育った赤ちゃんは喘息になりにくいことが判明。

赤ちゃんにとって大切な栄養源になる母乳。

その母乳には生まれたばかりの赤ちゃんを病気から守る免疫成分が含まれていると知られています。

このたび生後3か月間、母乳だけで育てられた場合に、呼吸器系のアレルギーや喘息になるリスクが下がると報告されました。

母乳の秘められた効果として注目されます。

母乳を飲むと現れる効果は?

今回の研究では、米国食品医薬品局(FDA)と米国疾病対策センター(CDC)がおよそ2000組の母親と新生児のペアを対象として行った授乳と乳児の栄養に関する調査のデータを分析したものです。

この調査では、生後1年間にわたり赤ちゃんが母乳や粉ミルクを含めてどんな栄養をとっているかを報告してもらいました。

6年後に再び、同じ母親と赤ちゃんの健康状態や発達、食事などについて調査。

※アレルギー予防効果

研究では、すべてのデータがそろっていた1177人の赤ちゃんを対象に、生後3か月間の栄養を、母乳だけ、粉ミルクだけ、母乳と粉ミルクの併用の3パターンに分けて、呼吸器系アレルギーと喘息との関連性を調べたのです。

6年後の時点で、20.8%が呼吸器系アレルギー、11.3%が喘息と診断されていました。

粉ミルク併用ではリスク下がらず

ここから判明したのが生後3か月間に母乳だけだった赤ちゃん(全体のおよそ3分の1)は、6年後に呼吸器系のアレルギーになるリスクが23%低いということです。

喘息になるリスクも34%低くなりましたが、これは喘息になりやすい家系ではない人だけに見られた結果でした。

生後3か月間に母乳だけではなかった場合は、どちらのリスクも下がりませんでした。

母乳は子どもが呼吸器の病気になるリスクを下げる可能性があると研究グループ。

「少なくとも生後3か月間、母乳だけにすると、呼吸器系のアレルギーや喘息を予防できるかもしれない」と結論づけています。

赤ちゃんのミルクについては、母乳の出やすい、出にくいといった問題などもあるので簡単ではありませんが、こうした研究を参考にしてもよいかもしれません。

赤ちゃんにはたくさん菌に触れさせた方が実はいい!?

インフルエンザやノロウイルスのお話をすると本当に恐ろしいので、赤ちゃんには菌やウイルスに触れあわないようにすべきかというと、それは間違っています。

実は、かわいい赤ちゃんにはたくさんの菌に触れさせたほうがいいのです。

特に推奨することは泥んこ遊びです。子供は風の子といいますが、赤ちゃんの時から積極的に自然と触れ合える所や公園、河川敷の草っ原、動物園などたくさん一緒に出かけてみてください。

私たちの腸の中には、多種多様な菌がいて、それらが広がっている様がお花畑のようなので、腸の菌たちを「腸内フローラ」と呼びます。

腸内でいったん菌が住み着つと、新しく菌が住みづらいため、腸内フローラの環境は3歳までに取り入れた多様な細菌によって決まると言われます。

まるで、学校の時に転校生がきた初日はなかなか溶け込めない様子に似ていますね。

それも徐々に顔を合わしていけば馴染んでいきますね。

腸内フローラには善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいて、(善玉に力を貸すか、悪玉に力を貸すか、その時々に合わせて優勢な側につくという性質があります。)

個人差がありますが、大よそ善玉20:悪玉10:日和見70だそうです。

なるほど、よく例にあげられる「働きアリと働かないありの割合」とか、「空気中の大気の窒素とその他の気体の割合」も『78:22の法則』に当てはまります。

それをもとにビジネスに応用して「パレートの法則」を見つけたお話もあります。

話が脱線しましたが、免疫システムを作っていく過程で、腸内細菌の多様性が大切だそうです。

身体にとって悪い作用がある悪玉菌も、いないと体調が崩すそうです。

赤ちゃんのためだけでなく、家族みんなで腸内の細菌を整えてみんなで健康に過ごしてください。



おすすめの記事