『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の4作目は制作されない…その理由とは

『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の4作目が作られない理由には熱い『BTTF』愛があった.

1985年に1作目が公開され、PART3まで続いた名作映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の4作目が作られない理由は?

長年愛されるSF大作『バック・トゥー・ザ・フューチャー』

映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』は1985年に公開されたSF映画。

ロバート・ゼメキス監督が手掛けたこの大ヒット作は、アカデミー賞で音響効果賞を受賞し、現在でも『BTTF』といった略称で親しまれている。

続けて1989年に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』が、1990年に『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』が公開され、いずれも大ヒット。

ごく普通の高校生マーティと、老年の科学者ドクがおりなすタイムトラベルに、多くのファンが魅了されたのです。

そんな大ヒット映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』だけれど、続編が作られないのはなぜか知っていますか?

『BTTF』制作者の『BTTF』愛がすごい

映画業界では、往年の名作の続編やリブート作品の制作が流行しています。

たとえば1995年に公開された映画『ジュマンジ』は2017年にドウェイン・ジョンソン主演で続編の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』が公開されたり、

1984年に公開された映画『ゴーストバスターズ』は2016年にキャストを全員女性に変換したリブート版『ゴーストバスターズ』が公開されたり…。

ドラマやアニメなどでも同様に、かつて大ヒットした作品の続編やリメイクが行なわれているのです。

そのようななか、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』は、続編が作られる様子がありません。

その理由を、シリーズの脚本担当、ボブ・ゲイルが明かしてくれました。

1990年の第3作目の公開以来、多くのファンが4作目について期待しています。

もちろん、公開された全3作品の評価があまりにも高いため、それに耐えうる続編を作れるのかどうかという点については、ファンの間では度々議論の的になっています。

トム・ホランドは2020年2月ごろ、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の続編についての交渉が一時期あったことを明らかにしました。

しかし、ボブは米Colliderとのインタビューで、マーティを演じるマイケル・J・フォックスがパーキンソンを患い、

演技から距離をとっているために、パート4の制作はあり得ないといったのです。

3部作で物語を完了

ボブは、

「私たちは3部作で物語を完了させた。もしもう一作作るとしても、来年60歳になるマイケル・J・フォックスがパーキンソン病を患っている。マーティ・マクフライが60歳でパーキンソン病を患っているところを見たい? 50歳でパーキンソン病の彼を見たいと思っただろうか? 見たくないだろうな。でも、マイケル・J・フォックスのいない『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も見たくないでしょう。『他の人とやればいい』と言われることもある。でもそうなの? 誰とやる? オリジナルとの比較を求めても無駄だ。 私は何度も、何年も後に続編が作られるのを見てきたよ。でも、「ああ『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』を見なければ私の人生はもっと良かった」と、みんな言うんだ。そんな続編がたくさん存在する。私たちは、基本的に金目当ての映画を作るような人にはなりたくなかった。映画会社のユニバーサルは『君たちなら大金を稼げるだろう』と言ってくれたけど、僕らは『もうこの映画で大金を稼いできたし、この映画は今のままが好きなんだ』と思っている。誇り高き親として、子供を簡単には売り出したくない」

と、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』に対する強い愛を語りました。

人々の記憶に残り、長く愛される映画『バック・トゥー・ザ・フューチャー』の続編が作られない理由の裏に、これほどまでに熱い制作者の思いがあったとは、なんとも素晴らしい。

おすすめの記事