ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがいつかは死ぬ」

<感染者が急増中の大国で、科学を信じないリーダーのせいで感染予防が行えない。パンデミックの次の震源地となるか>

ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領は、新型コロナウイルスは「ちょっとした風邪」にすぎないと一蹴。

国民に働いて経済を動かし続けるよう呼びかけています。

ロックダウン(都市封鎖)にも反対で、自らの支持者に対してその理由をこう言っています。

「私たちはみな、どうせ死ぬのだ」

アメリカのドナルド・トランプ大統領とよく並べて語られるボルソナロ大統領。

3月29日、全国規模の隔離を命じるよう求める州知事たちとの何週間にも及ぶ論争を跳ね返し、パンデミック軽視の姿勢をますます鮮明にしたのです。

ブラジル保健省の発表では、同国における新型コロナウイルスの感染者数は4661人、関連死者数は165人。

それでもボルソナロは、3月15日に支持者たちと会った際、握手で挨拶を交わしていました。

最近では、他国で行われている外出制限等に触れ、「大量監禁」だと批判したのです。

「ウイルスは存在する。私たちはそれに立ち向かわなくてはならない。男らしく戦おう。子どものようにふるまうのはやめよう!」。

ボルソナロ大統領は3月29日、大統領官邸前に集まった支持者に対してそう語ったと、AP通信は伝えています。

「私たちはみな、いずれは死ぬのだ」

「ちょっとした風邪」

ボルソナロ大統領は3月24日、国民向けにテレビ演説を行い、国内ニュースメディアはウイルス拡散を過度に騒ぎ立て過ぎだと非難しました。

「派手に恐怖心を煽り、イタリアでどんなに死者が出ているかを大きく報じる。パニックを広げるためにメディアが使う常套手段だ」

ボルソナロ大統領のこうした主張は、イースター(4月12日)までに仕事に戻って経済を回そうと言ったトランプの呼びかけとそっくりという指摘も…。

ボルソナロ大統領はテレビ演説で、ウイルスへの感染リスクが高いのは60歳以上なのに、なぜ学校を閉鎖しなければならないのかと疑問を呈しています。

新型コロナウイルスは「ちょっとした風邪」だとも述べています。

米ワシントン・ポスト紙は3月29日の意見記事で、サンパウロ市内とリオデジャネイロ市内のあちこちで「ボルソナロは辞めろ」という声が聞かれるようになっていると指摘。

ブラジルのコンサルタント会社アトラス・ポリティコの報告によると、人口の半分近くがボルソナロの解任を支持しているというのです。

ブラジルは南米最大の国で、新型コロナウイルスの感染者数と死者数はいずれも、同地域でもっとも多くなっています。

外出奨励で投稿削除

ブラジルの保健大臣は3月21日、国内の医療システムは4月末までに崩壊し、数百万人にも上る貧困層が助けと食料を必要とするだろうと警告しました。

感染拡大を受けて、州知事や市長らは「社会的な距離」政策を採用、人が集まる教会やショッピングモールを閉鎖しています。

新型コロナウイルスはすでに、リオデジャネイロにあるファベーラ(スラム街)にも感染を広げているという報道もあります。

ところがワシントン・ポストによると、ボルソナロ大統領は先日のテレビ演説で、「新型コロナウイルスはまもなく終息する」と断言。

それと同時に、小規模事業者は営業を再開し、貧困層が仕事に戻れるようにしてほしいと呼びかけたのです。

「私たちは生活を続けていかなくてはならない。雇用を維持すべきだ」

他にも「60%から70%の国民が感染することでブラジルに免疫がつく」「特効薬ができるのももうすぐだ」といった言動を繰り返しています。

自治体が住民に自主隔離を呼び掛ける中で自ら群衆の中に入っていく動画を投稿。

外出を奨励し、公衆衛生に反する内容だとしてツイッター社に削除されているのです。

ネットの反応

「ある意味、すごくリーダーシップがあるけど…とりあえず日本はブラジル入国規制してください。」

「今まで誰もやったことのない手法だから、ちょっと興味あるが、本当に大丈夫かな?ただ、自分は試したくない。ブラジル国民はどうなのだろう?」

「逆説的だけど、突き詰めればそれはそうなんだよね。とくに圧倒的に老齢者の危険のほうが高いことを考えれば、国民がみんな同じ考え方なのなら、それはそれでひとつの哲学だとは思うが…。まあ、日本じゃ欧米ではちょっと受け入れがたいなあ。昔と違って70代過ぎても楽しんで生きられる環境があるからな。」

医療処置しないで感染爆発させて生き残った人は免疫がある…収束までの日数は最短かもしれませんね。

おすすめの記事