困ったときの消費者金融…俗にいうサラ金ですが、昔のような悪いイメージはありません。

ブラックでも借りることのできるところもあるかも?

最終的には街金が頼りになるかもしれません。

銀行と消費者金融会社のカードローン

お金を借りるなら、銀行と消費者金融会社でしたらどちらがいいでしょうか。
といっても、ほとんどの人というか全ての人が銀行からお金を借りるほうがいいというでしょう。
それは、銀行カードローンのほうが消費者金融会社のカードローンよりも金利が低いからです。

金利が低いということは、返済利息が安く済むということですから、お金の価値はどこで借りても変わらないのでしたら、銀行で借りるのが一番なのです。
それと消費者金融会社は、今でもサラ金のイメージが色濃く残っています。

サラ金と呼ばれていたのは、バブル期を境にした頃ですが、その前は高利貸しなどとも呼ばれていました。
いずれにしても、貸金業というのは、昔から良いイメージを持たれていなかったのです。
貸金業を総じて、消費者金融と呼ぶようになっても、俗称の高利貸しやサラ金という言葉は、根強く残っているということですね。

サラ金は、どうしても強引な借金の取り立てといったイメージが強く、実際に当時はそういった取り立てが横行していました。
そのため、一家離散や夜逃げ、さらには一家心中といった悲惨な事件が頻繁に起こっていたのです。
日本では、昔から借金は悪、借金をする方が悪いといったことが根強く残っていたのです。

いわゆる、自己責任ということが昔から横行していたということですね。
それでも、「内蔵を売ってでも金を作れ」というフレーズは、誰でも記憶に新しいのではないでしょうか。
衝撃的な映像を目の当たりにした人も少なくないでしょう。

そういった事件が起こって、ようやく行政もサラ金の規制にとりかかっていったのです。
まずは、夜間の電話の停止から始まり、自宅訪問も規制されました。
さらには、高金利の温床となっていた、グレーゾーン金利の撤廃です。


グレーゾーンというのは、出資法と利息制限法の二つの法律で定められている上限金利が違うことから、その金利差をグレーゾーンと呼んでいたのです。
それによって、合法的に高金利での貸し出しをサラ金が行っていたということです。
グレーですから、合法ということではなく、取り締まりをしなかったといのが正確な表現かもしれません。

そして、上限金利がより低い利息制限法に統一されて、それ以降の貸出金利が決まったということで終わるのではありませんでした。
それまで、過去に遡ってグレーゾーンを利用して、貸し出していた返済利息を新しい上限金利で引き直して、払いすぎた返済利息を債務者が、サラ金に請求できるように法律で定めたのです。
それが過払い請求です。

これによって、多くの消費者金融会社が過払い請求に応じきれずに経営破綻していきました。
それが直截な理由となって、大手消費者金融会社も経営破綻に陥ったのですから、すさまじい数の過払い請求が行われたということになります。

往時は3万社を超える消費者金融会社があったのですが、現在は2千社未満となったのですから、どれほど激しい淘汰が行われたのかがわかるというものです。

銀行カードローンに話を戻します。

銀行カードローンは、金利が低くて誰でも銀行からお金を借りたいと考えるものですが、誰でも気軽にお金を借りることができるわけではないのです。
というのも、銀行カードローンの審査が厳しいからです。
ですから、銀行カードローンを借りようと思えば、ある程度の属性の高さが必要となるのです。

属性が高いと審査に通りやすく、属性が低いと審査に通りにくいのです。
この属性の高さというのは、さまざまな項目で成り立っています。
その中でも、雇用形態は属性の高さを決める大きなウエイトを占めているのです。

雇用形態は、正規雇用と非正規雇用の二つに大きく分けられます。
正規雇用は、いわゆる正社員のことで、非正規雇用はパートアルバイトや派遣社員、契約社員ということです。

これを見ると、正規雇用の人のほうが属性が高いことがわかるのですが、それだけではありません。
雇用契約の期間が大きく問題となるのです。
突き詰めれば、会社が雇用を保証しているということになるのですが、正規雇用の人は、入社時に会社と取り交わす雇用契約が定年まで有効となります。

すなわち、23歳くらいから65歳の定年まで42年間の間、雇用が会社から保証されているのです。
一方の非正規雇用の人ですが、こちらも雇用契約を会社と結ぶのですが、有期契約となります。
期間は、3ヵ月6ヵ月あるいは1年ということになります。

雇用契約を結んでいる間は、雇用が会社から保証されているのは、正規雇用の人と変わらないのですが、その期間が違うということです。
非正規雇用の人は更新時期が来たら、会社から雇い止めに遭う可能性も有り、その点が銀行から見ると雇用が保証されていない、すなわち収入が安定していないということになるのです。

銀行カードローンの審査が厳しいのはカードローンの原資が口座開設者からの預かり金だからです。
その大切な預かり金が貸し倒れに遭うわけにはいかないのです。
そういったリスクを避けるために、銀行は保証会社と提携しています。

それによって、銀行カードローンに融資の申し込みを行った人は、銀行だけではなく保証会社の審査も受けることになるのです。
保証会社の役割は、カードローン利用者が銀行に対して返済不能となった場合、残りの債務の全額を保証会社が銀行に対してカードローン利用者に代わって支払います。
そして、その後で立て替えたお金を保証会社が、カードローン利用者(債務者)に請求するのです。

この時点では、すでに債務整理に陥っていますから、そこから保証会社と債務者の間で任意整理の交渉が始まることになります。
そう考えると、銀行はまったくのノーリスクに見えるのですが、返済不能になった以降の返済利息による収益がなくなったのですから、まったくのノーリスクというわけではないのです。
銀行カードローンのデメリットは、即日融資に対応していない点です。

一頃はメガバンクのカードローンを中心に、即日融資やスピード融資を大々的に宣伝していたのですが、現在ではそのような宣伝を見ることはありません。
それは、銀行カードローンに融資の申し込みをすると、警察庁のデータベースにアクセスしなくてはいけないのです。
不正融資を防止するためのものですが、その照会情報を得るのが早くても翌日以降になるので、物理的に即日融資はできないということになります。

そのため、すぐにでもお金が必要というときは、銀行カードローンには頼れないということです。
そのときは、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。

消費者金融会社で借りる

銀行カードローンの審査に通らなかったら、消費者金融会社のカードローンに頼るしかありません。
大手消費者金融会社のカードローンの特徴は、多彩な申し込み方法にあります。
WEBや店頭での申し込みはもちろん、電話での申し込みに対応しているので、多くの人がカードローンに申し込むことができるでしょう。

最近では、WEB完結という申し込み方法が評判になっています。
これは、郵送物が自宅に届かずWEBのみで、融資までが完了する申し込み方法なのです。
郵送物が届かないのですから、家人に怪しまれることもありません。

そして、メガバンクと提携している大手消費者金融会社でしたら、提携しているメガバンク行内の自動契約機を利用して、カードローンの申し込みをすることができます。
そして、何よりも大手消費者金融会社の特徴となっているのが、全国各地に設置されている無人契約機です。

24時間365日稼働しているので、いつでもカードローンの申し込みをすることができます。
即日融資にも対応しているので、当日22時までに申し込み手続きを終えて審査に通ることができれば、すぐにローンカードが発行されるので、最寄りのコンビニATMでキャッシングすることができます。

消費者金融会社のカードローンの審査基準ですが、緩いとはいっても、消費者金融会社の中ではもっとも厳しいものです。
返済の延滞歴などがあれば、審査に通ることはできないでしょう。

中小消費者金融会社と街金

消費者金融会社は、知名度の高い大手消費者金融会社だけではありません。
というよりも、2千社近くある消費者金融会社のほとんどを中小消費者金融会社と街金が占めているのです。
審査基準は、大手消費者金融会社よりも緩くなっています。
ですので、属性が低くても借りやすいでしょう。

専業主婦なども、配偶者貸し付けなどを利用して借り入れができると思います。
無職となるとさすがに収入がないので、借り入れはできないので、なんらかの職に就いておく必要はあります。
中小消費者金融会社は業容が広く、上は大手並にカードローンを扱っている中小消費者金融会社もあります。

おまとめローンに特化した中小消費者金融会社もありますし、法人向け専門の貸金業者もいます。
それぞれが何かに特化して貸金業を営んでいるのが、中小消費者金融会社といえるでしょう。
そうなると、街金はどうなのかというと、町の貸金屋といった風情で、地域に特化した貸金業を営んでいます。

ですので、対外的に宣伝する必要もないので、ホームページなども開設していません。
ですから、店舗を訪ねようと思えば、電話と住所を頼りに探すしかないのです。
融資額も少額で10万円程度が多くなっているのが特徴で、審査にも通りやすい反面、貸出金利は上限金利の20%となっていることが多いです。

ブラックでも借りることができる?

消費者金融会社のローンを語るうえで避けて通れないのが、ブラックでも借りることができるのかということです。
債務整理に陥って金融事故情報が信用情報機関に記録されてしまえば、れっきとしたブラックですから、そういった人は銀行カードローン、大手消費者金融会社のカードローンを借りることはできません。

また、クレジットカードの新規作成もできなくなります。
クレジットカードも最初のうちは使えるかもしれませんが、更新されないので、いずれは全てのクレジットカードが利用できなくなるのです。

また、多重債務者も返済不能一歩手前ということで、お金の借り入れはできないでしょう
以上のことは、返済能力を重視する金融機関や貸金業では当然のことです。
それでも、ネットでは、ブラックでも借りることができたという口コミが多く見られます。

実際にどうなっているのかというと、ブラックでも借りることができた貸金業者は一部の中小消費者金融会社と街金でしょう。
そういった貸金業者は、信用情報機関に照会するのではなく、独自審査を行っているところです。
独自審査というのは、信用情報機関を通さずに、現在の属性のみで審査をしています。

そのため、電話による在籍確認が取れること、現在の収入を証明できる収入証明書を提出することができることができたら、審査OKとなるのです。
具体的には、しっかりと働いていることが証明できれば、融資を受けることができるということです。

もともと、ブラックの人にはお金を貸してはいけないという決まりがあるわけではありません。
もっとも、ブラックになって債務整理に陥ったということは、多大な迷惑を金融機関や貸金業者にかけているので、社会的な制裁の意味が強いのです。

中小消費者金融会社や街金などは、そういったブラックになって迷惑を被っていないところでは、内容に関係なく、独自審査によって問題ないと思えば融資をしてくれるということですね。
ブラックでも必ず借りることができるというわけではないので、その点には注意が必要です。

街金に相談してみる

ブラック以外でも、消費者金融会社には総量規制という規制があります
年収の3分の1までしか借りることができないというものです。
年収300万円の人でしたら、100万円の借り入れをしたらそれ以上借りることはできません。


もっとも100万円も借りていたら、毎月の返済額もそれなりにはなるでしょう。
ということは、5万円程度返済していたら、約5万円の借り入れが可能となるのです。
街金の場合は、そのあたりがアバウトであり、さらに融資金額も上限相場が10万円程度となっています。

ですから、街金の場合は総量規制を気にすることなく10万円程度でしたら誤差の範囲で借り入れができるということです。
また、目的ローンは総量規制対象外ですから、なんらかの理由を付けて借り入れをすることも可能です。
そういったところは街金に相談してみるといいでしょう。

ネットの声

「長崎のアイアムさんは連絡しますって言われたままシカトされたな...。」

「アルコシステムいけました、ありがとうございました。契約までスムーズで対応もよく、在籍確認も柔軟だし、とにかくメールから入金までが、おそらく最も早いと思います。ネットの評判だと最近契約率1%くらいって書かれてたけど、俺が通るくらいだからそれはなさそうですw」

「アローはCICの情報もしっかりしてるからちゃんと仕事していると思われる。つまり審査が案外、厳しい。」

はっきり言って街金は借りやすいです。しかし、働いているのが最低条件ですよ。

おすすめの記事