10年以上の所有もあたりまえ…クルマの寿命が伸びてるよ
Hands of young professional mechanic in uniform writing on clipboard against car in open hood at the repair garage. Maintenance service concept.

伸びる車齢、1台のクルマに長く乗る時代へ 所有方法も多様化

自動車検査登録協会が発表していね自動車保有動向によれば、2020年の平均車齢は乗用車で8.72年でした。

これは10年前より1.16年延びており、1台のクルマに長く乗り続ける人が増えているのです。

所有方法もそれに合わせて、購入から個人リースまで多様化しているようです。

かつては車検ごとに乗り換えも

かつてクルマは、新車から3年目の車検で乗り替える人がいるなど、所有している時期が非常に短かいものでした。

その後も5年程度で乗り替える人が多くいたのですが、今では8年での乗り替えが主流となっているようです。

この平均車齢は、新車販売台数が減り、クルマが長く使われると、高齢化が進んでいます。

逆に新車販売が増え、高齢のクルマがスクラップや海外輸出されると若返るのです。

クルマの性能が上がったことも要因

車齢が伸びた要因には、高額な出費が必要なことから、買い替えが生活を圧迫することも考えられるのですが、クルマの性能が上がり、故障しにくくなったこともあるでしょう。

とはいっても、定期的に整備しなければ、出来が良くなったクルマといっても長持ちはしません。

そのためクルマ保有のためにはそれなりの経費が掛かるのですが、そのことを嫌い、リースを選ぶ人も増えているのです。

リースであれば、毎月のリース料に点検や車検費用まで含まれているため、計画が立てやすいでしょう。

しかしリースは自分のクルマではなく、あくまでも借り物のため、クルマ好きにとっては利用しがたい面もあるのです。

車検時は10万円以上の出費も

一方自分でクルマを購入して所有する場合、車検が新車からなら3年、それ以降は2年毎に訪れて、その都度10万円から15万円程度の出費が必要となります。

そのため次回の車検前に乗り替えようと考える人もいるのですが、結局乗り替えの費用と車検代を比べると、乗り続けることを選ぶ人も多いのです。

リースを選ぶ場合も自分で購入する場合も、維持費のほうがクルマを買い替えるより安く済むようになったことが、車齢を伸ばしているといえるでしょう。

リースで長く乗るか、それとも自分で購入して好きなように乗るかはユーザーの考え次第。

長く乗り続けることを考えた場合、リースアップ後に問題となる乗り方を指摘されることもあるでしょう。

それを考えると、自分のモノになる購入のほうが安心であると感じるのは、既に古い考えとなったのでしょうか。

おすすめの記事