給油キャップレスが普及しないのはなぜ??

車へのセルフ給油があたりまえとなった現在において、なくならないのが給油キャップの閉め忘れ…。そうなると外車などによく見られる給油キャップレス車ですが、日本車には普及していません。それは一体どうしてでしょうか。

商品力につながらない

結論から先に言うと、国産車で給油キャップレス車が普及しないのは、商品力に繋がる差別化…とまではいかないのが大きな理由です。

車にガソリンや軽油を給油する場合、作業といえばフューエルリッドを開けて、キャップを外し、給油ノズルを刺してレバーを引く…これが一連の作業になります。


そうなると、面倒なのが給油キャップを外すことです。

最近の車の多くは、キャップがボディ側と樹脂製コードなどでつながっていることが多いので、失くしてしまうことやキャップの閉め忘れは少なくなったといっていいでしょう。

それでも、閉め忘れといったミスは起こりがちです。

そこで、給油のときにキャップを外さなければいいだろう…ということで生まれたのが「キャップレス給油口」。

仕組みは、給油ノズルを差し込むとバネなどによって閉じられているフラップが開き、ワンタッチで給油が開始できるアイテムです。

セルフ給油の歴史が長い米国で販売されている車に採用例が多く、後付けでキャップレスにできるパーツも販売されています。

いっぽうで国産車の場合、キャップレス車の採用例は少なく、ホンダレジェンドと日産セレナくらいしかありません。

一度使うと、誰でもキャップレス給油の便利さに気がつくのですが、日本で普及に弾みがつかないのはどういった理由なのでしょうか。

実際に、キャップレス車に乗っている人の体験談ですが、給油のたびにキャップを外したり、締めたりといった作業が不用になるのは想像以上に手間を省くことになることを実感したそうです。

使い始めの頃は、「ガソリンが漏れて臭ったりするとイヤだなあ…」と思ったそうですが、純正車でも後付けパーツでもそういった問題は皆無のようです。むしろ、ガソリン給油時のキャップの閉め忘れがなくなるというメリットのほうが大きいのです。


このように利便性は高いのにどうして国産車では普及しないのか不思議ですね。

日本人が好きなギリギリ満タン

商品力につながらないという理由の他にもうひとつの理由は、日本のユーザーの多くに「ギリギリまでガソリンを満タンにしたい」というニーズがあるのは間違いないでしょう。

フラップ式のキャップレス給油口では、基本的に給油機が自動停止してからの継ぎ足しはできません。というのも理由は簡単で、中の様子がほとんど見えないからです。

通常のキャップ型であれば、給油パイプの中を覗くことができるので、自動停止してから少しずつ継ぎ足しできます。しかし、フルサービス給油では、給油レバーを微妙にコントロールしてギリギリまでガソリンを給油する光景を見ることもあるでしょう。

そういったギリギリ満タンを望むユーザーにとってはキャップレス給油というのは、それほど重宝するものとは思えないというのが本音でしょう。

しかし、ギリギリ満タンのメリットはそれほどありません。せいぜい次の給油までの距離が少し稼げる程度のものでしょう。それによって燃費がよくなるわけでもありません。よほど一回の給油での航続距離にこだわっていなければ、むしろナンセンスな行為と言えなくもないのです。

手が汚れないメリットのほうがありがたいが

雨の日のセルフ給油でもキャップレス給油となると、キャップに触れないでいいので、手が汚れづらいのはもちろんのこと、手や袖口にガソリンの臭いが付きづらいのも大きなメリットと言えます。

合理的に考えればキャップレス給油口にしない理由はないと言えるのです。ボルボやキャデラックがキャップレスを採用しているのは正にそういった思考によるものでしょう。

もっとも、どんなに合理的であっても、変化を好まない人は少なくないものです。できていたことができなくなることへの反発もあるでしょう

メリットといっても、給油時におけるキャップの着脱の手間が省けるかどうかという程度だと考えると、冒頭での述べたようにそれが商品力につながるほどの差別化とはいえないのです。

ユーザーニーズがそれほど高くなく、国産メーカーが採用しないのもその一点に尽きるといってもいいでしょう。

ネットの声

「私のように、単純にキャップレスを知らない人も一定数いるのではないかな。すごく便利そうでオプションでもいいからつけてみたい」

「今現在使用されている燃料タンクやキャップの生産ラインが有るからでしょ。入れ替えたらそれだけでも莫大なコスト掛かるし」

「これで差別化はでき無いから。単にそれだけ。週末ドライバーが月一回の給油の時にキャップ外すか外さないかを気にして車種を選ぶわけがない」

単にメリットを多く感じないといったことでしょうか。

おすすめの記事