やってはいけない…クルマに関する危険な操作

軽はずみでお試し厳禁!! クルマにまつわる危ない疑問

クルマの運転に危険は付き物だ。事故することもあれば、クルマが壊れることもあります。

そのいっぽうで、走行中にエンジンをきったらどうなる…といったちょっと危ないけど、クルマがどうなるのか疑問に思えることはいろいろあるのです。

走行中にエンジンを切る

昔は燃料節約するエコドライブとして、下り坂や赤信号になる直前、走行中にエンジンをカットするドライバーもいると聞いたものですが、走行中にエンジンを切るのは、危険を伴うのでクルマが暴走した時以外は御法度です。

では、実際にどうなるのか…

当然ながらアクセルが効かなくなります。

エンジンが止まることで油圧や電動のアシストが作動しなくなるため、パワステが効かなくなるのです。

パワステがなくても操舵することはできますがかなりの力が必要。

パワステなしの重いステアリングで、パニックになることも充分にあります。

そしてブレーキ。

ブレーキの踏力をアシストしてくれるサーボは、エンジンが切れた状態でも2~3回踏む程度のアシストは残っています。

しかし、それ以降はフットレストを踏んでいるのかというほどブレーキが重くなり大きな踏力が必要になるのです。

ノンアシストのステアリング、ブレーキとも急な飛び出しなどに対して即座に対処できるレベルではないので非常に危険。

現在はエンジンのオン/オフはスターターボタン式が主流になっています。

しかし、昔ながらのキーを捻るタイプのクルマの場合は、走行中にエンジンを切る時に一気にキーを捻るとアクセサリーポジションを飛び越えてロックポジションとなってしまいます。

そうなると、ステアリングロックされて操作不能になるので特に注意が必要です。

パーキングブレーキをかけたまま走り続ける

これは故意でやる人はいないと思いますが、意外なほどウッカリやってしまいがち。

特にレンタカーなど自分のクルマではないクルマを運転する時は要注意です。

パーキングブレーキをかけたまま、つまり解除せずに走行すると、リアのブレーキが効いた状態なので当然加速が鈍くなるし、燃費も悪化します。

そんな状態で走行を続けると、ブレーキが過熱してフェード状態になったり、ベーパーロック現象の原因にもなり、ブレーキの利きが悪くなります。

この頃には車内にも焦げ臭いが侵入してきているはずです。

さらに走行を続けるとブレーキ系統が壊れる可能性があるだけでなく、最悪のケースはブレーキの過熱がさらに進行して発火(車両火災)の恐れもあるのです。

パーキングブレーキが作動したまま走行すると、メーターパネルに『!』マークのブレーキ警告灯が点灯されるので、要確認。

オイル警告灯が点灯しても放置

オイル警告灯は、ひどくオイルが減っている、ポンプ系のトラブルなどにより油圧が非常に低下していて危険な状態にある場合に点灯します。

クルマにはさまざまな警告灯があり、ドライバーにピンチ状態にあることを知らせるのですが、

オイル警告灯は点灯した時点でかなりまずい状態にあることが多いため、速やかにクルマを安全な場所に止めるのが得策です。

そのオイル警告灯が点灯したまま走行するのは自殺行為以外何物でもなく、しまいにはエンジンは焼き付いてしまうのです。

エンジンが焼き付くと修理代はかなりのレベルになるでしょう。

あの時止まっていれば、と思っても後の祭り。

後悔先に立たずです。

そうならないためにも、クルマの警告灯を見落とさないようにしましょう。

タイヤの空気圧が指定より低い、あるいは高い状態で走行

まずタイヤの空気圧がかなり低い場合。

メリットとしては乗り心地がよくなることもあるのですが、度を超すとグニャッという乗り味となり、決して気持ちのいいものではありません。

いっぽう燃費の悪化、タイヤの偏摩耗、タイヤがヨレることでタイヤがホイールから外れてしまうリム落ちなどデメリットが多いのです。

最も顕著なのはタイヤがつぶれる感じとなり、ステアリングを切ってからの反応が鈍くなるのは見逃せないポイント。

緊急回避などの場合にはこのレスポンス遅れが命取りとなることもあります。

またスピードが高い場合や、乗員、荷物などにより重量が増しているとタイヤのバーストの危険性も高まります。

近年はタイヤのパンクが事故が増えていて、タイヤの空気圧が低い状態で運転していることは大きく影響しています。

タイヤの空気圧は自然に月間5%程度低下するともいわれていますので、ケアが必要になります。

では、指定空気圧より高い場合はどうでしょうか。

タイヤの空気圧を高くすると燃費がよくなることは燃費レースなどでも実証ずみです。

いっぽうで、クルマが跳ねるような挙動となったり、路面の凹凸がシビアに車内に伝わるなどにより乗り心地が悪くなる傾向にあります。

また、タイヤの中央が偏摩耗することもある。

今では指定空気圧が250kPa前後のクルマも増えていますが、乗用車の許容最大空気圧と言われる350kPaに対してまだ余裕があります。

指定空気圧の5~10%高いのは充分に許容範囲と言っていいでしょう。

タイヤ空気圧が350kPaを超えると非常に危険ですが、タイヤの空気圧が高いのは、タイヤの空気圧が低い場合のようなバーストの危険はありません。

ただし、クルマの挙動、操縦性は変化するので、闇雲に高くするのはご法度です。

ネットの声

「とにかく思うのは、一般ドライバーの運転技術、車の知識がドライバー間で差があり過ぎる。自分はおかしな運転をする人は顔を見る様にしているが、あーなるほどっていうのがほとんどだね。自分の車の事しか考えていないというより他の車の事を考える余裕がない人ばかりだね。1番の問題はほぼ100%に免許を与えてしまう事。運転に向いていない人、資質がない人は必ずいるんだから、そういう人には免許を与えない事。どんな理由があるにしても人を殺傷する可能性がある車を運転するんだから。」

「最近、警告灯の意味を分からずに運転している人が多いのでは?と感じる。例えばずっとハイビームのまま走っている人いますが、ロービームとハイビームの警告灯が違うことを分かっていないのでは?(メーターを見ていないだけかもしれませんが)免許を持っている以上知っているべき知識ですが、車が当たり前のものになりすぎてそういう意識が乏しい人が多くいるのも事実です。」

「車の性能が向上し、簡単に運転できるようになり、車を便利道具くらいにしか思ってない人が増えたと思います。
車に興味がないから当然メーター周りの知識は無いでしょうし、確認もしてるかどうか...。
自分の車が突然故障して、部品が外れたり、ブレーキが効かなくなったり、オーバーヒートしたりした時に周りの車や歩行者を危険にさらすかもしれません。安全運転と言うのは、運転技術もありますが、それ以上に、自分の車の状況を知り、周りの状況を把握することだと思います。
自分で修理できるようになれとは言いませんが、自分の車の警告灯の意味を知り、それを点灯させないように気を配る位の意識を教習所でもっとしっかり教えてから、免許を取れるようにしていって欲しいものです。」

誰しもが「やったらどうなるんだろ…」と思ったことですね。

おすすめの記事