誰もがお金を借りるとなったら銀行カードローンを利用したいと思っています。
それはもちろん金利が低いからなのですが、もう一つの大きな理由が世間体ですね。
借金でも銀行からお金を借りているということでしたら、それほど恥ずかしい感じではありません。

銀行カードローンで借りる

それが消費者金融会社からお金を借りているということになると、債務整理に陥ったのではないかと勘ぐられるくらいのことになるのです。
そういった情報はすぐに周りに広まりますから、できることなら消費者金融会社からお金を借りているということは伏せておいたほうがいいでしょう。
そのため銀行からお金を借りたほうがいいのですが、銀行からお金を借りるとなると信用情報が大切になります。

属性とも呼んでいるのですが、属性が低いと銀行カードローンに申し込んでも審査落ちとなってしまうのです。
一般的に銀行カードローンの審査は厳しいです。
消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンも厳しいのですが銀行カードローンはそれ以上の厳しさとなっているのです。

それでも正規雇用であり、他社借入れがなければ問題なく融資を受けることができるでしょう。
もっとも、正規雇用の人でも勤続年数が短い人は審査に落ちることもあります。
借入れを分割で支払う場合の分割審査も銀行の審査は厳しくなっているのです。


※銀行の貸付残高が増えているのは総量規制対象外が影響しています。

ですから、銀行からお金を借りるのでしたら、パートアルバイト、他社借入れがある人は銀行からの借入れは難しいかも知れません。
ブラックの人でしたら銀行から借りることは不可能です。
他社借入れがあるかどうかというのも、カードローンの申し込みの際に信用情報機関に照会することで借金がどれくらいあるかということがわかります。

それは消費者金融業者のカードローンでも同様です。
ですから、まずお金を借りるのでしたら可能性を信じて銀行カードローンの申し込みをするといいのですが、パートアルバイトあるいは他社借入れが3社以上ある場合はあきらめたほうがいいかもしれません。
他社借入れが多いと大手消費者金融会社からの借入れも難しく中小消費者金融会社に頼るケースもあるかもしれません。

銀行カードローンの審査が厳しいのは、消費者金融会社と比べて総量規制の対象外でいくらでもお金を借りることができるのが大きな理由となっているのです。
総量規制というのは年収の3分の1までしか借りることができないという規制で、これは消費者金融会社のカードローンなどが規制されるものです。
銀行カードローンは規制の対象外となっているので、銀行からお金を借りる場合はできるだけ多く借りようということで多額の融資の審査となります。

こうなるとなおさら安定した収入ではない非正規雇用の人には審査のハードルが高くなっていくのです。
また、銀行の融資の審査が厳しいのは顧客からお金を預かっているということも大きな理由の一つと言えます。

お金を預かっている以上、貸付けについて焦げ付きを起こす恐れのある人にお金を貸すわけにはいかないということですね。
そのため安定した収入とはいえない仕事であるパートアルバイトの人が審査に通ることは難しくなっているのです。

消費者金融会社のカードローンで借りる

銀行カードローンの審査に通らないとなると、お金を借りるところは消費者金融会社のカードローンということになります。
多くの人は貸金業者ですから、金融事故を起こした人でもお金を借りることができると考えていることでしょう。
それは認識が大きく誤っています。

特に大手消費者金融会社の多くは銀行の傘下にあるので、審査は銀行並とはいかないまでもかなり厳しいものとなっているのです。
ですから、金融事故を起こしている人はもちろんですが、個人信用情報機関に照会して、他社借入れが多い人や滞納履歴のある人などに融資をすることはないでしょう。
金融事故というのはブラック状態にある人も金融事故情報として個人信用情報機関に登録されています。

ですので、大手消費者金融会社のカードローンの審査基準が高い理由として銀行グループの傘下に入ってることが大きいです。
さらに、貸したくても総量規制にすでに引っかかっているくらいお金を借りているケースもあるので多少でも返済しておかないと、貸したくても貸せないということになってしまうのです。
ですから、返済も滞納がなくきちんと行っていても消費者金融会社のカードローンのキャッシング審査に通らないというときは、総量規制に引っかかっている場合が多いです。

返済金額を多くするなどして、総量規制にかからないようにする方法が肝心となります。
大手消費者金融会社で審査に通らない場合は、さらに規模の小さな中小消費者金融会社のローンに頼ることになりますが、組織がしっかりしていないところもあるので個人情報の漏洩には注意したいところです。
そして、ネックなのがカードローンでお金を借りたいと思うと中小消費者金融会社の中には大手消費者金融会社並の大きな中小消費者金融会社もあります。

そういった貸金業者であれば、カードローンといった金融商品が用意されていて、ローンカードが発行され全国の銀行やコンビニのATMで入出金が可能となりますが、それも一部の中小消費者金融会社のみで大半の中小消費者金融会社ではカードローンを取り扱っていないところが多いのです。
そしてカードローンは計画的に返済していかないと、返済のために利用限度額内で借入れをしてそれを返済に充てるようなことを繰り返すといつまでたってもローンの返済ができません。

それが続くことで返済能力がどんどん小さくなっていき、さらに新たな借金をしなくてはいけなくなるのです。
その点がカードローンの大きなデメリットと言えるでしょう。

カードローンの審査に通らないとなると

銀行カードローンはもちろん、大手消費者金融会社や中小消費者金融会社のカードローンの審査に通らないとなるとどうしたらいいのでしょうか。
カードローンの審査に通らない自体、かなり属性が低くなっていることでしょう。
在籍確認の電話をしても確認できない場合は審査に通ることはありません。

特に派遣社員の場合は在籍確認の電話が難しい場合が多く、連絡が取れるような形や他の方法で在籍確認できる方法を事前に消費者金融会社の相談窓口で相談しておいたほうがいいです。
15分といった審査最短を売りにしている消費者金融会社もありますが、お金の額が低い場合は審査に通る可能性が高いです。
属性が低くなると審査に通ることがあっても、借入限度額がかなり低く抑えられる可能性もあります。

50万円借りたいといった申し込み者に対して10万円が借入限度額といった場合もあるのです。
他社借入れが多い、あるいは滞納歴があると行った場合は、カードローンの審査に通ることはないでしょう。
そうするとどうしたらいいのかというと中小消費者金融会社や街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社では、そういった人にも融資をしてくれるところがまだまだたくさんあります。

そういった貸金業者を探すようにしましょう。
そのような貸金業者では、任意整理に陥った金融ブラックの人でもお金を融資してくれるところがあるのです。
また、携帯やスマホを持っている人は携帯会社のショッピング枠を利用してお金を借りることができます。

ショッピング枠の現金化を主に行っている業者が存在するのです。
クレジットカードのショッピング枠の現金化と同じ仕組みですね。
お金がどうしても必要な場合は現金化も奥の手として考えてもいいでしょう。

街金から借りる

カードローンの審査に通らないのは、属性がかなり低くなっていて、信用情報機関に照会しても滞納歴などネガティブな情報しか得られないので信用情報機関を利用しない、独自の審査で融資を行っている街金などから借りるのが最有力となるのです。
街金というのは多くの人には馴染みがないかもしれません。

昔ながらの質屋が転身して街金になったケースもあります。
いわば、販売系で言うと駄菓子屋のような気軽な存在が、貸金業者の中の街金と考えてもいいでしょう。
本来なら気軽に入れるお店なのですが、街金の場合はどうしてもネガティブな印象があるのは、闇金と間違えられることもあるからでしょう。

貸金業者であれば、必ず貸金業協会の会員になっているので会員証があります。
また営業するためには都道府県知事の許可が必要になるので許可証もあるのです。
この会員証と許可証はお店を訪ねると見やすいところに掲示されています。

闇金の場合は非合法ですから、そういった会員証や許可証などはありません。
しかし、偽造している場合もあるので、本物の会員証や許可証がどういったものかなどを事前に調べておいたほうがいいでしょう。
街金の場合は、多重債務者の人はもちろん金融ブラックの人でも融資を受けることができるところもあります。

そういった情報は口コミサイトなどから得るようにしましょう。
そういった関係のサイトでは、名前入りでブラックでも借りることができたという情報であふれています。
どこも貸してくれないときはそういった情報を頼りに街金を探してみるのも一つの方法です。

どこも貸してくれないときは

街金でも貸してくれないというときは、属性が相当低くなっているときでしょう。
ブラックでも借りることができるという街金ですが、一つこだわっているのが、返済能力です。
ですから、無職の人にはお金を貸しませんので、申し込みを受ける際は在籍確認が電話でしっかりと取れることを重視しているのです。

ですから、無職ではなく定職につくのが一番いいのですが、連絡のとれるパートアルバイトを探すようにしましょう。
また流行りの個人間融資掲示板ですが、貸金業者が介在していることが多く、通常の街金に出向くよりも融資を受けやすいとされています。
文字通り個人間で融資を受けることもできるようですから、闇金などの非合法の貸金業者につかまらないように上手く立ち回って融資を得るようにしましょう。

もっとも、胡散臭いところが多いですから、個人間融資を積極的に利用することはせずに、最後の手としておくことが大切です。

おすすめの記事