ガソリンかディーゼルか、自然吸気か過給か、あるいはハイブリッドか……クルマの動力として消えゆく運命にあるのは何か? 

占いでもなく、人気でもなく、それぞれの動力の機械的持ち味を活かせなくなれば、やがて淘汰されていくことになるのです。

非電動化エンジンは有害物質の排出量が課題に…

ディーゼルエンジンの持ち味は、高い圧縮比による効率の高さ、すなわち燃費のよさです。

ことに欧州では小型車に多く利用され、庶民の足として永年活躍。2000年前後からは上級車種にもディーゼルターボが波及し、燃費のよさと大トルクで高速走行を実現してきました。

ところが欧州で、二酸化炭素(CO2)の排出量規制が強まり、同時にまた排出ガス浄化の規制も強化されることにより、ディーゼルエンジンの持ち味を活かせない情勢になったのです。

燃費と排出ガス浄化を両立させるうえで、ディーゼルの極端な高圧縮比は排ガスの性状を悪化させるので、

マツダは解決策として圧縮比を下げることをSKYACTIVで行っています。

それが、世界的な傾向でもあるのです。

ガソリンエンジンは、同じくマツダがディーゼル同等とまではいきませんが、これまで不可能と考えられてきた高圧縮比を実用化しました。

適切な排気量と高圧縮比によって、燃費を大きく向上させたのです。

しかも、ターボチャージャーなどの過給機を装備しなくてもよく、原価低減にもつながっています。

排ガス浄化に課題

しかしながらガソリンエンジンも、燃費の向上と高圧縮比による出力の向上を行う上で必要となるガソリン直噴(筒内=シリンダー内へ、燃料を直接噴射する)技術を用いると、

ディーゼルと同じように排ガス浄化に課題を抱えるようになりました。

ディーゼル特有の有害物質であった粒子状物質(PM)を排出するようになったのです。

将来的にガソリンエンジンも排ガス浄化の後処理装置に原価が上乗せになる懸念も生じます。

欧州では、すでにガソリンエンジン用のGPF(ガソリン・パティキュレート・フィルター)の装備が行われているのです。

そのうえで、欧州のCO2排出量規制は、2021年からエンジン車だけでは達成できない燃費性能が求められるようになります。

電動化しなければ基準を満たせないのです。

となると、小排気量のガソリンエンジン以外は、エンジンだけでのクルマは生き残りにくくなるでしょう。

メーカーの思惑よりも消費者の価値観が左右する

ハイブリッド車(HV)は、トヨタが初代プリウスで挑戦したように、排ガス浄化に優位性を持つガソリンエンジンとモーターを組み合わせることで、

エンジン車の2倍の燃費性能を達成することで成果を上げてきました

しかし米中では、電気自動車(EV)の強制的な市場導入策が採られている。いずれHVからEVへ移行していく必要に迫られるでしょう。

自動車メーカーは、規制により一定の電動化を果たさなければならないとの見解でいますが、新車を買うのは消費者です。

政策的な強制力とは別に、HVを含む電動化されたクルマより、EVのほうが魅力的だと感じたとたん、消費者の目は一斉にEVへ向かうことでしょう。

携帯電話がスマートフォンに切り替わったのも、スマートフォンの魅力と通信における可能性の広がりに消費者が気づき、

よさを感じたからこそ、大きなうねりになったのです。

同じように、クルマの動力も、政策やメーカーの思惑だけで市場占有率が動くのではなく、消費者の価値観がいつ転換するかによって一気に変わっていくはずです。

それぞれの動力の持ち味が発揮できなくなるなかで、消費者が新しい価値に喜びを感じたとき、いずれの動力が将来を担うかが確定することになるのです。

ネットの声

「レシプロエンジンの使用禁止が法律で決められたら考えるわ。新車で発売されなくなったとしても、中古車を乗り継いででもレシプロエンジンに乗る続けるわ。ま、自分の生きているうちは全て電気自動車にするなんて無理だと思うけど。」

「簡単にEVには変わらない。充電をどこでやるのか?自宅に駐車場があり充電機器があればまだしも、マンションなどの集合住宅は無理。
イオンやPAなどはいつも満車だし、時間がかかる。遠出も難しい。」

「電気自動車なんて、増えないですよ。
先ず、充電の電気自体の絶対量が足りない。
カリフォルニアで、電力不足からテスラが昼間充電するなと言ってましたよね?。みんな電気は湧いて出てくると勘違いしているんじゃね?そんな事有りません。そもそも全ての自動車が電気自動車になったら電力量が全く足りません。今ですら危ういのにねー。震災の時に電力不足だったのを忘れてませんか??太陽光発電とか、妄想して居る方もいるが、設置したら一生発電するとか勘違いして居るんじゃね?」

ハイブリッドを進化させていくのが最善かと思います。電気は無尽蔵ではありません。

おすすめの記事