断る人が珍しい…クルマのフロアマットが標準装備されない理由って何?

ほぼ全員が付けるのにナゼ? クルマの「フロアマット」が「標準装備されない」理由をディーラーマンに直撃!

世のなかのほとんどのクルマに装着されているフロアマット。

これだけ装着率が高いのなら、標準装備にすればいいのに、なぜか長年ディーラーオプションで、

新車購入時には営業マンからドアバイザーとナンバープレートフレームとセットで購入をすすめられることが多いのですが……。

値引き交渉の材料としても重宝している

ドアバイザーやナンバープレートフレームは、サクッと断ればOKですが、フロアマットをオーダーしない人は少数派です。

そう考えると標準化してもいいと思うのですが、なぜオプション扱いなのでしょうか。

以前、日産のディーラーマンにそのことを聞いてみると、次のように教えてくれました。

「フロアマットが標準化されないのは、車両価格に影響するからでしょう。フロアマットの価格はスタンダードタイプで1台分で2~4万円。高級車のものなどは10万円近くするのもあります。フロアマットがなくてもクルマは走りますし、性能には影響がありません。しかも外から見えない部分ですし、それを本体価格に上乗せするのは得策ではありません。本体価格は安いほうが、購買意欲につながりますし、オプションのほうが値引き交渉の材料としても重宝しています。」

社外品はさまざまなバリエーションを揃える

中古車でもフロアマットを新品にすると車内のリフレッシュに効果的です

たしかにラーメン屋でもスタンダードなラーメンが安いとお店に入りやすいのですが、

けっきょくトッピングを追加すると、他所のラーメンと値段は変わらないということはよくあること……。

ディーラーオプションは、ダイレクトにディーラーの売り上げになりますし、トッピングで儲けるのと同じアイディアだったのです。

もちろんオプションにすることで、装着しないということも選べますし、社外品を購入するという選択肢が増えるのも大事な要素です。

社外品をオプションにするメリット

かつては社外品=汎用タイプというイメージがあったのですが、最近では車種別タイプの社外品のフロアマットも珍しくありません。

色や素材が選べたり、高級品からベーシックなもの、そして汚れや水に強いアウトドア用のものまでいろいろ選べるからです。

また、ディーラーオプションと同等のクオリティでも、よりリーズナブルなものもあり、けっこう魅力的。

そういった意味で、フロアマットがオプションなのは、メーカー、ディーラー、そしてユーザーにとっても、メリットは大きいと思っていいでしょう。

余談ですが、中古車の場合、フロアマットを新品にすると、車内のリフレッシュに大きな効果があるのでけっこうおすすめ。

純正品が廃版になっていても、上記のように社外品の専門メーカーから、現行車以外のフロアマットを購入することができるので大丈夫です。

価格も手ごろなものが多いので、気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

ネットの声

「オプションって言っても、最近の車両は足元の内張りがフロアマットの端が入りこむ作りになってるから、明らかに不格好になるんだよね。フロアマット前提の形状になってる。それこそミニバンなんかは車内を歩こうとするとつまずきそうになるくらい隙間があったりする。
それでオプションって言われても、つけなくても年々と車両価格が上がっているし、ただ単にオプションで売り上げを上げたいだけでしょって思う。」

「昔はフロアマットも純正なんて付けなかったなあ。市販品の絨毯みたいなフサフサなマットを買ってきて敷いてけど、汚したくないから土禁とかにしたのが懐かしい。
今は土禁なんて面倒だし、恥ずかしいのでやらないけど、たまにスーパーの駐車場で靴が並んで置いてあるのを見て笑ってます。」

「ディーラーの本社の女性社員が集まって女性向けの車種のフロアマットを試行錯誤してオリジナルで販売してる所あるそうだ。価格は純正と同じらしい。で、それを装着した人が、車をネットとかでアップしたら問い合わせがかなりあったそうだ。販売会社でそういった販促してるのにビックリした。販売店オリジナルオプションとか他にもあっていいと思う。」

自分で用意する人も少なくないようです。メーカーの純正品のほうがしっくりくるのですけどね。

おすすめの記事