クルマにタコメーター付いてる?レッドゾーンの意味を再確認

「赤いエリア」まで針が行くと壊れる? クルマのタコメーターの「レッドゾーン」の意味とは

運転中、車両の状態がどうなっているかをドライバーに知らせるためのインターフェースがメーターです。

装備するメーターは、車両のタイプによって違いはあるのですが、重要度の高い情報はすぐに確認できるよう、視認性に優れた位置や大きさで設定されています。

重要度が高いのは速度計

市販車でもっとも重要度の高いメーターが速度計でしょう。

どのクルマもドライバーの正面に見やすくレイアウトされているのが一般的です(ダッシュボードセンターにレイアウトされる例外もあるが)。

これ以外のメーター、水温、燃料、油温、油圧、電流、電圧、過給圧(過給機付きエンジンのみ)などは正常に機能している状態では一定値を示します。

頻繁に確認する必要がないことから、小型なものとなり、レイアウト位置もドライバーの正面からは外れたところになります。

ところが、スピードメーターと同等の扱いを受けているのが、エンジン回転数を示すタコメーターなのです。

アナログ式の場合は、ドライバーの正面にスピードメーターと同じ大きさにして、ふたつ並べて配置される例がほとんどです。

タコメーターはクルマの性能を有効に引き出すためには欠かせない

エンジン回転はそれほど重要な情報なのか、ということですが、もともとはレーシングカーが発祥となるメーターで、

トルクバンドを有効に使ったり回転上限(エンジン損壊防止)を知るために設けられたものだったのです。

そこから転じ、いまやスポーツタイプの車両には必須の装備となり、マニュアルミッション車のシフト操作と組み合わせ、

クルマの性能を有効に引き出し走らせるためには欠かせないメーターとなっているのです。

ところで、このタコメーターだが、回転上限の領域は赤色でゾーン分けされ、この領域まで使ってはいけない、というメーカーの指示(警告)がされています。

いわゆる過回転(オーバーレブ)によるエンジンの損壊を防ぐためだが、どんな意味を持っているのでしょうか。

市販車の場合だと簡単にエンジンが壊れてしまうことは少ない

結論からいってしまうと、エンジンは過回転させると動弁系、とくにバルブまわりを壊してしまうことが多いため、それを抑制する意味があるのです。

ただし、過回転のさせ方によってエンジンが受けるストレスは違ってきます。

アクセルを踏み込んでいった場合より、シフトダウンを失敗、過回転させたときの方がストレスが大きく、圧倒的に壊れやすいのです。

といっても、市販車の場合、なにかのはずみでレッドゾーンまで回してしまった場合、簡単に壊れるようでは商品の信頼性として問題があり都合が悪くなります。

このため間違ってレッドゾーンまで回しても、その回転域で連続運転をしない限りエンジンが壊れることはありません。

しかし、極限まで性能を引き出して走るレーシングエンジンの場合は、少し意味が違ってくるのです。

危険回転領域(ゾーン)を示すのではなく、ピンポイントで回転上限(ほとんどの場合ピークパワー発生回転の直後)を示すレブリミットとして使われています。

市販車と異なり、ギリギリまで回転上限を引き上げることで最大限の性能を引き出しているため、安全マージン(許容回転域)が考慮されていないのです。

いいかえれば、回転上限までエンジンを回せば最大のパワーが得られる代わりに、その回転数を超すと簡単に壊れてしまうということです。

なお、量産車ではレッドゾーン寸前まで回転を引っ張ってもパワー(トルク感)は頭打ちとなることがほとんどで、決して速い走らせ方ではありません。

AT車(マニュアルモード)ではむずかしいですが、MT車の場合、レッドゾーン寸前までエンジンを回してみればすぐにわかること。

ただ回転だけが上がっているだけで、パワー感(加速感)が鈍っていることに気付くでことでしょう。

ネットの声

「近年、針式のタコメーターが減ってきたし、水温計なんて点灯式になったし、燃料計も液晶表示だし、針が動くメーター好きとしては寂しい限りですわ。」

「ナニも知らない人はエンジンは回さない方が長持ちすると思う人が多いと思う。全開までとは言わないが、それなりに回した方が寿命は長い。寝たきりと適度に運動している人との違いと一緒。」

「レッドゾーンまで回すことあるけど、燃料カットしてそれ以上回らないし、180キロあたりまで来ると燃料カットするようになってるので、ノーマルのままなら壊すことはほぼ無いですよね。逆に、常に低回転で運転してるほうがエンジンにとって良くない。」

自分のクルマの最大トルクが何回転で発生し、そこから回転を上げていったとき何回転(当然レッドゾーン手前の領域)でパワー感が鈍ってくるか…。

有効なパワーゾーンを知っておくと、スポーツドライビングが楽しくなる。これがタコメーターの本来的な使い方ですね。

おすすめの記事