高速道路や山道で、カーブの警戒標識の下に「R=●●m」といった数字が書いてあるのを見たことがないでしょうか。

この「R」とは「radius」の略、つまり半径のことで「R=400m」という標識がある場合、そのカーブの半径の長さが400mであることを意味しています。

数字が小さくなればなるほどカーブがきついことを示す

このような数字を知っても、あまりピンとは来ないのですが、サーキットでいえば20~30Rのコーナーは、いわゆるヘアピンカーブ。

30~90Rぐらいは中速コーナー。

90R以上は高速コーナーといったイメージで、有名な鈴鹿サーキットの130Rコーナーは、かなりの高速コーナーとなっています。

一方、同じ数字でも一般道ではかなり事情が変わってくるのです。

例えば、群馬・長野県境にある国道18号の碓氷バイパスは、ヘアピンカーブと急勾配の連続で知られていますが、カーブの最小半径はR=60m。

『七曲がり』で知られる、神奈川県の箱根新道のヘアピンはR=30m。

このように、基本的には「R=●●m」の数字が小さくなればなるほど、カーブがきついと思えばいいのですが、同じRのコーナーでも、

道幅とカーブ区間の長さ次第でも印象が変わってくるので、この標識からカーブの深さを正確に読み取るのはなかなか容易ではありません。

設計速度によってR=●●mの推奨値が決められている箇所もある

ちなみに高速道路の場合は設計速度によって、曲線半径の推奨値や最小値が定められています。(道路構造令第15条)

具体的には、設計速度120km/hの区間は、R=710mが推奨値で、やむを得ない箇所でもR=570mが最小値。

同じく100km/h区間は、推奨値がR=460m、最小値がR=380m。

80km/h区間は、推奨値 R=280m、最小値 R=230mといった具合です。
(道路構造令第15条は、設計速度120km/h~20km/hまでの曲線半径が定められていて、一般道もこれに則って設計されています)

東名高速でいえば、山間部の大井松田IC~御殿場IC間が、Rの小さなコーナーが続く区間として知られているのですが、

このきついと言われる大井松田IC~御殿場IC間でも、R=1500未満のカーブは58か所。

一番Rがきつい下り線の鮎沢PA付近でもR=300mです。

サーキットでいえば、300Rなんて全開区間で、実質直線扱いになるのですが、高速道路で300Rといえば相当慎重に走る必要があります。

事故多発区間としてNEXCOも神奈川県警も注意を呼びかけている区間です。

なお、東名高速に比べ、圧倒的に『まっすぐな道』というイメージがある新東名は、最小半径R=3000とのこと。

余談ですが、直径4km、1周13kmのサークルトラックを持ち、400km/hクラスの最高速テストが行える、南イタリアの「ナルドリング」の周回路は、R=2013mです。

カーブの緩急の予想を

どれも数字だけではイメージしにくいかもしれませんが、ヘアピンならヘアピン、高速道路なら高速道路で、どこか数カ所自分がよく利用する道のRを覚えておくようにします。

それを基準にして、走り慣れない道でも、Rを示す数字からカーブの緩急を予想できるようになると、余裕を持って安全な速度でカーブに進入できるようになります。

そのためにも、カーブの警戒標識の「R=●●m」という数字は、なるべく意識してチェックすることをおすすめします。

ネットの声

「単にR数値の小さなカーブより、カーブ曲率が変化していくところの方がクセモノですね。徐々に緩くなっていく所は良いが、折り返して逆に進む時は当然、緩いカーブが徐々に急カーブに変わって行くことになる。」

「Rが小さければカーブとしては急になるし、勾配の%が大きければ急坂ってことだし。難しいことより急になればなるほどスピードなどに気をつけろってこと位は理解しててほしい。逆にあんまり意味わかんないひとは気をつけた方がいい。」

「高速道路でR250クラスともなるとなかなかの急カーブ。通行したことのある方はご存知だとおもいますが広島県内の中国自動車道はまさに設計の古さか、沢山ありますよ。アップダウンも5%クラスが多くて。交通量が少ないから急かされることもないのですがね。」

鈴鹿サーキットの130Rは有名ですから、そこを基準点にしたらわかりやすいかもしれません。

おすすめの記事