バイクのチェーンドライブとシャフトドライブ

エンジンによって生まれた動力は最終的にチェーンによって後輪に伝えられる。

後輪が回ることによってバイクは前に進むというのが原理なのだ。

チェーンドライブとシャフトドライブ

バイクタイヤの駆動にはチェーンドライブとシャフトドライブのふたつつの方法がある。

自転車のチェーンと同様にバイクでもチェーンドライブを用いるのが一般的だ。

もっとも、スクーターの中にはチェーンに替えてベルトドライブを採用しているものもある。

原理はチェーンもベルトも同様だ。


いっぽうでシャフトドライブはバイクの中でも一般的とはいえない

使用されているのが、一部の大型バイクのみとなっている。

チェーンドライブが多いわけ

エンジンの動力は、最終的にはチェーンドライブといった二次減速機構によって後輪に伝えられる

エンジンからクラッチ、トランスミッションと経てきた動力は、ここで最終的な減速を行うことから、「最終減速機構」と呼ばれているのだ。

バイクで使われるチェーンドライブは、ギヤのような形をしたスプロケットとローラーチェーンを使う物で、自転車と同様の仕組みになっている。

前後のスプロケットの大きさは、自転車とバイクとでは逆になっていて、トランスミッションの出力軸には小さなスプロケット、後輪には大きなスプロケットが取り付けられている。

このスプロケットの歯車の違いが最終減速比になるということだ。

チェーンドライブのメリットはシンプルであること、さらには軽量、低コスト、スプロケットの交換で減速比が容易に変更できること…。

そのため、多くのバイクで使われている。

加減速の際のショックを和らげ、さらにはサスペンションの上下動によって生まれるスプロケット間の距離の変化も吸収してくれる。

このように、多くのメリットがあるのがチェーンドライブなのだ。

一方でデメリットもある。

チェーンとスプロケットはオイルで潤滑させるため、むき出しのチェーンは汚れやすい。雨の中を走ればオイルが流れてしまう

そのため、頻繁に注油しなくてはいけない。

また、チェーンが伸びやすいのも悩みの種だ。

伸びることでショックを吸収してくれるのだが、伸びすぎてもいけない。

スプロケットも減りやすいため、チェーン調整など定期的なメンテナンスが必要となる。

もうひとつ、チェーンドライブは、ベルトドライブ、さらにはシャフトドライブよりも騒音や振動が大きくなってしまいがちなのだ。

チェーンが伸びるのはどうして?

チェーンはスプロケットとかみ合うローラー、ローラーを左右から挟むように並ぶ内側のローラープレートと外側のピンリンクプレートなどからできている。

外側プレートの両端で頭を出しているのがローラーを貫通するピンと呼ばれる部品。

このピンによってローラーや両側のプレートが連結されているのだ。

チェーンが伸びるのは、このピンやピンとローラーの間にあるブッシュが摩耗するためで、実際はチェーン本体の部品が伸びているわけではない。

伸びが少ないことで知られるシールチェーンはピンとブッシュの間にグリスを封入して摩耗を抑えているのだ。

大型バイクに多いシャフトドライブ

チェーンドライブがいくら優れていても、メンテナンスが面倒でオイルに汚れるのは嫌という人も少なくない

そんな人にうってつけなのがシャフトドライブやベルトドライブだ。

とはいっても、ベルトドライブはスクーター御用達だし、シャフトドライブは少数派となっている。

どうして、シャフトドライブは少数派なのか…。

シャフトドライブは、チェーンとスプロケットの代わりにシャフトとギヤを使うものだ。


ドライブシャフトの先端にあるギヤが後輪側のギヤとかみ合うことで動力を伝える。

シャフトと後輪とでは回転方向が違うので、ベベルギヤを使って回転の向きを90度変えているのだ。

トランスミッション側でも同様だが、縦置きエンジンの場合はここで回転方向を変える必要はない。

そこでBMWやモトグッチなどの縦置きエンジンバイクでは、シャフトドライブを採用することが多いわけだ。

シャフトドライブ機構は、潤滑も万全で、メンテナンスも最小限で済む

耐久性はチェーンドライブの比ではなく、騒音も低く抑えられている

良いことづくめのようだが、重量やコストがかさむことが問題なのだ。

そのため、スポーツ性を重視したモデルや軽量モデルには採用しにくい

発進や加速のときに、テールが大きく持ち上がる癖も気になる人にはデメリットとなる。

そのため、シャフトドライブは重量級モデルの多い、メガスポーツタイプ、ツーリングタイプなどの大型バイクに多く採用されている。

スクーターはベルトドライブ

ベルトドライブは、チェーンをベルトに、スプロケットをプーリーに置き換えたもの。

チェーンよりも静かで重量もグッと抑えることができる。

さらに注油の必要がないので、オイル汚れに心配がないのがメリットだ。

いっぽうで、ベルトはチェーンよりも曲げにくいのでプーリーが大きくなる、さらにベルトの幅が広いために場所をとる、コストもかさむといった具合にデメリットも少なくないのだ。

スクーターにはVベルトドライブのオートマチックが採用されている。

これは、プーリーとプーリーをつないでいるベルトが、一般的なバイクではチェーンがある場所になる。

しかし、このベルトはチェーンドライブのような二次減速機構ではない。

リヤのドリブンプーリーは後輪を直接回しているわけではなく、二次減速機構であるギヤメカニズムが別に用意されている。

そのため、スクーターはベルトを使っていても、厳密にはベルトドライブ方式ではなく、「ギヤドライブ方式」といったほうがいいかもしれない。

バイクはやっぱりチェーンドライブ!

チェーンドライブとシャフトドライブ、さらにはベルトドライブなど、バイクのタイヤを駆動するのもさまざま。

それぞれ一長一短があり役割分担ができているといえる。

バイクの鼓動を楽しみたいならチェーンドライブが一番。

チェーンメンテナンスもバイクと会話をするまたとない機会となるだろう。

おすすめの記事