チョ・グク事件…韓国の事件なのに日本では連日報道されています。

3大新聞の一面にも掲載されるということは、メディアも煽っているのですが、日本人にも感心の高い証拠

どうして、韓国の事件がこんなに日本人に受けているのでしょうか

韓流ドラマが受けているのと同じ

日本のテレビのワイドショーのチョ・グク事件の盛り上がり方は異常なほどです。他国の閣僚の任命についてなんでこんなに関心があるのか…という人も少なくないでしょう。

その理由のひとつとして考えられるのが、チョ・グク氏が長身でハンサムだからというものです。

テレビでは宮根氏が

「これが森永卓郎なら誰も話題にしない」

と…いささか問題の多そうな関西乗りの茶化しをしていたのですがが、誰もがうなずいたことでしょう。


日本人になぜそれが受けるかと言えば、これが「実写版・韓流ドラマ」だからですよ。

あのドロドロした濃い人間模様はドラマの中だけでなかったのです。

それでは、韓流ドラマはなぜ日本人に受けるのでしょうか。

時代劇に似ているのは…

今回の事件は、江戸時代の時代劇みたいだからだと思う人もいると思います。

なぜ似ているのかといえば、徳川時代というのはそれまで仏教が主流だった日本を儒学に置き換えた李氏朝鮮のイミテーションだからなんです。(実際に江戸幕府では儒学が重んじられました)

似ているのは当たり前なんですね。

日本では、江戸時代以前には儒教はそれほど盛んではありませんでした。

ですから、階級ということに江戸時代以降ほどこだわりは少なかったのです。

もっとおおらかな社会だったのですね。

ところが、朝鮮からもたらされた朱子学の世界は、身分秩序を明確にせよと言う主張だったのです。

士農工商も儒学から来ているのは自明の理です。

また、儒教といえば宗教ですが日本でどちらかというと学問とか格式といった形で、「儒学・朱子学」として広まったのです。

朱子学を学んだ名君は、同和地区の人には一目でそうと分かる服装を着させてました。

そのため、明治維新を否定的に見て江戸時代を誉める人の中には韓国や北朝鮮のシンパが多いのです。

儒教の国・韓国

韓国にどうして親族がらみのスキャンダルが多いのでしょうか。

それは、韓国が儒教の国だからです。

儒教は清廉潔白を要求する思想などではまったくありません。

地位の高い人はそれに相応しい格式を整えることを求める思想です。

そのため、親族の面倒もしっかり見ることを求めるといった現代で考えるとダーティーな思想なのです。

ただし、韓流ドラマは衣装の華やかさなど、逆に日本の時代劇を真似たものですね。

李氏朝鮮ではカラフルな衣装はほとんどありませんでした。

韓流ドラマのあの色彩美のほとんどはまがいものなのです

史実では、李氏朝鮮時代の服装を見るとほとんど白ばかりですからね。

文大統領批判の高まり

日本でも報道されていますが、日本商品の不買運動よりも文大統領への批判も多いのです。

そこに来てこのチョ・グク事件ですから、これが決定的に叩かれると文政権の屋台骨をゆるがしかねません


朴槿恵大統領のようになるかもしれないのです。

毎回のごとく韓国の大統領というのは受難続き…なんてことにならなければいいのですが…。

ネットの声

「もし、検察が本物であるならば、パク氏の時と同様にならなければならない。疑惑が黒であるなら文君が司法に関与し働きかけているのははっきりする。」

「韓国国民も日韓対立よりもこっちのほうが好きそうだしね。日本の批判をするのは挨拶代わりみたいなもので本心では仲良くしたいはず。それよりもこの事件のほうが韓国民にとっては大事なんですよ。」

「焦点は文大統領がこの人を法相に任命するかどうかなんだよね。自分はパククネのようにはならないという、根拠のない自信がありそうなので、任命すると思います。」

今後にもっと注目が集まりそうです。

おすすめの記事