町内会や庭掃除など持ち家は何かと面倒…不要論も出てるよ

やっぱり持ち家は不要?

「庭掃除や町内会が面倒」
「人口減で不動産価格も下がると、永遠に買うタイミングがない」

持ち家は縛りが多い…

住居を選択する際、真っ先に賃貸を挙げる人は少なくありません。

その理由は何か…。

「持ち家だと、ライフステージに合わせた移動がしにくい。あと庭掃除や草むしり、町内会役員も面倒。それでいて売る時は安すぎるし。結局は賃貸の方が、家賃も安くて気楽」(50代男性/岡山県)

といった声が寄せられている。また東京都の50代女性は、

「日本は今後、人口が減少していく。そうすると今ある住居も余り、不動産価格も下がり続ける。となれば“永遠に買うタイミングがない”=“買う意味もない”」

と俯瞰した考えを明かします。

「空き家=荒廃」「貸す=家財の処分が面倒」持ち家は今の時代にマッチしない

新潟県に住む20代女性もその一人。

女性は「日本の家は新築から価値がどんどん下がる」といい、「災害で倒壊の可能性もある」といいます。

また自身が相続する頃には、リフォームか建て直しが現実的と感じており「費用がかさむ」と胸中を明かすのです。

それ以外にも、

「空家のまま放置しておくと荒廃するし、貸すとなったら家財も処分しなければならない。今の時代にはマッチしていないのでは」

と持ち家に対する持論を並べています。

東京都の30代女性は「何かあっても管理人さんが対応してくれる」という理由から賃貸を選ぶといいます。

管理人による修繕はもちろん、粗大ゴミの処分や室内の電球交換などを挙げ「些細なことですが本当に助かっています」といっています。

「特に高齢者になった時には、このように細々としたことをしてくれる管理人がいる賃貸の方が良いのでは?と感じています」

子どもに苦労をかけたくない「リバースモーゲージを検討中」

愛知県の60代女性は、30年前に現住のマンションを購入しているそう。

その理由については、「持ち家がステータスだったので」と語ります。

現在は2人の子どもが独立し、夫婦のみで暮らしています。

子どもたちは結婚しており、親元から離れた場所に住んでいる。

そうした状況から、

「いずれ子どもたちが、このマンションの維持管理に苦労するのかと思うと……。ただいま、リバースモーゲージを考え中です。自宅に住み続けながら、後々の処分は銀行がしてくれるとのことなので」

と売却も視野に入れているとのことです。

ほかには、

「持ち家だと災害が怖い。私たち夫婦はともに長男長女なので、将来的に家が余る。だから自宅マンションを手放した」(40代女性/大阪府)

「会社支給の家賃補助が最大2万4000円。そのため住宅ローンや固定資産税、火災保険料を払うのがもったいない。それに市営住宅に住むことで、家賃を抑えることも出来る」(30代男性/熊本県)

といった声も寄せられています。

おすすめの記事