特に、協調性や思いやりの部分でクローズアップされがちな日本人の国民性。

「日本人らしい」というと、どのようなことが思い浮かぶでしょうか。

列にきちんと並ぶ、NOと言えない、流行に敏感……など、いろいろなイメージがありますが…。

実は、お金の使い方にも国民性があるのですが、知っていましたか?

日本人のお金の使い方は、外国の方からどのように見られているのでしょうか。

今回は、あまり注目されない「お金の国民性」についてのご紹介です。

たくさん稼いであまり使わない

海外に出ると、「日本人はお金持ち」と言われることがよくあります。

しかし、観光地のお土産物屋さんなどでは、「日本人はあまりお金を使わない」と言われることも。

じっくり話を聞いてみると、「日本人はたくさんお金を稼いでいるのに、全然使わないよねー」とのことです。

たしかに、日本人は普段の生活で節約して、将来や目標のために貯金をしているという人は少なくありません。

欧州ではあまり貯蓄文化のない国も多く、そういう国の人から見たら、「日本人は稼いでいるのになぜ使わないの?」と不思議に映るのかもしれません。

食べ物は節約、服はブランド

一方、そんな風に言われる国でも、高級ブランド店が軒を連ねる通りに入ると、これまたたくさんの日本人に遭遇します。

そのため、同じ国でも人によっては「日本人は高級品好き、たくさんお金を使う」というイメージを持っている人も多いようです。

日本に在住し、ある程度日本人の生活をよく知る外国人からは、「普段の生活は節約しているのに、急にパーッと使うよね」という声も聞かれます。

日用品や食料品を買う際にはチラシを熟読し、複数のお店を使い分けて10円単位で節約するけど、旅行や自分へのご褒美はケチケチしたくない!という考え方に共感できる人も多いのではないでしょうか。

海外では逆に日用品のちょっとした価格の違いはあまり気に留めないけれど、大きな買い物の時にはとにかく値切る!交渉する!という人も多いです。

そのため、日本人の買い物スタイルには戸惑うことも多いのだとか。

学校で「お金の授業」がない

学校でお金やお金の使い方について習った記憶ってありますか。

実は、世界を見てみると、義務教育の教育課程でお金について学ぶ、という国は数多く存在しています。

お金についての考え方や使い方だけではなく、金融商品や投資について学ぶ学校もあるというのですから、日本人にとっては驚きかもしれません。

そういう国の人々にとっては、日本人が学校で「お金の授業」を受けていないということは驚きだと言います。

日本人は概して収入が多い人も多い割に、投資や運用に苦手意識がある人も少なくありません。

学校でそういった教育がされていないことも原因の一端と言えるのかもしれません。

お金の使い方にも「お国柄」が出る?

中国や香港のように歴史的に翻弄された国では投資・運用して「資産を育てる」という意識が高かったり、

オーストラリアやニュージーランドのように気候に恵まれた国ではお金周りでも細かいことに執着しなかったり、

あるいはイギリスやアメリカ・カナダのようにキリスト教的背景の濃い国では寄付文化が生活に根付いているなど、

お金の使い方にもその国の特徴があります。

日本人の貯蓄好き・節約好きも、災害が多い地域で普段から備えを欠かさずにきた特性かもしれません。

また、旅行やブランド物には糸目をつけない使い方も、いかにも「宵越しの金は持たない」といった江戸の風情を感じます。

文化やお国柄は、芸術や自然だけに出る物ではありません。

むしろ、人間の生活に深く根付いた「お金」という文化も、その国の特色をはっきりと映し出すものの一つと言えるかもしれませんね。

おすすめの記事