日本防衛省の執務室に「朝鮮半島地図」…河野氏、何を狙っているのか…by中央日報

河野太郎防衛相が、ツイッターに朝鮮半島の地図が壁にかかっている執務室の写真を公開しました。

日本が朝鮮半島を未来の戦場とみているのではないかとの解釈が出ている部分です。

日本の竹島領有権の主張などで両国間に微妙な雰囲気が感知されている状況で、韓国を刺激するためのものとも見ることができます。

※韓国紙である中央日報の記事の引用です。

電話会談の画像を公表

河野氏は今月19日、ツイッターにインドネシア国防長官と電話会談を行った事実を伝えながら、執務室で電話を受けている写真を1枚を掲載しました。

ところが日章旗や旭日旗などを背景に電話をしている河野氏の左側の壁に朝鮮半島地図がかかっているのが目に入るのです。

軍内外では該当の地図が韓国軍の軍隊符号を表記した単隊号地図の可能性が高いという声があります。

これは戦場状況を理解するために必須の地図です。

軍関係者は「写真だけみると単隊号地図かどうかを確言することはできない」とし「単隊号自体は対外秘や極秘のものではないが、単隊号が地図上に明示されれば部隊の位置や作戦露出の可能性があって極秘に分類される場合もある」と説明しています。

地図露出は意図されたもの?

軍内部では河野氏側の朝鮮半島地図露出が意図されたものだというのが評価が少なくありません。

朝鮮半島を戦場とみている情況をわざわざ公表したということです。

別の軍当局者は「日本防衛省と統合幕僚部に北朝鮮ミサイル現況把握のために朝鮮半島地図がかかっているのは新しい事実ではない」としています。

「ただし、議論になることを知りながらもこのようにカメラアングルを斜めに構えて地図を露出させたことは確かに珍しい」と話したのです。

外交的策略という声も

ここには、現在緊張感が漂う韓日関係が背景としてあるという分析もあります。

朝鮮半島に影響力を示唆するなど外交的策略の一種かもしれないということです。

日本政府は19日に発表した外交青書で

「竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土」と主張して物議をかもしました。

韓国政府関係者は「平和憲法を改正しようとする安倍晋三内閣の日本国内用メッセージと解釈できる余地もある」と話しています。

ネットの反応

「朝鮮半島・・・南北朝鮮は現在休戦中であって 戦時下であることに違いはない。そこに、戦場状況を理解するために地図があっても不思議ではない。特にここは防衛省の執務室である。いい加減、言いがかりはやめてもらいたいものだ。」

「そりゃ、北朝鮮から弾道ミサイルが飛んでくるのですから、敵国の地図があっても問題ないでしょう。敵国に接する西側同盟国の情勢も、もちろん大事ですよ。なので「朝鮮半島に注目してくれていてありがとう!」になるでしょう。」

「万一韓に攻めて来られた時、どこが弱点かを見極める必要が有る。同盟国ではないし、自衛隊機にレーダー照射する国への備えだよ。」

休戦中とはいえ戦時下であり小競り合いを繰り返している半島…ミサイルも飛んで来ますし、写真があっても何ら問題はないでしょう。

むしろ無いほうが日本人としては不安です。

おすすめの記事