街のバイク屋やディーラーよりも、ネット専業のバイク買取専門店のほうが高査定となりやすいのはもはや常識

それは、実店舗を持たないので、経費を最小限にすることができることが大きいでしょう。

ネット通販と同じ理屈

ネットのバイク買取専門店が校査定なのは、ネット通販がここまで伸びているのと同じ理屈です。

店舗があると、どうしても固定経費が発生します。

それがあるのとないのとでは、必要経費が全く違ってくるからです。

経営哲学として、如何に固定費を削減するかがコストカットに繋がります。

コストカットに特化しているのがネット専業と言えるでしょう。

そして、長年乗り慣れたバイクもいつかは手放さなくてはいけません。

車と違ってバイクは趣味の乗り物ですから、少しでも高く売りたいと思う人も多いでしょう。


もっとも、懇意にしているバイク屋といつまでもいい関係を持っておきたいのでしたら、同じバイク屋で下取りをしてもらうのが一番です。

懇意のバイク屋から、新しいバイクを手に入れるほうがより充実したバイクライフを送ることができます。

バイク買取専門店について

ここでは、バイク買取専門店について説明します。

個人売買以外では、バイクを売るには一番有効かつ高値で売れるのがバイク買取専門店です。

これはインターネットなどでもよくCMを出している業者です。

この買取専門業者はネットでの販売もしますし、バイクのネットオークションにもかけます。

全国的が規模でバイクの需要を徹底的にリサーチしますから、どのようなバイクでも、需要を掘り当てて買取金額を提示することができるのです。

バイクは車と同じようにm在庫期間が長ければ長いほどその価値は低下していきます。

ですから、短期間で売り切ることが大事です。

そのため、ネットのバイク買取店の場合、査定額を提示した時点で、すでに売却先の目処を立てている場合が多いのです。

査定額も他よりも高く設定できるというわけです。

次の売却先が決まっているから、在庫期間を考えなくてもいいというのが大きいのですね。

このようなことも考慮すると、売る側としても買取査定額に異論がなければすぐに取引終了となります。

いずれにしても、高く買取をしてもらいたいなら、ネットの買取り専門店のほうが良いのは間違いありません。


もっとも、最初の仮査定額から本査定はマイナス方式になりますから、その下げ幅をいかに最小に抑えるのかは、バイクの状態しだいということになります。

そこで、日々のメンテナンスやいかにバイクに手をかけてきたのかが問われるというわけです。

買取交渉がスムーズに進むと入金もスピーディです。

その日のうちに振り込んでもらえることもあります。

ですので、振込先等などもあらかじめ用意しておいたほうがいいでしょう。

バイクを高く売る方法

インターネットのバイクの買取専門店などの宣伝広告では、どんなバイクでも買取りますと書いてあります。

そのような買取専門店に実際に査定をしてもらったら、査定はゼロだったという話もよく聞きます。

この場合はどんなバイクでも買取ります…というのではなくて、どんなバイクでも引き取りますという意味合いが強いのです。

実際に長年ホコリをかぶっていたようなバイクでしたら、まずはエンジンがかかるのかどうかから確認をしなくてはいけません。

また、タイヤの耐久性はすでに切れているでしょう。

さらに、チェーンがしっかり回るのかなども確認をしなくてはいけませんから、そのようなバイクはやはり査定対象外ということになってしまうのです。

もっとも、それも一昔前の話で、最近は本当にどのようなバイクでも買取対象となっています。

これはどういうことかというと、動くのであれば多少の整備やメンテナンスを行って中古車市場に流します。

バイクオークション

最近はバイクオークションなどに出品することが多くなっているようです。

このオークションは個人は参加できない性質のもので、業者しか介在できないカーオークションと似たようなシステムと考えていいでしょう。

そのようなバイクオークションは、全国から入札があります。

そのため、ある程度のバイクでしたら必ず買い手がつきます。

もちろん、金額のからみがありますから、最初は数千円からのスタートとなるのが一般的です。

通常のバイク査定では、ゼロだったのが多少でもお金になるのですから、バイクオークションならではということが言えるでしょう。

また、動きはするのですがバイクオークションでも買い手がつかないという場合もあります。

そのようなときは、海外輸出という手があるのです。

日本のバイクは頑丈で壊れないというのは、外国でも有名です。

走りさえすれば良いと言う考えも多く、日本のバイクというだけで引く手あまたなのです。

ですので、海外まで販売ルートを持っているネットの買取り業者は、どんなバイクでも買取りますというのは本当の話というわけですね。

部品取りにも

それでは動かないバイクはどうなのでしょうか。

それでも買値が付く場合が多いです。

というのも、部品取りなどに使える可能性が高いからです。

むしろ、そういったバイクの部品を探しているという全国のユーザーも少なくありません。

部品代だけでもお金になるということが言えるのです。

こう考えてみると、どのようなバイクでも値段がつくのは間違いではありません。

ネットの声

「バイク買取業者は同時に数社呼ばないと足元みられるからね。」

「次のバイクを買うために、少しでも今乗ってるバイクは高く売りたいよね・・・。」

「確かにバイク買取業者は同時に呼んで競わさないとくっそ安く買い叩こうとする。
車よりも業界自体がダークなイメージ」

バイクオークションが有利というイメージですが、一般の人は利用できないのがネックかも…

おすすめの記事