長らく盲腸の手術では不要と言われて切除されてきた虫垂…。実は進化してきた器官で人体に役立っているんですよ。

虫垂(盲腸)は不要な臓器と言われてきた

虫垂はそれ自体生理機能がなく、退化した痕跡の臓器だと長く言われてきました。

そのため、盲腸の際に外科医は虫垂を切除するのに抵抗を感じることなく(躊躇なく)開腹した際に虫垂炎の予防のために異常のない虫垂を切除していました

しかし、最近の研究でこの虫垂の働きが意外なところでとても重要なことがわかってきたのです。

進化の世界において虫垂ほど科学者たちを悩ませてきた器官はないのだそうです。


進化論で有名なチャールズ・ダーウィンは、その昔、霊長類が木の上で生活していた頃、木の葉を食べて消化するために使われていた器官だと主張しています。そのため、不要になってから、ずいぶんと長い歴史を経てきたのですが、いまだに人体に虫垂として残り続けていると説かれてきたのです。

虫垂(盲腸)は必要な臓器だった!

このほど電子ジャーナルの「Comptes Rendus Palevol」に発表された論文があります。

それによれば、虫垂は進化に逆行するどころか、身体に必要なものとして進化を遂げてきた重要な器官だと説明されているのです。

虫垂なんて不要と盲腸の手術で切除してしまうと、かえって人体にダメージが及ぶとも指摘…。

同論文の発表のもととなる研究には、欧米各国および南アフリカの大学の研究者たちが参加しています。

世界各地で533種類の哺乳類を調べ、虫垂の働きを調査しました。

虫垂をもたない哺乳類も少なくはないのですが、1つの種のなかに虫垂を有する個体が出ると、種の繁栄に伴って虫垂が消えることは殆どないことが判明したのだそうです。

また、虫垂を有する哺乳類と虫垂をもたない哺乳類を比較しが調査結果もあります。

それによると、虫垂を有する哺乳動物のほうが、盲腸内にリンパ組織による高い免疫系が整っていることが明らかだったのだそうです。

虫垂のリンパ組織は、特定の良性バクテリアの成長を活性化させ、腸内細菌の培養に役立っていることが説明されています。

そうなると、免疫を高めるうえで、虫垂が重要な役割を果たしているというのであれば、これまで盲腸の手術などで切除してしまったらいけないのでしょうか?

虫垂を切除したことで通常の生活に支障をきたすことはないそうです。

しかし、今回の発表論文では、虫垂切除後に若干の免疫力低下は避けられないと警告されています。

病気の快復に、少しですが周囲より時間がかかるといった傾向も観察されているのだとか…。


こうなると、これまでの常識が覆り、虫垂の役割と盲腸の手術における扱いが、見直されることになりそうですね…。

いろいろな研究で明らかになったこと

抗菌薬で正常な腸内細菌叢が破壊され、かわりにクロストリジウムなどの毒性が高い細菌が増殖する偽膜性腸炎というのがあります。

虫垂を切除した患者さんには、この偽膜性腸炎の頻度が、切除していない患者さんに比べて高いという報告があります。

これによって、虫垂が善玉の腸内細菌の住処になっていて、虫垂は腸内細菌のバランスが崩れたとき、正常腸内細菌嚢に戻すリザーバーの役目をしていると考えられます。

大阪大学の研究チームは、マウスに虫垂切除を行うことによって大腸の腸内細菌叢のバランスが崩れることを明らかにしたのです。

また、虫垂切除を行った後に潰瘍性大腸炎が改善した患者さんの報告があります。

虫垂は潰瘍性大腸炎の元凶で、虫垂では悪玉の細菌が育つのだという相反する意見もあるのです。実際の臨床では虫垂切除と偽膜性腸炎は関係なかったという報告もあり、虫垂の善悪についてはいまだ決着はみていないことも付け加えておきます。

それにしても,最も基本的な外科手術である虫垂切除術は、これまでの医学の歴史のなかで膨大な数が行われていたはずです。その虫垂の役割が、ようやく今になって解明されはじめていることに医学の深さと驚きを感じますね。

おすすめの記事