すでにクラブハウス疲れも…「説教部屋」「DJ気取り」

「説教部屋」「DJ気取り」…日本上陸から2週間で「Clubhouse」疲れが続出の理由

1月下旬の日本上陸からわずか半月。

登録者数が50万人を突破したと言われる音声SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」が話題です。

口コミから始まり、今やテレビでも特集が組まれるなど社会現象化しているのですが、一方で、早くも“Clubhouse疲れ”が続出しているそう。

なぜ一般ユーザーがこぞって「ルーム」を乱立させるのか

音声版Twitter。Clubhouseを説明する際、よく使われる言葉です。

利用者は「ルーム」を立ち上げ、そこで誰かと会話するなどして「発信」する側になれる一方、他の人の「ルーム」に入って聴衆の一人にもなれる。

イメージしづらい人は「ラジオ」のようなものだと思ってもらえばいいでしょう。

誰でもいつでも「番組」を立ち上げて、「DJ」になれるのがClubhouseなのです。

実際のラジオ番組でも、リスナーが電話で出演するという演出がありますが、Clubhouseにはそれが簡単な機能として備わっています。

リスナーが「挙手」ボタンを押し、ルームオーナーが承認すれば、会話に参加することも可能です。

自ら「番組」を制作し、世に発信するという点では、YouTubeにも似ています。

しかし、大きな違いが2点。

一つは、Clubhouseは声だけ聴かせればいいので、YouTubeのように絵作りの必要もなく、簡単に立ち上げられるのです。

もう一つは、発信する側に金銭的メリットがない点です。

将来的には“投げ銭”機能がつくのではないかと言われていますが、現状では発信側に広告収入などは一切入ってきません。

この後者に挙げたポイントが、Clubhouseを分析する上で重要になります。

今、アプリを立ち上げると、24時間、数え切れないほどのルームが立ち上がっていますが、周回していると、一つの大きな疑問がもたげてくるのです。

この人たちは、いったい何の目的で貴重な時間を割いて、発信しているのだろうかというナゾです。

宮沢賢治の一人朗読会

ある20代出版社社員が語ります。

「興味があって、友達から紹介してもらって3日くらいやってみたんですが、つまらない話を聴かされ続けて疲れちゃって……。嫌な気持ちになってやめました」

彼が最初に訪れたのは、同僚の漫画編集者が立ち上げていたルームだそう。

「他社の編集者たちと、アプリ業者など4、5人を招いて、ゲームの開発のウラ側の話を聞く勉強会のような場でした。実際、聴いていて、へーって思える話もありました。でも、ふと思ったのは、なんでこの人たちは誰からも頼まれてもいないのに、時間を割いてこのようなことをやっているのだろうという素朴な疑問でした。勉強会をしたいならば、このメンバーだけで居酒屋や会社の会議室でやればいいだけのことですよね」

さらに、別の漫画編集者のルームを覗くと、衝撃的な声が聞こえてきたというのです。

「寝るまで宮沢賢治を朗読すると言って、深夜2時に『銀河鉄道の夜』を一人で読み上げているのです。ここまでくると、もはや意味がわからない。自分の周囲には、こんなにも自己顕示欲でまみれた人たちばかりいるんだというイヤな気分になって、もう聴くのをやめました」

人間には“セミナー講師になりたい欲求”がある?

もう一人、同じような理由で“Clubhouse疲れ”を経験したのは、40代の会社員。

彼はカードゲームの愛好家なのですが、そのコミュニティがやっているルームを覗いてみると、“吊るし上げ”さながらの場となっていたというのです。

「この世界の権威と言われている人と、それを持ち上げる太鼓持ちみたいな人たちが、どのようにして技術を磨いてきたかなどについて語り合っていました。それも何だか嫌味ったらしい話が多かったんですが、やがて“どうやったらうまくなるんですか”といったリスナーの質問に答える場面になると、“そんなんじゃいつまでたっても上達しないよ!”と、よってたかって責め立てる説教部屋と化していきました。いつしかゲームの話から人生論にまで踏み込んでいってしまい…」

彼はClubhouseを聴いていて、人間のとある欲求に気づいたそうです。

「大学教師とかセミナー講師になりたい欲求ですね。ある種の承認欲求から派生したものなのかもしれません。いろいろなルームを覗いてみましたが、なんだかなぁと思えてきて、もう聴くのをやめました」

以上の例は、Clubhouseを否定的に捉えてしまった人たちの話です。

一方で、普通に生活していたら会話できないような職種・立場の人たちと交流できて楽しいという声ももちろんあります。

事実、芸能人が一度配信を開始すると、瞬く間に上限の5000人が集まるほどの活況だというのです。

泥酔しながらリスナーに占いを始めた箕輪厚介氏

“カリスマ編集者”として有名な箕輪厚介氏のルーム。

聞こえてきたのは、意味不明な歌を口ずさむ箕輪氏の声でした。

おそらく、いや間違いなく、箕輪氏は泥酔していたのでしょう。

やがて箕輪氏は「占いをしよう」と言い出し、挙手したリスナーを招き始めたのです。

「あなたは今年30億円の負債を負います」。

べろんべろんな口調でそう言ってまもなく、突如睡魔に襲われたのか、「じゃあねぇ~」と配信は終わってしまったのです。

聴衆は280人も集まっていました…。

箕輪氏の場合、運営するオンラインサロンの会員に対するサービスの一環として、Clubhouseは利用価値があるのかもしれません。

もっとも、こんな調子だと逆効果にもなりかねないのですが…。

有名起業家や投資家7、8人が座談会をやっているルームでは。

DMM.com会長の亀山敬司氏やメルカリ、DeNAの役員らが“成功体験”を明かし合っています。

「70億円くらいの投資だと……」と語り出す亀山氏。

ビジネスマンたちの興味を引くのか、1000人くらい集まり盛況でした。

しかし、ここでもやはり疑問に思ったのは、彼らがなぜ「問わず語り」をしているかという点です。

同じルームで聴いていたビジネスマンはこう分析します。

「さすがに彼らも商売人だから、自慢だけがしたかったわけではないと思いますよ。自社宣伝をしてイメージアップさせ、リクルート活動に役立てたいなどの意図もあるんじゃないでしょうか。ただ、ちょっと成金たちの自慢大会に聞こえなくもなかったですがね」

ほかにも「量子力学について語るというので行ってみたら、スピリチュアル系のルームだった」、「有名企業の新入社員が“就職相談に乗ります”と粋がっていた」などなど、早くも“事故報告”が飛び交っているClubhouse。

流行り廃りを乗り越え、新たなSNSとして定着するのでしょうか。

ネットの声

「今のところiOS限定や招待制ということで付加価値付けて、ユーザーの優越感やせん民意識を誇示して承認欲求を満たす為だけのツールという価値しかない。外国の秘密結社のSNS版というイメージなんだろうけど、発信者総キンコン西野化の悪寒しかしねーわ。ま、パパ活や高スペック限定乱倫パーティーや犯罪グループのメンバー集めなんかの温床になるだけだろうなって感じ。」

「著名人の方々がハマるのは、持ち上げられたりして気分いいからとかもあるのかな?これ、使い方によっては、恐ろしいツールにもなりかねないですよね。イジメじゃないけど、ターゲットの人物決めて、集団で持ち上げてその気にさせておいて、突然一気に陥れるとかも出来ますよね。考え過ぎかな。」

「使ってみました。最初は情報収集になると思いましたが、だんだん変わった人も増え、今まで発信してなかった?ようなレアな人もだんだん疲れてきたのかあまりルームを開かなくなり、今は興味があるルームが減りました。まあ活用したい人は使えばいいし、使いたくない人は無理に使わなくてもいいかと。人と会える機会が少なくなって情報交換がしづらくなったりしている今は活用用途はあるし、ZOOMのように顔を出さなくてもいいから身なりや背景気にする必要もなく参加する立場としては気が楽かな。」

自分にとって有益かどうか。聴くだけならラジオがいいでしょうし。自分から発信するのであれば発信力やトーク力が必要ですね。



おすすめの記事