ミニコンポの時代…みんなレベッカを聞いていた!

若者が共感したレベッカの歌唱スタイル 服装でも“女子の微妙な思い”を表現

住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に刺激を受けたアーティストの話。

活躍する同世代の女性と一緒に、“80年代”を振り返ってみましょう。

“フレンズ”で全国区に

アマチュアバンドのメンバーが集い、82年に結成されたレベッカは、メンバーの入れ替えを繰り返し、84年に『ウェラム・ボートクラブ』でデビュー。

3枚目のシングル『ラブ イズ Cash』で初めてオリコンにチャートインすると知名度が高まります。

中山秀征、湯江健幸(現・タケユキ)主演のドラマ『ハーフポテトな俺たち』(85 年・日本テレビ系)のエンディング曲となった『フレンズ』で、全国区の人気となりました。

「男性メンバーの前に立ち、女性ボーカルが歌い上げるバンドスタイルをポピュラーにしたのは、レベッカの功績といえるでしょう。独特の声が魅力のNOKKOさんの存在は、とりわけ異彩を放っていました。声を絞り出すように、少し屈んだ状態から全身を使って歌いだす姿が印象的です」

そう話すのは世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。

女子の微妙な思いを伝える

『フレンズ』は、NOKKOが中学時代のボーイフレンドをイメージして作られたといわれています。

「レベッカの曲は壮大なテーマというより、思春期の少女の等身大の気持ちを表現した歌が多く、当時の中学・高校・大学生にとって、自らの体験に落とし込みやすかったのだと思います」

歌唱スタイル、曲調ばかりでなく、ファッションにおいても、当時、世界的にヒットしていたマドンナやシンディ・ローパーをほうふつさせました。

「振りかざす細い腕や大ぶりながら繊細に揺れるアクセサリーも、レベッカの曲の世界観にある“女子の微妙な思い”を伝えました」

コンポのCMに出演

その勢いは止まらず『RASPBERRY DREAM』(86年)、『LONELY BUTTERFLY』(86年)、『MOON』(88年)とヒットを連発。

バンドブームの牽引役となったのです。

さらには『てっぺん、リバティ』『でじたるざんまい』といったキャッチコピーが記憶に残る、SONYのオーディオコンポ『Liberty』のCM出演も果たしています。

「中森明菜さんと、日本レコード大賞を受賞した『DESIRE』(86年)をパイオニアがCMソングに起用したように、当時は一流オーディオメーカーのCMに出ることが、ミュージシャンのステータスともされていました。レベッカが起用されたのも、’80年代、彼女たちが日本のミュージック・シーンに名を残す存在だったからこそです」

レベッカは91年に惜しまれながら一旦解散したが、2015年より活動を再開している。

ネットの声

「初めてレベッカⅣを聞いたのは、親戚の家のミニコンポ、しかもCD。当時は音のキレイさとレベッカの楽曲の良さに驚愕した記憶があります。ただ、当時のCDって今聞くと音が軽いんですよね。当時は微塵も感じなかった。」

「NOKKOは、意外にも人見知りでおとなしいタイプの子だったらしいね。たしかバレエを習っていたのかな。だから歌唱だけでなく身体表現も素晴らしい。」

「てっぺんリバティーのLITTLE ROCKのライブ映像見ましたが本当にどこから出ているのか不思議な唯一無二のパワフルボイスです。」



おすすめの記事