コーナーポール…別名「へたくそ棒」でも便利だったよ

「へたくそ棒」なんて揶揄され「消え気味」のコーナーポール! いま装着車に乗ってみたらメチャクチャ便利だった

昭和のカー用品というのは色々とあるが、その代表格がコーナーポールでしょう。

正確には今でもあるので、昭和に流行ったというか、けっこう付けていたアイテムというのが正しいかもしれません。

基本的に運転席から見えにくい左前方に装着される

コーナーポールというのはなにか。

説明しておくと、その名のとおり、フロントパンパーの角に付けるポールで、運転席からも先端が見えるので狭い路地での右折や切り返しなどでどこまで行けるかの目安になるというもの。

つまり、当るか当たらないか、寄せられる限界が一目瞭然なわけです。

付ける位置は右ハンドルなら当然、左角ですが、右に付けていたり、両角に付けているクルマを見たこともあったりと、意外とバラバラだったりするのです。

ただ、当時から運転に自信がないドライバー向けという認識はあって、腕に自信があるならプライド的にも付けないものでもあったし、ひどい言い方ですが「ヘタクソ棒」なんて呼ぶ人もいたりしました。

機能的にはなかなか凝ったもので、夜間でもわかりやすいように、先端が光ったり(もちろんLEDでなく電球)、電動で伸縮するタイプもありました。

電子化だとうるさいけど…

今でもディーラーオプションで売られているとはいえ、実際のところ、付けているのを見るのはセダンがほとんど。

運転しているのは年配のかたが多いのです。

やはり昭和のノスタルジーアイテムなのか、と思っていたところ、レンタカーを借りた際に付いていてビックリ、そしてなぜかワクワク。

何十年も前に、付いたクルマに乗ったことがあるかもしれませんが、あったとしても運転したことはないので、実質初体験です。

見た目は確かに少々気恥ずかしい気もしますが、レンタカーなのでとくに気にせず走ってみたところ、改めて思ったのが「めちゃくちゃ便利」ということ。

今ではなんでも電子化で、角もソナーで障害物の接近を教えてくれますが、ご存じのようにマージンを取り過ぎで、もっと寄せたい時でも、まだ余裕があるのにピーピーとうるさいこともあります。

コーナーポールであればそんなことはありません。

先端を目印にして壁などにどんどんと寄せられます。

狭い路地や駐車場で威力を確実に発揮してくれ、アナログバンザイです。

もし自分のクルマならば、セッティングを出してやれば、もっと攻め込めるでしょう。

まぁ、セッティングと言っても、貼り付ける場所をホントの先端にするだけですが…。

似合うかどうか…

効果はかなりあるものの、問題は付けて似合うクルマが非常に少なくなっているということ。

塊感や躍動感を強調する今どきのデザインとは超絶マッチしないことは確実で、こだわり抜いたデザインと角におっ立ったコーナーポールが似合わないのは見なくてもわかるほど。

やはりセダンが一番似合う装備でしょう。

メルセデス・ベンツにも純正で用意されていて、こちらも似合うのは確かです。

似合う、似合わないは別にして、これからの高齢化社会でまた脚光を浴びる日が来るかもしれません。

ネットの声

「以前は伸縮してバンパーに収納されるコーナーポールがあったけれどアレなら普段は目立たなくて良い。丸くて見切りの悪い車も増えたし、感覚が鈍っている高齢ドライバーも増えたのだから今こそ有意義なオプションだと思う。」

「これがあると確かにわかりやすくいいですよね、ぶつける位なら設置した方が無難だと思う。
実はこれ高圧ガスローリーの高さ検知棒としても使われたりします。他にも活用法があるのかもしれませんね。」

「ハイソカーと呼ばれる車は電動の伸縮式でしたよね。
下手くそじゃなくても先が光るタイプの物をドレスアップアイテムとしてつける人も多かったですね。」



おすすめの記事