コロナ禍で「ETCゲート」のみになる可能性も! 

クレジットカードが「作れない」人は高速に乗れなくなるのでしょうか。

新型コロナウイルスの抑え込みにはまだまだ時間がかかりそうです。

すでにウィズコロナといって、コロナウイルスとの共存を前提とした社会デザインを考えるべきという見方も少なくありません。

有人料金所の廃止の声も

そうした流れにあって、高速道路においては人と人の接触を回避するため有人料金所を廃止して、ETCに完全統一する方向で検討しているという話も伝わってきています。

たしかに、NEXCO東日本の発表によると直近2020年5月のETC利用率は91.5%となっています。

これだけ普及しているのであれば、1割弱のユーザーのために有人料金所を維持しておくというのはコスト負担(当然、ETCユーザーの負担でもあります)の面からも考え直す時期といえるでしょう。

とはいえ、ETCを利用するにはETC車載器に差し込むためのETCカードが必要。

ETCカードというのはクレジットカードに付帯するものです。

そのため「クレカを持っていない、クレカが作れない人は高速道路を使うな、というのか!」という声があるのも事実なのです。

「ETCパーソナルカード」があれば作れる!

ETCを利用するには絶対にクレジットカードが必要かといえば、そうではありません。

そうしたユーザーでもETCが利用できるように『ETCパーソナルカード』というものが用意されています。

これは、東/中/西のNEXCOに加え、首都高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路の6社が共同して発行するETCカードで。

銀行口座にひも付けして、月に一回利用料金を引き落とすというETC単機能のカードです。

平均利用月額の4倍を目安にデポジット(保証金)を収める必要があり、その最低額は2万円となっています。

そのため、最初に作るときのハードルの高さはあるのは否めません。

しかし、なんらかの事情でクレジットカードがつくれない人でもETCが利用できるような仕組みは存在しているのです。

初期コストも

もちろん、ETCを利用するにはカードだけではダメで、ETC車載器も必要になります。

車載器の購入・取り付け工賃、そして車両情報を暗号化して読み込ませるセットアップと呼ばれる作業が必要になります。

ユーザーからすると安くはない負担となるのです。

これまで「通行料を払うための機械のコストをユーザーが負担するのはおかしい」という声もあり、それが有人料金所を残す理由となっていました。

ウィズコロナを錦の御旗にして、完全ETC化を進めていると感じる部分もあります。

しかし、人の接触を減らすというトレンドが進む限り、ETC化に反対する人は少数派になっていきそうなムードといえるのではないでしょうか。

クレジットカードがつくれなくてもETCは利用できるよう「ETCパーソナルカード」というものが存在しています。

ただしカードの作成時に最低2万円のデポジットが必要。

なおかつETC車載器も装着しなくてはいけません。

これからETCを利用しようというのであれば、万単位の初期コストがかかる可能性があります。

もっとも、ETCの利用率は90%超えで、激安中古車でもETC車載器をつけています。

レンタカーなどもETC車載器は当たり前のように装備しています。

その意味ではカードさえ作ってしまえば、ETCを利用するハードルは意外に高くないともいえそうです。

ネットの声

「最近の一般ゲートはすでに無人の機械になってきてますよ。自販機みたいに現金を投入できるようになってます。もちろんETCカードでも払えます(割引は効かないかも)。まだ有人のとこがあるのかもしれませんが、接触を無くすためETCゲートのみになるという話には疑問符です。」

「「コスト負担の面からも考え直す時期…」ETCゲートのみになって高速料金が安くなるならありがたいね。しかし残念ながら高速料金は上がり続けている。消費者物価指数を考慮し物価変動を反映しても上がり続けている。いったい誰のためのコスト削減なんだか。
ETC専用自体は反対ではないが税金が多く投入されている設備を使用するのに特定の業界や利権を潤す仕組みには反対だ。」

「ETC 専用にしなくても無人自動精算機を併設すればいいだけのことでしょう。クレジットカードをむやみに使いたくない人は大勢いるし、ETC カードを忘れたら高速に乗れないリスクは大きいと思う。他人と乗車していた場合、一旦は車の所有者が常に金を払うことになるのも不便でしょう。」

ETCゲートのみに統一したいのでしょうね。利用者の利益がほとんどないところに問題があって、そこに不満が集中しているような気がします。

おすすめの記事