藤浪晋太郎投手(25才)ら阪神の選手3人が、新型コロナウイルスに感染していたことが発覚したプロ野球界。

当初は、「味やにおいが感じられない」という初期症状を早々に球団に申し出た藤浪投手の「勇気ある行動」に称賛の声が相次いでいました。

称賛から批判へ

大リーグのダルビッシュ有投手(33才)もツイッターで《嗅覚がおかしいってだけで名乗り出た藤浪選手はすごいと思う》と絶賛。

しかし、感染の経緯が明らかになるにつれ、称賛は批判に変わっていきました。

「3月14日の夜、藤浪投手を含む阪神の選手7人は女性5人と一緒に、タニマチ的存在の知人宅で開かれた合コンに参加。彼ら以外にも複数人が出入りし、会には13人以上いたようです。会場がタワーマンションの最上階で、藤浪投手以外のグループも呼ばれていたので、何人いたかは本人たちもきちんと把握できていないようです。食事はバイキング形式で、参加者はソファなどで密着。そして、藤浪投手ら選手3人のほか、女性3人が感染してしまったのです」(スポーツ紙記者)

外出規制が緩い阪神球団

元プロ野球選手の金村義明氏は30日に出演したラジオ番組『上泉雄一のええなぁ!』(MBSラジオ)に出演。

その席で、スポンサーの自宅で行った同会には女性が約20人いた、という話を聞いたと明かしました。

阪神は3月14日、15日の両日、大阪ドームでオリックスとのオープン戦を行っていましたが、新型コロナ拡散防止のために無観客試合にしていたのです。

「巨人をはじめ多くの球団は2月下旬から外出禁止令を出していました。ところが阪神は自主性を重んじると言って“不要不急の外出は自粛”にとどめ、外食は許可。今回の感染で、阪神の球団としての危機管理の甘さが露呈した格好ですね。なにしろ阪神の若手選手は、寮を出ると“糸の切れた凧”状態。“遊んでナンボ”という感じですから」(前出・スポーツ紙記者)

藤浪投手は24日に嗅覚の異常を申し出て病院で受診。

25日に耳鼻科でPCR検査を勧められ、26日に受けたのです。

「20日から阪神2軍と練習試合3連戦を行っていた中日は、選手に感染者が出ないか戦々恐々としています。プロ野球は4月24日開幕を目指すとしていますが、内部に感染者が出たことで、暗雲が立ち込めている」(前出・スポーツ紙記者)

たがの外れた若者たち

球界を挙げての感染拡大阻止の取り組みが、若手選手らの無自覚な行動によって水泡に帰すかもしれません。

一般社会に目を向けても、意識の低い若者の行動が目に余る。都内の大学生(20才)が話します。

「大学側は外出自粛を呼びかけているけど、みんなで飲みに行くのは普通ですよ。春休みなのに何もしないなんてもったいない。“いまなら空いてる”と言って、流行のレストランを借り切って卒業パーティーをする先輩たちもたくさんいます」

京都産業大学では、大学の海外旅行自粛を無視してヨーロッパに卒業旅行に出かけた学生が、帰国後、新型コロナの症状が出ているにもかかわらず卒業祝賀会に出席。

のちに出席した複数名の感染が発覚。

大問題になりました。

また、早稲田大学ではお膝元のJR高田馬場駅周辺で学生と思しき若者たちが大騒ぎする姿がメディアで報じられ、大学総長が《騒ぎに参加した学生には猛省を促したい。在学生には早大生として、自覚ある行動を改めて求める》という異例のコメントを発表する事態になっています。

亀谷診療所院長の亀谷学さんは指摘します。

「新型コロナ感染者のうち2割が重症化しますが、8割は軽症か無症状。特に若い人は無症状の場合が多く、自分が感染しているにもかかわらず遊びに出かけて、知らず知らずの間にウイルスをばらまいているケースも少なくありません」

マサチューセッツ内科外科学会が発行する医学雑誌(2月19日付)では、無症状患者の鼻とのどに存在するウイルス量が症状のある患者と同レベルであったことを明らかにしています。

若者の多くは自分自身が感染しても命の危険はないと甘く身勝手な思いなのでしょうが、自分が知らぬうちに「殺人者」になってしまう可能性を強く自覚すべきでしょう。

ネットの反応

「合コンと言えば響きが違うと思うけど、参加者には危ない業種の方々が多くいたと思う。」

「連盟は阪神に対して事実を調査させ報告させるべきです。
青少年ファンも多いプロ野球でこんなことあって良いのですか。
事と次第によっては阪神を除名したほうが良い。」

「他球団ファンだが、阪神さんこれ以上は問題を起こさないでほしい。贔屓の球団を含めて、プロ野球選手は行動を慎んでもらいたい。私たちプロ野球ファンは野球に飢えてるし、一刻も早く通常開催に戻ってほしい。一介のファンは何も力添えできないし歯痒いばかりなんだよ。」

イップスで苦しんでいた藤浪選手…今シーズンの復活が期待されていたのですが…これはいけないかもしれませんね。

おすすめの記事