噂の2気筒 原付二種・レオンアート「ヘリテイジ125」と「パイルダー125」現車を確認!

7月上旬に日本への導入が発表されて話題沸騰となったスペインのメーカー・レオンアート。

水冷2気筒エンジンを搭載し、全長は2.3mを超える車種もあるという堂々たる車格が特徴です。

原付二種なのに実測ホイールベースは約1670mm、サウンドはビッグツイン並み

まずは映像でエンジン音をご確認

ヘリテイジ125は125ccの排気量ですが、空冷ツインを搭載した旧レブル250のようなサウンドと言ってよいでしょう。

どこか牧歌的でホッとするような雰囲気があります。

ところがパイルダー125は、ノーマルマフラーでありながら太くハスキーな排気音になっています。

不思議とうるさくはないものの、音質はレース管を装着したビッグツインのようです。

排気量でたとえるなら、800cc~1000ccくらいの雰囲気があるのです。

これで原付二種のピンクナンバーが取り付けられているのだから思わず笑みがこぼれてしまいます。

とはいっても、このピンクナンバーさえ目に入らなかったら、これらのバイクを125ccだとすぐに看破する人は少ないじゃず。

なにせ車格が驚くほど立派。

ヘリテイジとパイルダーの諸元

2台の諸元は以下です。

【LEONART MOTORCYCLES HERITAGE 125】主要諸元

  • 全長2200 全幅840 全高1100 軸距未発表 シート高785(各mm) 車重150kg
  • 水冷4ストローク並列2気筒SOHC2バルブ 124.6cc 12.2ps/9500rpm 0.85kg-m/7500rpm 変速機5段 燃料タンク容量未発表
  • タイヤサイズF=100/90-18 R=140/90-15
  • 税込価格:41万8000円
  • 色:黒、銀
  • 発売:2020年7月

【LEONART MOTORCYCLES PILDER 125】主要諸元

  • 全長2390 全幅800 全高1125 軸距未発表 シート高700(各mm) 車重180kg
  • 水冷4ストローク並列2気筒SOHC2バルブ 125cc 出力未発表 変速機6段 燃料タンク容量未発表
  • タイヤサイズF=100/90-19 R=190/50-17
  • 税込価格:59万4000円
  • 色:黒、白、黄
  • 発売:2020年7月

HERITAGE 125/PILDER 125 の取りまわし感とライディングポジション

まずヘリテイジ125から。

見た目には400cc~750cc前後のロードスターといった出で立ちです。

よく見るとフィニッシュの甘さなどもあるものの、前後キャストホイールにリザーバータンク付きリヤショックなど装備も立派。

スペックシートにホイールベース(軸距)が記載されてなかったので実測してみたところ、約1520mmありました。

この車格と装備で税抜き38万円(税込41万8000円)。

パイルダー125は、ホイールベースが実測で約1670mmにもなる堂々の車格。

全長は2390mmもあり、スタイリングの似たハーレーダビッドソン・ブレイクアウト(1868cc/軸距1695mm)にも数値的には引けをとりません。

リヤタイヤはスズキのハヤブサと同じサイズの190/50R17を履いていることもあって、目の前に置いてあって1200ccと言われたら信じてしまいそう。

ダブルディスクのフロントブレーキに倒立フォーク、片持ちスイングアームなど、装備も税込み59万4000円とは思えません。

コロナ禍の中、原付二種の販売台数が伸びている現在です。

実用性だけでなくちょっとした遊び心を求めたいライダーも少なくないでしょう。

入手しやすい価格帯も含め、面白い選択肢が増えました。

今後、この2台は要注目です。

ネットの声

「面白そうだし実物見てみたいね。2気筒125ccも今は国内メーカーは全滅しているし。なんにせよ二輪が盛り上がって欲しいわ。」

「パイルダーの形はかなりグッとくるものあるが、125で180kgはちょっと目を疑った。250の立派なモデルや400級の重量。あとライポジがしっくりこないような…」

「125のクルーザーが欲しかったのでピッタリ。値段も悪くない。気になるのは性能に直結する品質。所有しないとわからない。」

車重に対して非力なパワーが気になるところ…原付2種ということをお忘れなく。

それでも、にわかのバイクブームで業界も活況を呈してますね。

おすすめの記事