新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、7都府県で始まった緊急事態宣言が全国へと広がりました。

すでに外出自粛などで生活は一変していますが、さらに制限が増えることになったのです。

生活が変わればお金の使い方も平時とは全く異なります。

家計については、予期せぬ赤字を出さないようコントロールする必要があるしょう。

3密への対応

エンターテインメントや旅行、会合などが真っ先に自粛の対象となりました。

そのため、レジャー費や交際費、それに伴う交通費が大きく減ったと実感する家庭は多いでしょう。

また、交際だけでなく一人や家族での外食も控えることになります。

外出のための金額が比較的大きいので、支出の面だけで見ると、家計がラクになったと感じる人もいるかもしれません。

外出が減ると、身だしなみやオシャレにかける費用も少なくなります。

本来は季節の変わり目で、春夏物の洋服や靴を新調する時期です。

しかし、当面は必要ないと感じる人も多いでしょう。

散髪や美容院、エステ関連に通う頻度が減ったり、そもそも控える人も多くなります。

女性にとっては、メイクの機会も減るので化粧品代も節約できるということですね。

増える支出も

その一方で、増える支出もあります。

大人はテレワーク、子どもは休校と家族全員が家で過ごすとなると、家庭内の支出はどうしても増えてきます。

まずは食費でしょう。

3食を自炊するとしても、これまで支払っていた外食費や給食代と相殺すれば賄えそうにも思えます。

しかし、現実は多くの家庭が食品の備蓄を増やしていて、本来必要な量よりもはるかに多くの買い物をしているのが現状なのです。

また、食事作りを担う主婦・主夫にとっては、家族全員分を3食支度しなければならないストレスは大きいものがあります。

どうしても割高な加工食品や冷凍食品を買ったり、出前やテイクアウトを活用するといった支出も増えてくるのです。

こうなると、外食費のマイナスをはるかに上回る食費増となる家庭があってもおかしくありません。

過剰な備蓄を控えたり、食事作りを分担して負担を軽減するなどを行う必要があるのは言うまでもありません。

食費の増えすぎを抑えるのはどの家庭においてもとても大切なことです。

そして、光熱費です。

家にいる時間が増えると、光熱費も増えます。

平日の日中もそれぞれの家族がパソコンやテレビ、ゲーム、冷暖房を使っていると電気代は上昇します。

自炊が増えることでもガスや電気代は確実に増えます。

家もすぐホコリがたまるので掃除機をかける頻度も上がるでしょう。

日用品でも消費が増えがちなのは間違いありません。

トイレットペーパーやティッシュ、ハンドソープなどの減りが早くなったと感じる人は少なくないはすです。

在宅勤務でも…

テレワークに切り替えている人は、仕事の関連費用に注意が必要。

自宅に仕事に適した机と椅子がないのに長時間仕事をしていると、腰を痛めたりして効率が落ちることもあります。

これを機に新調する人もいるようです。

中には私物のパソコンや関連機器を使っている場合もあるでしょう。

スペックが不十分で買い替えを余儀なくされることもあります。

電話代やコピー用紙、印刷にかかるインクも自分で負担している人がいるようですが、これに限ってもチリも積もれば大きな出費になるのです。

業務に必要な出費をした場合は領収書や明細を保管し、勤務先に負担してもらうよう交渉するのが得策です。

さらに、自粛ストレスを解消したり、巣ごもり生活を充実させるための出費も必要になります。

新たに動画配信サービスに契約したり、本を買ったり、子どもにゲームやおもちゃ、教材を買い与える家もあるでしょう。

なるべく費用対効果の高そうなものを選んだり、企業が一時的に無料開放しているサービスを利用するなどしたいものです。

それぞれの出費の増減は、ライフスタイルや家族構成によって大きく異なります。

収支が改善するか悪化するかは一概に断じることはできません。

いずれにしても、“コロナ前”とは生活が一変するので、まずは足元の出費をリスト化するなどして見える化することが大切です。

そして、どのように変化しているかを把握するようにしましょう。

ネットの反応

「スクにアルコール消毒。普段の倍ほどの価格でも購入したマスク。品薄感からトイレットペーパーなどの紙類、米、レトルト、パスタ、冷凍食品、ラーメン。保存がきくパン。緊急事態宣言前はちょこちょこ買い物に行っていて、ひとつひとつは安いものでも、なかなかの出費。終息後V時回復させるために、ライブや行楽に費用を費やすように政府は考えているようだが、いまのお金も補償しないのにバカげてる。そんな余力が残っている国民がどのぐらいいるのか、、」


やっぱり、食費がかかってる。子ども在宅3食!となると炊飯一日2回!古い炊飯器だから壊れそう。。万が一、現金支給されることがあるならば、1升炊きを新調したい!!次は電気代かな。照明、テレビ、エアコン、空気清浄機…1日家電がフル稼働。」

「外食費や行楽費が減ってるはずなのに、何でかお金が掛かってます。買い物に行く回数を減らす為に、おうちコープの割合が増えているから塵も積もればでいつもより食費にお金がかかってる。この時期はエアコン使わなくなって光熱費が安くなってくる時期なのに、ずっと家にいるから光熱費もかかってる印象。これから自動車税や固定資産税の支払いもあるし、コロナでどうなっていくかも分からないから、ある程度貯金崩してすぐ使えるようにしておかないと、生活していくだけで不安。どうにかしてほしい。」

増える出費があれば減る出費もあるはずで、実質的に収入が減っているのであれば、家計をやりくりしなければいけないのですが、やはり出費を抑えることはできないようです。

おすすめの記事